新規口座開設

MT4の使い方

MT4のチャート上にインディケーターを表示する方法を紹介

MT4(メタトレーダー4)ではチャート上に自由にインディケーターを表示することができます。

 

MT4のチャート上にインディケーターを表示する方法

indicator1

 

MT4はデフォルトで50種類以上のテクニカルインディケーターを装備しているほか、MT4のライブラリやその他インターネット上で多数のMT4用のインディケーターを入手することができ、それらを自分のチャート上に表示して分析を行うことができます。

今回はそのテクニカル指標の表示のさせ方についてご案内いたします。

 

MT4のデフォルトのインディケーターを表示させる方法

MT4のデフォルトのインディケーターを表示させる方法はいくつかありますが、一番直感的にできるものはナビゲーター・ウィンドウからドラッグ&ドロップで表示させたいチャートに移動させる方法です。

また、表示させたいチャートを選択している状態でナビゲーター・ウィンドウにて表示させたいインディケーターをダブルクリックすると表示させることができます。

MT4(メタトレーダー4)のチャート上にインディケーターを表示する

 

ドラッグ&ドロップ、またはダブルクリックするとパラメーターやスタイルを設定するウィンドウが表示されるため、設定を行い、OKを押すとインディケーターが表示されます。

 

外部で入手したインディケーターを表示させる方法

MT4で外部で入手したインディケーターを表示させるにはMT4内にmq4ファイルまたはex4ファイルを設置する必要があります。

設置の仕方はMT4のメニューバーの「ファイル」から「データフォルダを開く」を選択し、データフォルダ内の「MQL4」フォルダ内にある「Indicators」の中にmq4ファイルまたはex4ファイルを貼り付けます。

 

手順は以下の通りとなります。

①「データフォルダを開く」を選択すると次のようなウィンドウがあるのでMQL4をダブルクリックし、フォルダを開く。
mqlf
②「MQL4」フォルダの中は次のようになっているので、「Indicators」をダブルクリックしフォルダを開く。
mql4f2
③Indicatorsの中には既にデフォルトのインディケーターのmq4ファイル、ex4ファイルがあります。そこにmq4ファイルまたはex4ファイルを貼り付けます(どちらかのファイルで構いません)。

mqlf3

 

なお、インディケーターによってはDLLファイルを使用するような特殊なものもあるため、作成者の指示がある場合はその指示に従いインストールします。

フォルダ内に貼り付けが完了したら、MT4を再起動します。(再起動しないとナビゲーターに表示されません。)

再起動後、ナビゲーターに表示されたら、デフォルトのインディケーターを表示する場合と同様にチャート上に表示させることができます。


この記事をシェアする

ホーム » MT4の使い方 » MT4のチャート上にインディケーターを表示する方法を紹介