用語解説

スリッページとは?

FX(外国為替証拠金取引)/CFD(差金決済取引)のスリッページとは、注文発注から約定するまでに生じる価格のズレです。FX市場は1秒にも満たない速さで為替レートが変動しているので、注文から約定するまでの一瞬でも価格のズレが発生することもあります。

例えばパソコンやスマホの画面で見ていたドル円(USD/JPY)の価格が110.100だったとします。「買い」注文を出そうとボタンを押すと、その買い注文の信号はインターネットを通じてFX会社へ到達します。瞬きにも満たないこの時間に、為替レートは110.110に変わっており、画面で見ていた「110.100」より「0.10」高い「110.110」で約定しました。この「0.10」が価格のズレ、つまりスリッページです。

画像1/スリッページ

スリッページ

上記の例では「110.100」より「0.10」高い「110.110」で約定しており、買いたいと思った価格より高い価格で約定しているので、投資家にとっては不利なスリッページが発生したことになります。また逆のケースもあり、有利な価格で約定する場合もあります。有利な価格で約定すれば良いのですが、不利な場合で約定すると意図しないコストを支払うことになります。


本ホームページに掲載されている事項は、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資方針、投資タイミング等は、ご自身の責任において判断してください。本サービスの情報に基づいて行った取引のいかなる損失についても、当社は一切の責を負いかねますのでご了承ください。また、当社は、当該情報の正確性および完全性を保証または約束するものでなく、今後、予告なしに内容を変更または廃止する場合があります。なお、当該情報の欠落・誤謬等につきましてもその責を負いかねますのでご了承ください。

この記事をシェアする

ホーム » 用語解説登録 » スリッページとは?