新規口座開設

FX初心者の方

FX初心者がまずやることは?始め方、やり方・失敗の防ぎ方を紹介


FX(外国為替証拠金取引)とは?利益を出す仕組み


FX(外国為替証拠金取引)は、「Foreign Exchange」の頭文字を取ったものであり、日本語で外国為替証拠金取引と呼びます。一般的に、米ドルや円など通貨の売買を行い差益を狙います。

FX取引の例

例えば、1米ドル=100円の時に米ドルを買ったとします。米ドルが101円に上昇したときに売れば、1円(101‐100=1)の利益です。このように、FX(外国為替証拠金取引)では通貨の売買差益によって利益を得ることができます。

また、売買差益の他にも、2つの通貨の国の金利差によって発生するスワップポイントで利益を狙うこともできます。

スワップポイント

例えば、米ドル/円を取引する際に、米ドルの金利が5%で円の金利が1%と仮定します。米ドルを購入すれば、4%の金利差を1日で受け取ることが可能です。このため、トルコリラやメキシコペソなどの高金利通貨を取引しスワップポイント狙いで利益を狙うトレーダーも存在します。

FX(外国為替証拠金取引)とは?初心者のための基礎知識


初心者がまず覚えることは?FX(外国為替証拠金取引)の基礎知識


FX(外国為替証拠金取引)を始めるなら、まず以下の基礎知識は必ず覚えておきましょう。

  • 取引時間
  • 基本用語
  • 必要証拠金
  • 注文方法

それぞれ詳しく紹介します。


取引時間


FX(外国為替証拠金取引)の取引時間は、原則土日を除く24時間取引することができます。月曜日の朝7時から土曜日の朝7時(夏時間は月曜日の朝6時から土曜日の朝6時)まで取引が可能です。また、24時間取引できるFX(外国為替証拠金取引)ですが、取引する時間帯に注意しましょう。

【各市場の主な取引時間】

FXの1日の流れのイメージ

一般的にボラティリティ(価格変動)が高い時間帯で取引したほうが、効率よく利益を狙いやすいです。ボラティリティ(価格変動)が高い時間帯は、東京市場(日本時間9時~17時)、欧州市場(日本時間16時~0時)、ニューヨーク時間(日本時間22時~6時)の3大市場です。

まずは、自分のライフスタイルに合わせて3大市場の中から取引できる時間帯で取引を始めましょう。


基本用語


FX(外国為替証拠金取引)は、様々な専門用語がでてきます。スムーズな取引をするためにも、ぜひ覚えておきましょう。取引をする上で初心者の方が特に覚えておきたい用語を、以下の表でまとめました。

                                                                               
専門用語 意味
レバレッジ(leverage)預けた証拠金の何倍も大きな取引ができること
スプレッド売値と買値の差のこと
ロスカット有効証拠金が必要証拠金を割り込んだ場合にポジションが強制的に決済されること
スリッページ注文価格と約定価格のズレのこと
損切り損失を確定させる決済のこと
証拠金取引に使用する担保(お金)のこと

上記の他にもまだまだたくさんFXには専門用語が存在します。すべての用語をいっぺんに覚えなくても良いので、少しづつ覚えましょう。その他の専門用語に関しては、以下の記事を御覧ください。

OANDA(オアンダ)のFX用語集一覧


必要証拠金


FX(外国為替証拠金取引)に必要な証拠金は、OANDA(オアンダ)が提供するFXサービス「fx Trade」なら、約4円という少額から取引を始めることができます。その理由は、「fx Trade」の最低取引単位は1通貨からの取引が可能だからです。

FX(外国為替証拠金取引)の最低取引単位の計算方法は、「現在の為替レート×最小取引単位(1通貨、1,000通貨など)÷レバレッジ」で求められます。例えば、1ドル100円の時に1通貨で取引する場合(レバレッジ25倍)、「100×1÷25=4」となり4円が最低でも必要な証拠金となるのです。取引を始める前に、実際にいくら資金を用意すれば良いのかを把握しましょう。


注文方法


FX(外国為替証拠金取引)は、様々な注文方法が存在します。注文方法によっては複雑なものもあるため、ここでは初心者が最低限覚えておきたい注文方法を紹介します。

  • 成行注文

成行注文は、現在の為替レートで約定させる注文方法のことです。すぐに取引をしたい場面で利用します。

成行注文

  • 指値注文

指値注文は、将来の為替レートの価格を指定し、現在の価格に対し有利な価格(買いの場合は現在の価格よりも安い価格)で約定させる注文方法のことです。

指値注文

  • 逆指値注文

逆指値注文は、将来の為替レートの価格を指定し、現在の価格に対し不利な価格(買いの場合は現在の価格よりも高い価格)で約定させる注文方法のことです。

逆指値注文

その他の注文方法に関しては、以下の記事を御覧ください。

FXの多彩な注文発注方法


初心者がまずやることは?FX(外国為替証拠金取引)の始め方


FX(外国為替証拠金取引)の基礎知識を覚えたら、次は実際に始め方を紹介します。FX(外国為替証拠金取引)の始め方は、以下の流れです。

  • FX専用の口座開設をする
  • FX取引に必要な証拠金を準備する
  • 取引をする通貨ペアを選ぶ
  • 注文を発注し決済をする

それぞれ詳しく紹介します。


FX専用の口座開設をする


FX(外国為替証拠金取引)を始めるのであれば、まずはFX専用の口座開設をします。口座開設には、運転免許証、身分証明書、マイナンバーカードなどが必要です。口座開設は無料ででき維持費や手数料などもかかることはありません。オンライン本人認証の場合には最短当日中に取引が始められます。

OANDA(オアンダ)の口座開設はこちら


FX取引に必要な証拠金を準備する


OANDA(オアンダ)のFXサービス「fx Trade」なら、約4円という少額から取引を始めることができます。しかし、必要証拠金ギリギリの資金で取引をするのはおすすめしません。なぜならば、強制ロスカットのリスクが高まるからです。

例えば、ロスカット基準値が100%以下の場合、4円を下回ったら強制ロスカットです。証拠金をギリギリの4円で取引した場合、含み損を抱えた瞬間に強制ロスカットとなるでしょう。強制ロスカットを防ぐためにも、余裕を持った証拠金を準備することが大切です。

強制ロスカットとは?


取引をする通貨ペアを選ぶ


FX専用口座に入金が完了したら、次は実際に取引をする通貨ペアを選びましょう。OANDA(オアンダ)の東京サーバーでは、主要通貨やマイナー通貨などを含む全33通貨ペアを取引できます。初心者の方は、日本人に馴染みの深い米ドル/円(USD/JPY)から取引を始めてみましょう。

OANDA(オアンダ)の通貨ペア一覧


注文を発注し決済をする


取引する通貨ペアを決めたら、最後に注文を発注しましょう。成行注文で売りや買いを発注し、売りの場合は買い、買いの場合は売りで決済注文をします。また、成行注文をする際は、今後相場が上がるのか下がるのかを分析することで、より利益を得る確率を上げることができます。

OANDA(オアンダ)では、新規口座開設をした方に、様々なオリジナルマーケット分析ツールを提供しています。特におすすめなツールは、OANDAオーダーブックです。世界中に分布するOANDAグループの顧客の取引状況をグラフ化して確認することができるため、将来の価格がどう動くのかを予測するのに役立ちます。

OANDAオーダーブック

OANDA(オアンダ)なら、初心者の方でも相場分析がやりやすい分析ツールが豊富に用意していますので、ぜひご活用ください。

OANDA(オアンダ)の口座開設はこちら


初心者が気をつけることは?FX(外国為替証拠金取引)の失敗の防ぎ方


初心者の方がFX(外国為替証拠金取引)で気をつけることは、以下の通りです。
  • 損切りをする
  • 高すぎるレバレッジでの取引はしない

それぞれ詳しく紹介します。


損切りをする


FX(外国為替証拠金取引)のよくある失敗として、損切りできないことがあります。例えば、損失を取り返したいという気持ちが強く、含み損のポジションをそのまま持ち越し結果的に強制ロスカットになるケースです。損切りは損失を確定させる行為ですが、それと同時に証拠金を損失から守ってくれる役割もあります。

OANDA(オアンダ)では新規口座開設対象者に向けて、1回のトレードのリスク管理について紹介しています。詳しくは、以下の記事を御覧ください。

OANDA(オアンダ)の適切なポジションサイズ設定はこちら


高すぎるレバレッジでの取引はしない


レバレッジは、FX(外国為替証拠金取引)のメリットの一つです。しかし、初心者の方が高いレバレッジで取引をすると、大きな損失を出すリスクが高まります。なぜならば、高いレバレッジでの取引は損益の金額も大きくなるため、精神的に負担がかかる取引だからです。

まだFX(外国為替証拠金取引)に慣れていない初心者の方は、正常な判断ができず大きな損失を出す危険性があります。まずは、レバレッジ5倍~10倍程度を目安に始めてみましょう。 OANDAでは証拠金・損益シミュレーションを使って、証拠金に対してどれくらいのレバレッジがかかっているかを確認できます。

どれくらいの資金で、どのくらいのポジションを持つと、実効レバレッジはいくらになるか確認してみてください。

証拠金・損益シミュレーション


FX初心者の勉強方法


FX(外国為替証拠金取引)は、本・書籍などで勉強する方法があります。「どの本を選べば良いかわからない」というお悩みをお持ちの方も多いのではありませんか。

OANDA(オアンダ)では、FX(外国為替証拠金取引)に関する様々な良書を出版・販売している「パンローリング社」とタイアップし、初心者~上級者までの方に向けて様々なFX本を提供しています。初心者向け、中級者向け、上級者向けに分かれているので、すぐに自分にピッタリのFX本を探すことが可能です。

FX用語辞典(幻冬舎)

また、OANDA(オアンダ)の口座保有者向けに、書籍のプレゼントキャンペーンもしています。またOANDAが出版した書籍「FX用語辞典(幻冬舎)」では、より詳しくFXの用語について学ぶことができます。

OANDA(オアンダ)とパンローリング社による書籍一覧


OANDA(オアンダ)なら少額から始められ初心者向けコンテンツも満載


OANDA(オアンダ)が提供するFXサービスは、「fx Trade」「MT4」「MT5」などで取引をすることができ、取引経験によって口座を使い分けることができます。

FX(外国為替証拠金取引)の仕組みや始め方、税金(確定申告)、資金管理のやり方など、初心者向けコンテンツも満載であり、初めての方でもスムーズな取引を始めることができます。また、中級者や上級者の方向けに、OANDAオーダーブックやインジケーターなどオリジナルツールも豊富にあります。新規口座開設対象者には、様々な特典も用意しているためぜひ検討して下さい。

OANDA(オアンダ)の口座開設はこちら


本ホームページに掲載されている事項は、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資方針、投資タイミング等は、ご自身の責任において判断してください。本サービスの情報に基づいて行った取引のいかなる損失についても、当社は一切の責を負いかねますのでご了承ください。また、当社は、当該情報の正確性および完全性を保証または約束するものでなく、今後、予告なしに内容を変更または廃止する場合があります。なお、当該情報の欠落・誤謬等につきましてもその責を負いかねますのでご了承ください。

この記事をシェアする

ホーム » FX/CFD初心者の方 » FX初心者がまずやることは?始め方、やり方・失敗の防ぎ方を紹介