MT4の使い方

MT4(メタトレーダー4)Oanda Alarm Managerの使い方(様々なアクションが可能なアラート機能)

Oanda Alarm Managerとは?

Oanda Alarm Manager(アラームマネジャー)はMT4(メタトレーダー4)上で機能するアラーム機能です。通常のMT4のアラームは価格の変化に合わせて音を鳴らすなどのアラーム機能が装備されていますが、Oanda Alarm Managerはその機能に加え、一定の条件に達した場合に取引を行うなど様々な機能を持ち合わせたツールとなります。

Oanda Alarm Managerでできること

Oanda Alarm Managerはアラームの発動条件を満たしたら、アクションを行うという仕組みです。
どのような条件で発動し、何を行うかということを自由に組み合わせて使うことができる便利なツールです。
アラームの発動条件、アクションは次の中から選択することができます。

アラームの発動条件

(1)価格水準:価格が一定の水準に達した時点

(2)価格変動:価格が一定水準変動した時点

(3)ブレークアウト:一定期間の高値、安値をブレークした時点

(4)アカウント値:残高、建玉の評価損益、使用マージン額、マージン金額、使用マージン率、マージン率、建玉の利益率、オープン建玉の数、指値/逆指値注文の数が一定数に達した時点

(5)残高の変動:残高に一定の変動があった時点

(6)連勝:一定の連勝があった時点

(7)連続損失:一定の連敗があった時点

(8)勝敗比率:一定の回数での勝率が一定の水準に達した時点

(9)新建玉設定:新たにポジションを構築した時点

(10)建玉決済時:建玉を決済した時点

(11)建玉評価損益:建玉の評価損益が一定額に達した時点

(12)損切り設定なしの建玉:損切り注文のないポジションがある場合

(13)タイマー秒読み:一定時間に達した時点

(14)時間:指定した時刻に到達した時点

(15)経済指標:選択した経済指標の一定時間前になった時点

(16)センチメント:Fxblue社が提供するセンチメント情報が一定水準に達した時点

(17)移動平均クロスオーバー:移動平均線がクロスした時点

(18)ボリンジャーバンド:ボリンジャーバンドの一定の標準偏差に価格が達した時点

(19)スイングポイント:フラクタルを使用し算出されたスイングポイントに達した時点

(20)ストキャスティクス:%K、%Dが一定の水準に達した時点

(21)MACD:MACD、シグナルが一定の水準に達した時点

(22)RSI:RSIが一定の水準に達した時点

(23)Average True Range:Average True Rangeが一定の水準に達した時点

アクションの種類

(1)音の再生:音を鳴らす

(2)pop-up alertを通知:PC上にポップアップを表示させる

(3)Eメール送信:Eメールを送信する

(4)ツィート送信:ツイートを送信する

(5)SMS送信:SMSを送信する

(6)全建玉を決済:全てのポジションを決済する

(7)利益の出ている建玉を決済:含み益の出ているポジションのみを決済する

(8)損失建玉を決済:含み損の出ているポジションのみを決済する

(9)Symbol決済:指定した通貨ペアのみを決済する

(10)全チャートを閉じる:全てのチャートを閉じる

(11)Market Orderの発注:新規の成行注文を発注する

(12)指値/逆指値注文を出す:指値、逆指値を発注する

(13)WebPageを開く:指定したWebページを開する

(14)Web Request送信:指定したWebリクエストを送信する

(14)アラームグループの無効化:アラームグループを無効にする

(15)全アラームグループの無効化:全てのアラームグループを無効にする

Oanda Alarm Managerの設定

アラームを正常に動作させるにはOandaAlarm Managerを起動させておく必要があります。

Oanda Alarm Managerの起動

ナビゲーターの中のOanda Alarm Managerをチャートの上にドラッグ&ドロップ、またはダブルクリックします。EA型のプログラムとなっているため、自動売買ができる状態にしておかなければなりません。そのため、EAの設定画面で「自動売買を許可する」「DLLの使用を許可する」にチェックが入っていることを確認します。
※アラームが正常に動作するためにはAlerm Managerを起動させておく必要があります。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-07-18-12-32-14

アラームの設定

Oanda Alarm Managerを起動させると、次のような画面が出現します。
デフォルトで入っているアラームは紛らわしいので消してしまいます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-07-18-12-44-01
アラームを消す場合はアラームの名前のところでクリックすると変更画面が表示されます。「削除」ボタンを押すとアラームを消去することができます。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-07-18-13-04-40
既存のアラームを消したら、新規のアラームを設定します。アラームの追加は+ボタンを押して設定します。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-07-18-13-08-10

最初にアラームの発動条件を設定します。まずは発動条件の種類を選択します。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-07-18-13-13-32
続いて細かい条件を設定します。

ドル円の価格が1時間足の20本のローソク足の安値を2pipsブレークアウトを選択した場合に成行で売るというアラームを設定する場合を例にご案内いたします。

「シンボル(通貨ペア)」で「USDJPY」、対象となる時間軸を「H1」と設定し、「バー」何本のローソク足を対象にするかということなので「20」を選択します。ブレークアウトの部分は「高値」を選択、また条件のブレイクから2Pips動いたところで発動とするため、追加2Pipsを選択します。
アラームの設定以下の項目ではどのようなアクションを起こすかを選択します。

自動リセットはリセットを行うタイミングを設定します。
(無)に設定するとアラームは繰り返されません。
グループ名は自由に設定することができます。
「アラーム行動」にはアクションを設定します。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-07-18-13-16-21
「行動を追加」ボタンを押すとアクションを設定することができます。
成行の売りの注文を入れる場合は「新規行動」の部分で「Market Orderの発注」選択します。選択すると、必要事項を入力する欄が表示されます。入力項目は次の通りです。

シンボル:通貨ペアを選択します。

行動:買いか売りを選択します。

取引高:取引するロット数を入力します。

S/L、T/P:ストップ注文、利益確定注文を併せて発注する場合に入力します。

ヘッジ活動:チェックボックスにチェックを入れると両建てを行わない設定となります。

追加ボタンを押すとアクションが追加されます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-07-18-16-06-34
最後に「変更を保存」の「保存」ボタンを押すと設定が完了となります。

その他、Alert Managerでは様々な組み合わせの設定を行うことができます。

アラームの状態の表示

Alerm Manager内でアラームの状況を確認することができましす。
状態は主に3種類に分けられます。

①アラームの条件を満たしていない状態

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-07-18-15-33-19

②アラームの条件を満たし、アクションが行われた状態

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-07-18-15-33-49

③アラームの条件を一度は満たしたものの、その後条件を満たさなくなった状態

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-07-18-15-34-45
再度、同じアラームを作動させるためには、アラームを設定する時点でアラームの自動リセット設定を行うか手動で①の状態に戻す必要があります。

手動で戻す場合は右側のバーのところでクリックするとリセットされます。




OANDA Alarm Manager使い方の紹介動画もご覧ください。




条件
弊社MT4東京サーバをご利用のお客様。デモ口座では使用できません。
ダウンロードURL

本ホームページに掲載されている事項は、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資方針、投資タイミング等は、ご自身の責任において判断してください。本サービスの情報に基づいて行った取引のいかなる損失についても、当社は一切の責を負いかねますのでご了承ください。また、当社は、当該情報の正確性および完全性を保証または約束するものでなく、今後、予告なしに内容を変更または廃止する場合があります。なお、当該情報の欠落・誤謬等につきましてもその責を負いかねますのでご了承ください。

この記事をシェアする

home_footer > MT4の使い方 > MT4(メタトレーダー4)Oanda Alarm Managerの使い方(様々なアクションが可能なアラート機能)