MT4の使い方

週明けの窓チェックインジケーター


週明けの窓とは?


週明けの窓とは、FX(外国為替市場)などの市場で週末の価格から離れた水準で次週の相場がスタートした際の価格の差(ギャップ)のことをいいます。

この価格差の乖離が大きいことを「窓を開ける」などと表現します。 大きな窓ができた後はその窓を埋めに行く動きとなることが多いため、窓ができた際は注意が必要です。

FX市場の場合は窓の幅が大きい場合は週末に何らかの材料が発生し、FX業者のオープン前の時間に多くの取引が行われた状況であるため、落ち着きを見せたあとは利益確定の取引により、逆行する動きとなることが多々あります。

ただし、窓の幅が小さければ小さいほど取引が行われておらず、その後の決済注文が少ないため、反転の可能性が低下していくという点には注意が必要です。


MT4用週明けの窓チェックインジケーター


OANDA Japanでは週明け時に窓が開いているかどうかをチェックするMT4用インジケーターを開発し、配布しています。

このインジケーターを使うと、MT4のチャート上で下の図のように週末と週明け時の価格、窓(ギャップ)のPips数を簡単に確認することができます。

OANDAのMT4用窓チェクインジケーターの表示例

このMT4用窓チェックインジケーターで窓の状況をチェックして、ギャップが適度に大きい場合はエントリーを検討するといった使い方をすることができます。

設定に関しての詳細はマニュアルをご覧ください。




本ホームページに掲載されている事項は、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資方針、投資タイミング等は、ご自身の責任において判断してください。本サービスの情報に基づいて行った取引のいかなる損失についても、当社は一切の責を負いかねますのでご了承ください。また、当社は、当該情報の正確性および完全性を保証または約束するものでなく、今後、予告なしに内容を変更または廃止する場合があります。なお、当該情報の欠落・誤謬等につきましてもその責を負いかねますのでご了承ください。

この記事をシェアする

home_footer > MT4の使い方 > 週明けの窓チェックインジケーター