FX初心者の方

純金積立(ゴールド)とは?メリット・デメリットや他の投資方法と比較


純金積立とは?


純金積立は、毎月一定額の金を購入し自動で積立を行います。毎月コツコツと金を購入し、長期的な運用を前提とした投資方法です。約1,000円という少額から始められ、初心者の方でも手軽に始められます。

また資金に余裕がある時は追加で金を購入できる「スポット購入」も行えるので、自分の好きなタイミングで取引を行うことも可能です。自分に合ったペースで、毎月コツコツと運用を考えている方に向いている投資方法といえます。


純金積立のメリット


純金積立のメリットは、以下の通りです。

  • 価格変動リスクを抑えられる
  • 少額から取引を始められる
  • スポット購入ができる
  • 現物を保有しないので管理コストを抑えられる
  • 金地金や金貨でも受け取れる

それぞれ詳しく紹介します。


価格変動リスクを抑えられる


純金積み立ては「ドルコスト平均法」を用いて、毎月一定額の金を購入します。金の価格が高い日は少なめに購入し、逆に安い日は多めに金を購入します。ドルコスト平均法を用いて金の購入額を平均化することで、価格変動リスクを抑え長期的な資産運用が可能です。


少額から取引を始められる


純金積立は約1,000円という少額から取引を始められます。2,000円や3,000円など1,000円刻みで金を購入でき、自分の予算に応じた取引が可能です。金投資と聞くとお金がかかるイメージをお持ちの方も多いと思いますが、純金積立は少額から手軽に始めやすい投資といえます。


スポット購入ができる


純金積立は、好きな時に好きな量の金を購入できる「スポット購入」が可能です。例えば資金に余裕ができたときや金の価格が一時的に下落したときなど、自分の好きなタイミングで金を購入できます。普段行っている純金積立とも併用して行えるので、自分の好きなタイミングで金の数量を増やすことが可能です。


現物を保有しないので管理コストを抑えられる


純金積立では現物を保有しないので、維持・管理コストがかかりません。実際に金を保有する現物取引の場合、盗難・紛失リスクが発生するので対策を行う必要があります。例えば耐火金庫を購入するにしても、良いものを購入すればそれなりのお金がかかります。

仮に耐火金庫を購入しても、盗難リスクを避けることはできません。盗難リスクの対策で銀行に預ければ、それなりの手数料が取られます。純金積立なら盗難・紛失リスクが発生しないので、維持・管理コストを抑えた取引が可能です。


金地金や金貨でも受け取れる


純金積立は貯めた金を現金以外に、金地金や金貨などでも受け取れます。一般的に金地金は好きな大きさで選べ、金貨はカンガルー金貨やメイプリーフ金貨などから選ぶことが可能です。現物保有は維持・管理コストなどかかりますが、金を保有しているという実感を得られます。


純金積立のデメリット・リスク


純金積立のデメリットやリスクは、以下の通りです。

  • 年会費や手数料などコストがかかる
  • リアルタイムでの取引ができない

それぞれ詳しく紹介します。


年会費や手数料などコストがかかる


純金積立は、年会費や様々な手数料が発生します。例えば純金積立でかかる手数料は、口座管理料や売却にかかる手数料、引き出しにかかる手数料などです。取引時や引き出す際などでも手数料がかかるので、取引コストがかかる投資方法といえます。


リアルタイムでの取引ができない


純金積立はETF取引やCFD取引のように、リアルタイムの取引ができません。金の価格は毎日変動するので、なるべくなら安い時に購入したいものです。しかしあらかじめ決められた価格で購入する必要があるので、好きな価格で購入できないというデメリットがあります。


純金積立の税金


一般的に金を売却し得た利益は、譲渡所得です。しかし営利目的で継続的に取引を行っている場合は、譲渡所得ではなく事業所得か雑所得として扱われます。税金についての具体的判断は、お近くの税務署か税理士に相談ください。


金のおすすめ投資方法を比較


金は積立以外にも、先物やETF・CFD取引など様々な投資方法があります。「どの投資方法で金に投資をすれば良いのか?」という疑問をお持ちの方に向けて、それぞれの投資方法を比較します。

                                                                                                                                                                                   
【金のおすすめ投資方法を比較】
積立 現物 先物 ETF CFD
売買方法買いのみ買いのみ買/売買/売(※)買/売
レバレッジ無し無し有り約2倍約10倍
手数料有り有り有り有り無し
決済期限有り無し有り無し無し

(※)信用取引を活用した場合、売りから入ることが可能


金に投資するならCFD取引がおすすめ


上記ではそれぞれの投資方法を比較しましたが、結論からお答えすると金への投資方法はCFD取引がおすすめです。純金積立は価格変動を抑え長期的な資産運用が可能です。しかしその分リターンは少なく、資金効率が良くないといえます。売買方向も買いのみしか行えないので、価格が下落しているときは利益を狙えません。

その点CFD取引なら10倍のレバレッジをかけた取引が可能であり、買いや売りで利益を狙うことが可能です。信金効率の良さから言えば、CFD取引がおすすめといえます。ただしレバレッジをかけた取引は、その分リスクも高くなることを覚えておきましょう。

CFD(差金決済取引)とは?初心者のための基礎知識


OANDAの金CFD取引


OANDA Japanではまもなく金CFDの提供が始まります。もちろんMT4、MT5で投資が可能、OANDA独自のオーダーブックインジケーターも利用可能です。金CFDの提供開始にあたり、様々なキャンペーンも予定しております。

OANDAの口座開設はこちらから

CFD(差金決済取引)を学びたい方へオススメのコンテンツ

CFDと先物取引の違い

OANDAではこれからCFDを始める初心者の方向けに、豊富なコンテンツを提供しています。コンテンツを読み進めていくことで、初心者の方でもCFDをスムーズに始めることが可能です。またOANDAの口座保有者だけが使えるOANDAオリジナルインジケーターも提供しています。是非OANDAの口座開設をご検討ください。


本ホームページに掲載されている事項は、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資方針、投資タイミング等は、ご自身の責任において判断してください。本サービスの情報に基づいて行った取引のいかなる損失についても、当社は一切の責を負いかねますのでご了承ください。また、当社は、当該情報の正確性および完全性を保証または約束するものでなく、今後、予告なしに内容を変更または廃止する場合があります。なお、当該情報の欠落・誤謬等につきましてもその責を負いかねますのでご了承ください。

この記事をシェアする

ホーム » FX/CFD初心者の方 » 純金積立(ゴールド)とは?メリット・デメリットや他の投資方法と比較