FXに関するコラム・豆知識

価格の変動率を加味して相場の過熱感を探るインジケーター「OANDA_Multi_VLDMI」のご紹介


VLDMIとは?


VLDMIは「Variable Length Dynamic Momentum Index」の略で、相場の過熱感を0~100の数値で示すインジケーターです。

一般的には、数値が30を割り込むと売りが過熱している状態(売られ過ぎ)、70を超えると買いが過熱している状態(買われ過ぎ)と判断されます。

似たようなインジケーターにRSIがありますが、RSIは価格の変動率の状況に関わらず、設定した同じ期間の価格データを元に算出されるのに対し、VLDMIは価格変動に応じて期間が変動するという違いがあります。

具体的には相場変動が大きくなると、対象期間が短くなり、相場変動が緩やかになると対象期間が長くなります。

このため、インジケーターの反応がRSIに比べて少し早く、大きく反応する傾向があり、RSIよりも初動の動きを捉えやすいという特徴があるインジケーターです。

「OANDA_Multi_VLDMI」はこのVLDMIをMT5、MT4のチャート上に表示することができるインジケーターです。また、マルチタイムフレーム対応であるため、設定で上位足(時間の長い足)を指定すると、上位足のVLDMIを表示することも可能です。

 

【VLDMI(青)とRSI(赤)の比較】

VLDMI(青)とRSI(赤)の比較


VLDMIの計算方法


VLDMIでは次の3つのパラメーターを設定します。

  1. 基準期間A(デフォルトは14)
  2. 標準偏差の算出期間B(デフォルトは5)
  3. 標準偏差の平均期間(デフォルトは10)

最初に、この3つの数値を元にVLDMIの計算に使う期間VLを算出します。

VL=A/(終値の期間Bの標準偏差/終値の標準偏差の期間Cの平均)

次に、VLの期間を元に、VLDMIを算出します。

VLDMI=VL期間内のプラスの足の上昇幅の合計/(VL期間内のプラスの足の上昇幅の合計+VL期間内のマイナスの足の下落幅の合計)


OANDA_Multi_VLDMIのインストール方法


OANDA_Multi_VLDMIはこちらからダウンロードすることができます。

インジケーターのダウンロードが完了したら、MT5またはMT4のメニューの「ファイル」→「データフォルダを開く」をクリックします。

MT5のデータフォルダの開き方

表示されるエクスプローラーの「MQL5」フォルダ(MT4の場合はMQL4)内の「indicators」のフォルダの中にダウンロードしたex5ファイル(MT5の場合)、またはex4ファイル(MT4の場合)をコピーし張り付けます。

MT5のデータフォルダ

エクスプローラーを閉じ、最後にMT5またはMT4を再起動すると、インストールが完了します。


OANDA_Multi_VLDMIの設定方法


インジケーターの設置

OANDA_Multi_VLDMIを表示するには、チャートを選択した上で、ナビゲーター内の「OANDA_Multi_VLDMI」をダブルクリック、またはチャート上にドラッグ&ドロップします。

表示される設定画面で設定を行います。

設定項目

最初にMT5の場合は「仕様」タブ、MT4の場合は、「全般」タブの「DLLの使用を許可する」の部分にチェックを入れます。

【MT5の場合】

【MT4の場合】

その他の設定は主に「インプット(MT4の場合はパラメーターの入力)」タブで行います。

VLDMIの設定画面

主な設定項目は次の通りです。

変数名 内容
時間足 どの時間足のVLDMIを表示するかを選択します。currentを選択すると、表示している時間足のVLDMIを表示します。デフォルトはcurrentです。
期間 VLDMIを算出するための期間を指定します。デフォルトは14です。
平均期間 VLを計算する際に必要となる標準偏差の平均期間を設定します。デフォルトは10です。
標準偏差 VLを計算する際に必要な標準偏差を求めるための期間を設定します。デフォルトは5です。
適用価格 算出に用いる価格の種類を設定します。デフォルトは「ClosePrice(終値)」です。
最大表示バー数 最大で何本の足に表示するかを指定します。デフォルトは1000です。

ラインの種類の設定はカラー(MT4の場合は色の設定)のタブで行います。

カラーで色を選択し、幅でラインの太さ、スタイルで線の種類を指定することができます。

 
本ホームページに掲載されている事項は、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資方針、投資タイミング等は、ご自身の責任において判断してください。本サービスの情報に基づいて行った取引のいかなる損失についても、当社は一切の責を負いかねますのでご了承ください。また、当社は、当該情報の正確性および完全性を保証または約束するものでなく、今後、予告なしに内容を変更または廃止する場合があります。なお、当該情報の欠落・誤謬等につきましてもその責を負いかねますのでご了承ください。

この記事をシェアする
インジケーター
【東京サーバMT5、MT4限定】リスク管理をしながら、チャート上で注文を発注できるツール「OANDA_Order_Panel」のご紹介
三本の移動平均線の並び順の状態をチャート下部でチェックできるインジケーター「OANDA_MA_PO_Monitor」のご紹介
長期・中期、短期のサポート・レジスタンスの水準を表示するインジケーター「OANDA_Support_Resistance」のご紹介
1日のうち、どの水準で推移していた時間が長いかの目安を表示するインジケーター「OANDA_Market_Profile」のご紹介
移動平均の値を平均足化したインジケーター「OANDA_Heikinashi_Smoothed」のご紹介
一目均衡表の3役の状態をサブチャートで表示するインジケーター「OANDA_Ichimoku_navi」のご紹介
一目均衡表の遅行線、先行スパンの表示位置を修正したインジケーター「OANDA_Ichimoku」のご紹介
短期トレーダーのポジポジ病予防に効果あり!?日々のトレードをモニタリングするインジケーター「OANDA_Daily_Trade_Monitor」のご紹介
チャート上に想定利益金額、想定損失金額を表示するインジケーター「OANDA_TP_SL_Label」のご紹介
【東京サーバMT5限定】トレード内容を分析する「OANDA_Trading_analysis」のご紹介
トレンドライン等のラインの描画をショートカットキーを用いて行うインジケーター「OANDA_Shortcut」のご紹介
チャート上にハル移動平均線を表示するインジケーター「OANDA_Multi_HMA」のご紹介

ホーム » FX/CFDに関するコラム(ブログ)・豆知識 » 価格の変動率を加味して相場の過熱感を探るインジケーター「OANDA_Multi_VLDMI」のご紹介