用語解説

OCO注文(オーシーオー注文)とは|使い方やメリット・デメリットを解説


FX取引の注文方法の1つに、OCO注文があります。

2つの予約注文を発注して、一方が約定したら、もう一方がキャンセルされる注文形態のことで、決済や新規建ての予約ができます。

本記事では、OCO注文のメリット・デメリット、よくある質問について詳しく解説していきます。

OCO注文(オーシーオー注文)とは

ここでは、OCO注文の意味や、IFD注文・IFO注文との違いを解説します。

  • ・意味
  • ・IFD注文・IFO注文との違い

意味

OCO注文とは、2つの注文を発注し、一方が約定した場合にもう一方がキャンセルされる注文のことです。

OCOとは「One Cancels the Other」の頭文字を取った略語です。

OCO注文は、決済注文または新規注文の双方で用いることができます。

例えば決済注文で用いる場合、下図のように利益確定と損切りの注文を、同時に行えます。

決済注文でのOCO注文

また、新規注文で用いる場合は、下図のように「○○円まで上がったら売り、○○円まで下がったら買い」などの注文を、同時に行えます。

(上がったら買い、下がったら売りという新規注文も可能です)

新規注文でのOCO注文

OCO注文を用いることで、相場がどのように動いても、自動で利益確定や損切り、新規ポジションの保有を行いやすくなります。

IFD注文・IFO注文との違い

OCO注文と、IFD注文(イフダン注文)、IFO注文(アイエフオー注文)の違いは「セットになる注文の種類」です。

IFD注文は「新規注文と決済注文」がセットです。

OCO注文は「決済注文と決済注文」または「新規注文と新規注文」がセットです。

これらを組み合わせたのが、IFO注文です。

IFD注文 新規注文+決済注文
OCO注文 決済注文+決済注文 (or 新規注文+新規注文)
IFO注文 新規注文+(決済注文+決済注文)

IFD注文では、下図のように「○○円になったら買い」という新規注文(A)と、「○○円になったら売り」という決済注文(B)を出します。「新規注文+決済注文」というセットです。

IFD注文

これに対してOCO注文は先に説明した通り、すでにポジションを持っている場合は、「利益確定の決済注文」と「損切りの決済注文」を同時に入れます。

一方、まだポジションを持っていない場合は「○○円で買いの新規注文」と「○○円で売りの新規注文」という2種類の新規注文を同時に出します。

このように、OCO注文は新規注文または決済注文のいずれかで、2つの注文を同時に出せることが特徴です。

以上の内容を踏まえて、IFD注文とOCO注文の違いを並べて図にすると、以下の通りです。

IFD注文とOCO注文の違い

また、IFD注文にOCO注文を掛け合わせたのがIFO注文です。

IFO注文の仕組みは、下図の通りです。

IFO注文

新規と決済をセットで注文するIFD注文と、利益確定と損切りの決済注文をセットで注文するOCO注文が掛け合わされて、IFO注文となります。

FX取引のOCO注文の使い方

ここでは、FX取引におけるOCO注文の使い方を、以下の2つに分けて解説します。

  • ・新規注文でのOCO注文
  • ・決済注文でのOCO注文

新規注文でのOCO注文

新規注文でのOCO注文は、以下のような場面で用います。

  • ・上がったら売り注文、下がったら買い注文を出す(指値注文)
  • ・下がったら売り注文、上がったら買い注文を出す(逆指値注文)

指値注文の場合の流れを図にすると、以下の通りです。

新規注文でのOCO注文

①では、現在の価格が150円で「151円まで上がったら売り、149円まで下がったら買い」の新規注文を同時に出しています。

②のように、片方が条件を満たして約定した場合、もう片方の注文はキャンセルされます。

決済注文でのOCO注文

決済注文でのOCO注文は、今保有しているポジションについて「一定の価格まで上がったら(下がったら)利益確定、下がったら(上がったら)損切りをしたい」という場面で用います。

決済注文でのOCO注文

①では、価格が150円の時点で買いの新規注文を出し、買いポジションを保有しました。

それと同時に、利益確定と損切りの注文を出しています。

「151円まで上がったら売り」という利益確定と、「149円まで下がったら売り」という損切りの注文です。

いずれも片方が約定したら、もう片方はキャンセルされます。

FX取引のOCO注文のメリット

FX取引でOCO注文を行うメリットは、以下の通りです。

  • ・利確・損切りを同時に行える
  • ・片方の注文は自動的に取り消しになる

利確・損切りを同時に行える

決済注文でOCO注文を利用した場合、利益確定と損切りの設定を同時に行えます。

例えば、1ドル150円で米ドル/円の買いポジションを持っているとして「151円まで上がったら利益確定、149円まで下がったら損切り」をしたいと考えたとします。

この場合は、下の図のように「151円で売る指値注文、149円で売る逆指値注文」を同時に入れることができます。

OCO注文

利益確定も損切りも、自分が想定したトレードシナリオ通りにコントロールできるのがポイントです。

片方の注文は自動的に取り消しになる

OCO注文では、成立しなかった片方の注文は自動的に取り消しになり、手動でキャンセルする手間はかかりません。

なお、多くのFX会社では、OCO注文の有効期限は「無期限」となっています。

「一定期間経過したら両方の注文を取り消したい」という場合は、期限を設定しましょう。

設定できる時間の区切りは、FX会社ごとに異なります。

FX取引のOCO注文のデメリット

FX取引でOCO注文を行うデメリットは以下の通りです。

  • ・スリッページが発生することがある
  • ・トレンドを逃す場合がある

スリッページが発生することがある

スリッページとは、想定とは異なる価格で約定してしまう現象のことです。

異なる価格で約定する原因は、「注文がFX会社のサーバに届くまでにわずかな時間がかかる」ためです。

スリッページ

前項では、OCO注文により希望の価格で取引できると解説しましたが、実際には約定するタイミングの相場環境によっては、予約した価格よりも良い、または悪い価格で約定する可能性があります。

予約より良い価格で約定することを「ポジティブスリッページ」、悪い価格で約定することを「ネガティブスリッページ」といいます。

このネガティブスリッページが起きた場合、想定より利益が小さくなる、損失が大きくなるということが起こります。

スリッページについてのより詳しい説明は「スリッページとは?」の記事をご覧ください。

トレンドを逃す場合がある

利益確定の指値注文は、その価格に到達すれば「希望通りの利益を確保できる」という、合理的な仕組みです。

しかし、上昇トレンドが発生している場合、利益確定をせずに保有を続ければ、さらに価格が上昇する可能性もあります。

トレンドを逃すケース

トレンドの続伸を逃したくない場合は、トレンドを追いかけるトレーリングストップという注文方法もあります。

トレーリングストップについてのより詳しい説明は「トレーリングストップとは」の記事でまとめています。

FX取引のOCO注文が発注できる取引ツール

ここでは、FX取引でOCO注文の発注を行える、以下のツールでの発注方法をそれぞれ説明します。

  • ・MT4での発注方法
  • ・MT5での発注方法

MT4での発注方法

まずはMT4を起動し、以下の手順で保有しているポジションをOCO注文に変更する画面を呼び出します。

  • ①:画面左下にある「ターミナルウィンドウ」内の「取引」タブを選択
  • ②:OCO注文に変更したいポジションを選んで右クリック
  • ③:「注文変更または取消」を選択

MT4の画面
出典:MT4

ポジションの変更画面が表示されたら、以下の手順でOCO注文を行います。

  • ①:「決済逆指値(S/L)」の欄で損切り価格を指定
  • ②:「決済指値(T/P)」の欄で利益確定の価格を指定
  • ③:注文変更ボタンをクリック

MT4の注文画面
出典:MT4

注文変更ボタンを押すと「サーバーで処理中です」というメッセージが表示された後に発注されます。

MT5での発注方法

まずはMT5を起動し、以下の手順で保有しているポジションをOCO注文に変更する画面を呼び出します。

  • ①:画面左下にある「ツールボックス」内の「取引」タブを選択
  • ②:OCO注文に変更したいポジションを選んで右クリック
  • ③:「注文変更または取消」を選択

MT5の画面
出典:MT5

ポジションの変更画面が表示されたら、以下の手順でOCO注文を行います。

  • ①:「Stop Loss」の欄で損切り価格を指定
  • ②:「Take Profit」の欄で利益確定の価格を指定
  • ③:注文変更ボタンをクリック

MT5の注文画面
出典:MT5

注文変更ボタンをクリックすると、下の画像のように「完了しました」というメッセージが出ます。

オレンジ線の部分に、損切りと利益確定の価格が書かれています。

MT5の注文画面
出典:MT5

FX取引のOCO注文に関するQ&A

OCO注文に関して、よく見られる疑問点は以下のようなものです。

  • ・OCO注文に有効期限はありますか?
  • ・OCO注文は初心者向けですか?

OCO注文に有効期限はありますか?

FX会社によってルールが異なりますが、多くの場合、OCO注文の有効期限は「無期限」となっています。

ただし、期限を設定することも可能です。

OANDA証券の場合、無期限を含めて以下の期限に設定できます。

  • 無期限、1時間から6時間までの1時間ごと、8時間、12時間、18時間、当日(1日)、翌日(2日)、1週間、1か月、2か月、3か月

ちなみに、これらは正確には「指値注文・逆指値注文」の期限です。

OCO注文は指値注文と逆指値注文の組み合わせであるため、同じ期限となります。

OANDA証券以外のFX会社でも、同様にOCO注文(指値注文・逆指値注文)の期限を選択できる場合が多いです。

OCO注文は初心者向けですか?

OCO注文の機能自体は先に解説した通り、MT4やMT5などの取引ツールで簡単に設定できるため、FX初心者の方でも活用しやすいです。

利益確定と損切りの自動設定を同時にできるOCO注文を用いれば、相場から離れてFX取引にかける時間を少なくできるため、時間に余裕がない方にも適しています。

OCO注文を含め、初心者でも簡単に利用できる注文方法は多くあります。

新規や決済の注文方法に関して、しっかり学んでからFX取引に臨みましょう。

【まとめ】OCO注文(オーシーオー注文)とは|使い方やメリット・デメリットを解説

OCO注文は、2つの注文を一度に発注し、片方の注文が約定すると、もう1つの注文が自動的にキャンセルされる注文方法です。

このOCO注文を効率的に用いることで、相場のあらゆる動きに対して、事前に設定した価格での売買が可能となります。

FXの注文方法については、OCO注文も含め、以下の動画でわかりやすく解説しています。

また、OANDA証券ではOCO注文も含めた発注の際に役立つ「OANDAオーダーブック」などのオリジナルツールを独自開発し、提供しています。

OANDA証券独自のツールに興味がある方は、以下のボタンから、口座開設をご検討ください。

口座開設ボタン

FX初心者にオススメのコンテンツ

CCI

これからFXを始める初心者の方向けに、豊富なコンテンツを提供しています。コンテンツを読み進めていくことで、初心者の方でもFXをスムーズに始めることが可能です。またOANDAの口座保有者だけが使えるOANDAオリジナルインジケーターも提供しています。是非OANDAの口座開設をご検討ください。

OANDA CFD
Twitter Youtube

Published by
OANDA Lab編集部

OANDA証券株式会社が運営する「OANDAラボ」は、FX/CFDを統計学的側面で科学するメディアです。外国為替(FX)や世界の株価指数、金や原油などの商品市場に関するマーケット情報やデータ、ニュースを提供しています。
会社名:OANDA証券株式会社
所在地:東京都千代田区平河町1-3-13 CIRCLES平河町 10階
加入協会:一般社団法人金融先物取引業協会 / 日本証券業協会 / 日本商品先物取引業協会 / 日本投資者保護基金
登録番号:第一種 金融商品取引業 関東財務局長 (金商) 第2137号
問い合わせ先:お問い合わせフォームから


本ホームページに掲載されている事項は、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資方針、投資タイミング等は、ご自身の責任において判断してください。本サービスの情報に基づいて行った取引のいかなる損失についても、当社は一切の責を負いかねますのでご了承ください。また、当社は、当該情報の正確性および完全性を保証または約束するものでなく、今後、予告なしに内容を変更または廃止する場合があります。なお、当該情報の欠落・誤謬等につきましてもその責を負いかねますのでご了承ください。

この記事をシェアする

ホーム » 用語解説登録 » OCO注文(オーシーオー注文)とは|使い方やメリット・デメリットを解説