新規口座開設

米国債、日本国債利回りのイールドカーブ

選択した日付における米国債、日本国債利回りのイールドカーブを表示します。ログインすると、他の日付のものを5本まで重ねて比較することができます。
また、会員ステータスがゴールドの方は3Dグラフで過去のイールドカーブの変化をチェックすることもできます。

国債利回りの推移を確認する

イールドカーブ(利回り曲線)とは?

イールドカーブとは、債券の利回り(金利)と償還期間をグラフで表示したものです。
上のグラフのように、米国債利回りのように縦軸に利回り、横軸に償還期間を示したものです。
このイールドカーブの変化をこまめにチェックしていると、市場の空気の変化に気づくことができるかもしれません。

順イールド

基本的に債券というものは、償還期間までの時間が長ければ、長いほど回収のリスク・コストの関係上、利回りは高くなります。このため、経済がうまく回っている場合は基本的にイールドカーブのグラフは下の図のように右側が高い状態となり、一般的に順イールドと呼ばれる状態になります。

順イールド

フラット

通常は順イールドのイールドカーブも、金融政策の影響や市場の変化等の原因により、短期金利が上昇するなどして、短期・長期の債券利回りの差がなくなる場合があります。この状態をフラットと呼びます。原因にもよりますが、短期金利の上昇により、フラットとなる場合は、次に紹介する逆イールドに近づいており、景気減速の前兆となる場合があります。

フラット

逆イールド

フラットの状態から、さらに短期金利が上昇し、長期金利の水準を上抜けてしまう状態を逆イールドといいます。この状態に陥ると、借り入れコストが上昇するので、企業の設備投資や個人消費が縮小し、景気が後退する可能性が高い状態と考えられ、金融市場では、警戒感が高まります。

逆イールド

スティープ化・フラット化

イールドカーブの曲線の変化を示す用語にスティープ化とフラット化があります。短期金利が下落または長期金利の上昇により、曲線の角度が大きくなることをスティープ化、短期金利が上昇または、長期金利が下落して曲線の角度が小さくなることをフラット化といいます。過去のイールドカーブの状態と比較して、現在どのような傾向があるのかをチェックしてみましょう。

スティープ化・フラット化
   

米国債、日本国債利回りのイールドカーブのグラフの使い方

 

 

表示する国債の切替

①のタブで米国債、日本国債を切り替えることができます。

 

表示する日付の指定

最初に②に指定した日付のイールドカーブが表示されます。ログインすると③で指定した日付(最大で5日分)のイールドカーブも重ねて表示することができます。

 

表示するデータの指定

表示したくないデータがある場合はグラフ上部の凡例の部分(④)をクリックすると、表示/非表示を切り替えることができます。

 

3Dグラフへの切り替え(ゴールド会員限定)

ゴールド会員の方は、右上の⑤の部分をクリックすると、グラフを3Dグラフに切り替えることができます。

 

3Dグラフの使い方

 

表示する期間の設定

表示するデータの期間を①から選択します。

 

グラフ表示の調整

グラフ右上のアイコン(②)を選択し、マウス操作でグラフの表示を調整します。

アイコンは右から、拡大縮小、グラフの移動、グラフの回転(縦方向)、グラフの回転(横方向)、カメラのリセット、前回保存されたもの(デフォルト)に戻る、マウスを当てた部分のデータの表示の有無の切り替えです。

 

ホーム » OANDA Lab » 米国債、日本国債利回りのイールドカーブ