FXに関するコラム・豆知識

週末に向け円安が一服、今週は米国雇用統計、FOMC議事要旨等に注目 OANDAラボ-マーケット最新情報(2022年7月4日)


今週の注目材料


今週は米国でFOMC議事要旨やISM非製造業景況指数等の発表が予定されているほか、週末に6月雇用統計の発表が予定されています。

いずれも今後の米国の金融政策を占う上で重要な資料やデータとなるため、発表前後の値動きには注意が必要となりそうです。

 

【参考資料】米国の非農業部門雇用者数変化の推移

 

本邦では国際収支の発表が予定されています。経常収支の悪化や貿易赤字の拡大が予想されており、市場予想以上となると、円売り材料として意識されるかもしれません。

 

【参考資料】日本の経常収支の推移

 

このほか、スタグフレーションへの警戒が強まるユーロ圏では生産者物価指数や小売売上高などに注目したいです。

また、オーストラリアではRBAの政策金利の発表が予定されています。今回の会合でも前回に続き0.5bp引き上げ1.35%との予想が中心となっています。発表前後は豪ドルを含む銘柄を中心に不安定な推移となる可能性があるため、注意が必要です。

 

主要な経済指標・中央銀行のイベントの予定はこちら

過去の経済指標の推移はこちら


先週のFX市場の動き


先週の主要通貨の強弱はカナダドル、米ドル、円、スイスフランが比較的強いのに対し、豪ドル、ポンド、ユーロ等が弱い推移となりました。

【先週の主要8通貨の通貨別の騰落率】

最新の通貨別強弱(騰落率)グラフはこちら

【直近1ヶ月の主要8通貨の通貨の強弱チャート】

直近1ヶ月を見ると、米ドル、スイスフランが強いのに対し、豪ドル、NZドルが弱い状態です。前週まで弱さが目立った円は直近では少し反発しています。

最新の主要通貨の強弱チャートはこちら

【先週のFXの主要28通貨ペアの騰落率ランキング】

 

最新の騰落率ランキングはこちら

 

主要銘柄の相関性分析

先週のドルストレートの相関性を見ると、全体的に対ドルで多少の相関性を見出すことはできるものの、全体的にそれほど強くもなく、米ドルの強弱は明確ではなかったようです。

【先週の主要ドルストレート通貨ペアの相関性】

また、ドル円、クロス円の通貨ペアも全体的に多少の相関性はあるものの、前週よりも薄く、円の強弱もそれほど明確ではなかったようです。

【先週のドル円、クロス円の相関性】

ユーロを含む主要な通貨ペアの相関性は前週に続き、全体的にバラバラで、ユーロの強弱は見出しにくい状況であったようです。

【先週のユーロを含む主要な通貨ペアの相関性】

最新の相関性のチェックはこちら


先週の株価指数CFDの動き


米国市場

先週の米国の株価指数CFDは、上値が重い推移が続きましたが、週末には少し反発しています。

最新の主要の株価指数の変化率はここでチェック

 

欧州市場

欧州の株価指数も上値の重い推移となりましたが、週末には少し盛り返す動きとなりました。

最新の主要の株価指数の変化率はここでチェック

 

アジア・オセアニア市場

先週のアジア・オセアニアの株価指数は中国、香港の株価指数は比較的底堅いものの、その他の銘柄は上値の重い推移となりました。

 

最新の主要の株価指数の変化率はここでチェック

【株価指数CFDの騰落率ランキング】

 

最新の騰落率ランキングはこちら


米国債利回りの推移


【残存期限別の米国債利回りの推移】

先週の米国債利回りは、前週に続き、下押しが続いています。

出所:U.S. DEPARTMENT OF THE TREASURY

米国債利回りの推移はこちら

 

【直近5週間の金曜日の米国債イールドカーブの比較】

直近5週の金曜日のイールドカーブの比較すると、超短期のものを除き、低下しているのが確認できます。

 

【米国債イールドカーブの変化(3Dグラフ)】

出所:U.S. DEPARTMENT OF THE TREASURY

米国債のイールドカーブの推移はこちら

 

OANDA、先物市場のポジション、主要銘柄の値動き


FX

米ドル/円(USD/JPY)

先週のドル円は底堅く137円付近まで上昇したものの、後半は失速し、135円台前半で週末を迎えました。

OANDAのオープンポジションを見ると、売りポジション比率がやや優勢な中、高値圏で推移しているため、含み損を抱えた売りポジションは依然として多い状態です。

このため、下押した水準では安堵の買い戻し、上昇した水準ではこれらのポジションの損切りの買いが増え、底堅い推移が続く可能性を見出すことはできそうです。

一方で直近の下押しで苦しくなった買いポジションも少し増えており、反発した水準では安堵の利益確定売り、安値を切り下げる動きとなると、損切りの売りが増え、上値の重い推移となる可能性を見出すこともできそうです。

4時間足チャートを見ると、高値を切り上げる動きとなりましたが、滞在時間は短く、伸び悩んでいるようにも見えます。

上値を探る場面では前週の高値をしっかりと突破できるか、下押しの際は直近のサポート水準となる134.25付近を守れるか等に注目しながら、方向感を探っていきたいです。

【USD/JPYの4時間足チャート】

表示しているインジケーター:OANDA_Orderbook3OANDA_Multi_Parabolicの日足、OANDA_Multi_RSIの日足

最新のオーダーブック情報こちら

先週火曜日時点における投機筋の円の通貨先物市場のポジションは前週に続き、円売りポジション比率が減少しています。

【投機筋の通貨先物市場の円のポジションの推移(最終更新日2022/6/28)】

シカゴIMM通貨先物ポジションのチェックはこちら

ユーロ/米ドル(EUR/USD)

先週のユーロドルは、序盤こそ底堅い推移となったものの、その後は上値の重い推移が続きました。

OANDAのオープンポジションを見ると、買いポジション比率が65%程度まで上昇するなか、安値圏で推移しているため、含み損を抱えた買いポジションが多い状況です。

このため、反発した水準では安堵の利益確定売り、安値を切り下げる動きとなると、損切りの売りが増え、上値の重い推移が続く可能性を見出すことができそうです。

4時間足チャートを見ると、短期的には下落基調が続いていますが、5月からのサポートとなる1.03台中盤で下げ渋る動きが続いています。今週もこの水準を守れるか、反発の際は高値を結んだラインや直近の高値水準を突破できるか等に注目しながら、下落基調継続の可能性を探っていきたいです。

【EUR/USDの4時間足チャート】

表示しているインジケーター:OANDA_Orderbook3OANDA_Multi_Parabolicの日足、OANDA_Multi_RSIの日足

最新のオーダーブック情報こちら

投機筋のユーロの通貨先物市場のポジションは売りポジション比率が少し減少し、偏りが少ない状況が続いています。

【投機筋の通貨先物市場のユーロのポジションの推移(最終更新日2022/6/28)】

シカゴIMM通貨先物ポジションのチェックはこちら

ポンド/米ドル(GBP/USD)

先週のポンドドルは上値の重い推移となり、再度1.2を割り込む動きとなりました。

OANDAのオープンポジションを見ると、買いポジション比率が65%台まで増えていますが、下押しが続いたことにより、その多くが含み損を抱えています。

このため、反発した水準では安堵の利益確定売り、安値を切り下げる動きとなると、損切りの売りが増え、上値の重い推移が続く可能性を見出すことができそうです。

4時間足チャートを見ると、均衡が崩れ、下押す動きとなりましたが、週末は直近のサポート水準となる1.193付近を割り込まずに踏ん張る動きとなりました。

今週もこの水準を守れるか、反発の際は高値を結んだラインや直近の高値水準を突破できるか等に注目しながら、下落基調継続の可能性を探っていきたいです。

【GBP/USDの4時間足チャート】

表示しているインジケーター:OANDA_Orderbook3OANDA_Multi_Parabolicの日足、OANDA_Multi_RSIの日足

最新のオーダーブック情報こちら

先週の投機筋のポンドの通貨先物市場のポジションは売りポジションに傾く状況が続いていますが、ジリジリと売りポジション比率の減少傾向が続いています。

【投機筋の通貨先物市場のポンドのポジションの推移(最終更新日2022/6/28)】

シカゴIMM通貨先物ポジションのチェックはこちら

豪ドル/米ドル(AUD/USD)

先週の豪ドルは序盤は底堅さを見せたものの、後半は下値を探る動きが続き、0.68付近まで下落する動きとなりました。

OANDAのオープンポジションを見ると、買いポジションに傾く中、安値圏で推移しているため、買いポジションの多くが含み損を抱えています。

このため、反発した水準では安堵の利益確定売り、安値を切り下げる場面では損切りの売りが増え、上値の重い推移が続く可能性を見出すことができそうです。

4時間足チャートを見ると、下落基調が続いていますが、下押しの際は安値を切り下げることができるか、反発の際は高値を結んだラインや直近の高値水準を突破できるか等に注目しながら、下落基調継続の可能性を探っていきたいです。

【AUD/USDの4時間足チャート】

表示しているインジケーター:OANDA_Orderbook3OANDA_Multi_Parabolicの日足、OANDA_Multi_RSIの日足

最新のオーダーブック情報こちら

投機筋の豪ドルの通貨先物市場のポジションはジリジリと売りポジション比率の減少傾向が続いていましたが、先週はわずかながら、売りポジション比率が増加に転じています。

【投機筋の通貨先物市場の豪ドルのポジションの推移(最終更新日2022/6/28)】

投機筋の通貨先物ポジションのチェックはこちら

CFD

米国S&P株価指数500(US500)

先週のUS500は上値の重い推移となり、3700台前半まで下押しする動きとなりました。

OANDAのオープンポジションを見ると、買いポジションに傾く中、依然として安値圏で推移しているため、含み損を抱えた買いポジションが多い状況です。

このため、反発した水準では安堵の利益確定売り、安値を切り下げた水準では損切りの売りが増え、上値の重い推移が続く可能性を見出すことができそうです。

一方で直近の反発で苦しくなった売りポジションも少し増えており、下押した水準では安堵の買い戻し、高値を切り上げる動きとなると損切りの買いが増える可能性にも注意が必要となりそうです。

4時間足チャートを見ると、前週の上昇分を吐き出すような動きとなったものの、直近の安値を割り込まずに下げ渋る動きに転じています。今週も引き直した安値を結んだラインや直近の安値水準を守れるか、反発の際は直近の高値水準を突破できるか等に注目しながら、方向感を探っていきたいです。

【US500の4時間足チャート】

表示しているインジケーター:OANDA_Orderbook3OANDA_Multi_Parabolicの日足、OANDA_Multi_RSIの日足

最新のオーダーブック情報こちら

投機筋のS&P500先物市場では、前週に続き、売りポジション比率が増加となりました。

 

【投機筋の先物市場のS&P500 E-miniのポジションの推移(最終更新日2022/6/28)】

投機筋の株価指数先物市場のポジションのチェックはこちら

 
本ホームページに掲載されている事項は、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資方針、投資タイミング等は、ご自身の責任において判断してください。本サービスの情報に基づいて行った取引のいかなる損失についても、当社は一切の責を負いかねますのでご了承ください。また、当社は、当該情報の正確性および完全性を保証または約束するものでなく、今後、予告なしに内容を変更または廃止する場合があります。なお、当該情報の欠落・誤謬等につきましてもその責を負いかねますのでご了承ください。

この記事をシェアする
OANDAラボウィークリー
米物価上昇ピークアウト感で米ドル全面安 今週は米国小売売上高やFOMC議事録等に注目 OANDAラボ-マーケット最新情報(2022年8月15日)
強い雇用統計で米ドル上昇 今週は米国消費者物価指数に注目 OANDAラボ-マーケット最新情報(2022年8月8日)
米国GDP2期連続マイナス、パウエル議長の利上げペース鈍化示唆で米国債利回り低下、ドル安、株高 今週は米国雇用統計等に注目 OANDAラボ-マーケット最新情報(2022年8月1日)
先週末は冴えない米国経済指標により米国債利回り低下 今週はFOMCに注目 OANDAラボ-マーケット最新情報(2022年7月25日)
先週は円全面安、米国債は逆イールド発生 今週は日欧の金融政策等に注目 OANDAラボ-マーケット最新情報(2022年7月18日)
先週はユーロが下落、米国株式市場は反発 今週は米国CPI等に注目 OANDAラボ-マーケット最新情報(2022年7月11日)
週末に向け円安が一服、今週は米国雇用統計、FOMC議事要旨等に注目 OANDAラボ-マーケット最新情報(2022年7月4日)
先週は円安、スイスフラン高、株式市場は反発 今週は日米欧の物価指標等に注目、 OANDAラボ-マーケット最新情報(2022年6月27日)
先週はスイスフランが全面高、株式市場は軟調 今週はパウエルFRB議長の議会証言、本邦消費者物価指数等に注目 OANDAラボ-マーケット最新情報(2022年6月20日)
先週はドル高、円安、株安 今週は米国FOMC、日銀の金融政策に注目 OANDAラボ-マーケット最新情報(2022年6月13日)
米国消費者物価指数、ECB理事会等に注目 OANDAラボ-マーケット最新情報(2022年6月6日)
米国雇用統計等の経済指標に注目 OANDAラボ-マーケット最新情報(2022年5月30日)

ホーム » FX/CFDに関するコラム(ブログ)・豆知識 » 週末に向け円安が一服、今週は米国雇用統計、FOMC議事要旨等に注目 OANDAラボ-マーケット最新情報(2022年7月4日)