用語解説

pips(ピップス)とは|FXの最小単位の基礎知識・計算方法・表示方法を解説


pipsはFX取引の為替レートを表す最小単位です。

FX取引のさまざまな場面で用いる知識、用語であるため、必ず理解しておくべき単語です。

pipsは、「値動きの大きさ」や「スプレッドの大きさ」などを表す際に使用され、異なる通貨間でも共通の変動幅を表現できます。

一般的に、日本円が絡む通貨ペアの場合、小数点第2位(0.01円=1銭)を指します。

一方、日本円以外の外貨同士の通貨ペアの場合は、小数点第4位を指します。

pipsを活用することで、トレードの損益を簡単に計算でき、またトレードの分析にも役立ちます。

そこで本記事では、pipsの概要や計算方法、表示方法などを解説していきます。

pips(ピップス)とは?

まずpipsとは何か、言葉の意味や用途(使い道・使い方)を解説します。

意味

pip(ピップ)とは、為替レートの共通単位を表す用語です。「percentage in point」の略字で、そのpipを複数形にしたのがpips(ピップス)です。

かつては、米ドル/円やクロス円は小数点第2位(0.01円=1銭)が最小単位でした。

1銭単位で価格が動いていたため、その慣習で今でも1銭を1pipと呼ぶことがあります。

一方、円が絡まない外貨同士の通貨ペアのほとんどは、小数点第4位が最小単位であったため、0.0001が1pipです。

ただし、現在では1pipの10分の1(0.1pip)を最小単位とするのが一般的です。

pipsの説明

なお、FX会社によっては、1pip=0.001円(0.1銭)と定義しているところもあります。また、通貨ペアによっても定義が異なる場合があります。

取引する前には、1pipがいくらを指すのか、定義を確認しておくと良いでしょう。

用途

pipsの用途(使い道・使い方)は、主に以下の通りです。

  • ・「値動きの大きさ」を表す
  • ・「スプレッドの大きさ」を表す
  • ・「自分のトレード結果」を表す

pipsという共通単位は、さまざまな通貨が登場するFXにおいて非常に便利です。

「米ドル/円が1銭上がった」「ユーロ/米ドルが0.001ドル上がった」「ポンド/豪ドルが0.001豪ドル上がった」というのでは値幅が比較しづらいですが、pipsを用いることでその課題が解決されます。

スプレッドの表現も同じです。共通単位のpipsが用いられることで、スプレッドの狭さが比較しやすくなります。

スプレッドとは何か知らない人は、こちらの記事で詳しく解説しているので、この記事と一緒に読んでみましょう。

また、トレード結果をpipsで管理することで、金額の管理とは別の視点で成績を振り返ることができます。1回のトレードを金額で評価するのではなく、獲得pipsで評価することにより、自分のトレードの分析ができます。

計算方法

pipsから、トレードの損益を簡単に計算することができます。

計算式

トレードの損益は、値幅(獲得pips)と取引数量を掛けることで求められます。

【円絡みの通貨ペアの場合】 損益=獲得pips×取引数量×0.01

【外貨同士の通貨ペアの場合】 損益=獲得pips×取引数量×0.0001

損益の計算例

米ドル/円のような円絡みの通貨ペアの場合に、1,000通貨または10,000通貨で、どれくらいの値幅を稼ぐと、いくらの損益になるのかについて下表にまとめました。

1,000通貨 10,000通貨
1pips 10円 100円
10pips 100円 1,000円
100pips 1,000円 10,000円
1,000pips 10,000円 100,000円

ちなみに、目安として「1万通貨取引で、1円の値幅を稼ぐと、1万円の利益」と覚えておくのも良いでしょう。

MT4/MT5で損益をpipsで表示する方法

MT4/MT5のデフォルト設定では、ポジションを保有すると損益額で表示されるのが一般的です。

しかし、設定によってpips表示に変更することが可能です。

ここでは、MT4/MT5で損益をpips表示にする方法を紹介します。

MT4で損益をpipisで表示する方法

MT4でポジションを保有すると、損益額で表示されるのが一般的です。

MT4で損益をpipisで表示する方法

出典:MT4

損益額をpipsで表示するには、損益額の部分で右クリックをし、「損益表示形式」→「ポイントで表示」を選択します。

MT4で損益をpipisで表示する方法

出典:MT4

損益がpipsで表示されれば完了です。

MT5で損益をpipisで表示する方法

MT5も、MT4と同様にポジションを保有すると、損益額で表示されるのが一般的です。

MT5で損益をpipisで表示する方法

出典:MT5

損益額をpipsで表示するには、損益額の部分で右クリックをし、「損益」→「ポイント」を選択します。

MT5で損益をpipisで表示する方法

出典:MT5

損益がpipsで表示されれば完了です。

pips(ピップス)を利用する際の注意点

pipsを利用する際の注意点をまとめると、以下の通りです。

  • ・pips幅で損切りを決めない
  • ・pointと同じ単位ではない

それぞれの注意点を詳しく解説していきます。

pips幅で損切りを決めない

一定のpips幅で損切りするルールに固定すると、取引数量によって損切り金額が変動します。これでは損切りのコントロールをしていることにはなりません。

損切りは、金額で決めるのが王道です。自分で受け入れる損失額を決め、その損失額に相当する取引数量と損切りのpips幅を調整します。

例えば、1回の取引で10,000円の損切り金額に抑えたい場合は、「10,000通貨取引なら100pipsの損切り幅」「50,000通貨取引なら20pipの損切り幅」となります。

このように、初心者は1回の取引で許容できる損失額を決めてから、損切り幅を設定すると良いでしょう。

損切りついて紹介している記事もあるので、詳しく知りたい人はこの記事と合わせて読んでみましょう。

pointと同じ単位ではない

pipsとは異なる単位を表すpoint(ポイント)があります。

MT4の内部では、最小単位はpointで表されます。円絡みの通貨ペアの場合は小数点第3位、外貨同士の通貨ペアの場合は小数点第5位がpointです(FX会社や通貨ペアによって例外もあります)。

pointと同じ単位ではない

出典:MT4

pips(ピップス)に関するQ&A

pipsに関してよく見られる疑問点は以下のようなものです。

  • ・1円は何pipsですか?
  • ・10pipsはいくらですか?

それぞれの疑問点にお答えしていきます。

1円は何pipsですか?

1円が何pipsかは、FX会社と通貨ペアによって異なります。

例えば、OANDAでは以下のような円絡みの通貨ペアは、全て「1円=100pips」です。

  • ・USD/JPY(米ドル/円)
  • ・EUR/JPY(ユーロ/円)
  • ・GBP/JPY(英ポンド/円)
  • ・AUD/JPY(豪ドル/円)
  • ・NZD/JPY(NZドル/円)
  • ・CAD/JPY(カナダドル/円)
  • ・CHF/JPY(スイスフラン/円)
  • ・TRY/JPY(トルコリラ/円)
  • ・ZAR/JPY(南アフリカランド/円)

10pipsはいくらですか?

10pipsがいくらかは、「FX会社によって変わる」「通貨ペアによって変わる」ものです。

一般的には、日本のFX会社で円絡みの通貨ペアは、「10pips=0.1円」です。

一方、ドルストレートの通貨ペアは、「10pips=0.001ドル」です。

【まとめ】pipsとは|FXの最小単位の基礎知識・計算方法・表示方法を解説

pipsは、為替レートやスプレッドを表す共通単位です。

円絡みの通貨ペアでは小数点第2位、外貨同士の通貨ペアでは小数点第4位を指すのが一般的です。

トレードの損益は、pipsと取引数量の掛け算によって求められます。

また、トレードの損切りを設定する際には、損失額を決めてからpips幅と取引数量を決める方法が推奨されます。


本ホームページに掲載されている事項は、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資方針、投資タイミング等は、ご自身の責任において判断してください。本サービスの情報に基づいて行った取引のいかなる損失についても、当社は一切の責を負いかねますのでご了承ください。また、当社は、当該情報の正確性および完全性を保証または約束するものでなく、今後、予告なしに内容を変更または廃止する場合があります。なお、当該情報の欠落・誤謬等につきましてもその責を負いかねますのでご了承ください。

この記事をシェアする

ホーム » 用語解説登録 » pips(ピップス)とは|FXの最小単位の基礎知識・計算方法・表示方法を解説