FX初心者の方

FXのやり方・始め方を初心者の方向けに5つの手順で徹底解説


FXのやり方・始め方


FXと聞くと難しそうや敷居が高いイメージをお持ちの方も多いのではありませんか?興味はあるけどなかなか始められない方も多いでしょう。しかしFXを始めること自体はそれほど難しくありません。本記事では初心者の方でも実践できるように、5つの手順に分けて詳しく紹介します。

画像1/FXのやり方・始め方の流れ

FXのやり方・始め方

【FXのやり方・始め方①】FXの取引口座を開設する


FXを始めるには、まず取引口座を開設します。OANDAで口座開設をするやり方は、以下の通りです。

画像2/FXの口座開設の流れ

FXの口座開設の流れ

STEP1:OANDAのWebサイトにある口座開設フォームから申し込む


OANDAのWebサイトへアクセスし、口座開設フォームから必要事項を入力します。主に、氏名・生年月日・住所・メールアドレスなど基本的な情報を入力します。財務情報や投資に関する質問などもあるので、正しく入力してください。

また虚偽の申告をしそれが発覚した場合、口座の凍結や口座開設ができない場合もあります。情報の入力後は、何度も見直しをし間違いがないかを確認してください。


STEP2:口座開設に必要なものを用意し提出する


基本情報の入力が完了したら、口座開設に必要な本人確認書類を提出します。本人確認書類として認められるものは、こちらからご確認ください。OANDAでは本人確認書類の提出方法が、以下2通りあります。


オンライン本人認証で本人確認書類を提出する場合


オンライン本人認証で本人確認書類を提出する場合は、以下の組み合わせです。

  • マイナンバー付き住民票を提出の方は免許証
  • 個人番号カード(表と裏)
  • 通知カードをご提出の方は免許証

アップロードや郵送で本人確認書類を提出する場合


アップロードや郵送で本人確認書類を提出する場合は、以下の組み合わせです。

  • マイナンバー付き住民票を提出の方は本人確認書類または補完書類(どちらか1点)
  • 個人番号カードを提出の方は本人確認書類または補完書類(どちらか1点)
  • 通知カードをご提出の方は本人確認書類を2点または本人確認書類1点と補完書類1点

オンライン本人認証の場合、最短当日で口座開設が可能です。アップロードや郵送の場合、審査結果を転送不要簡易書留で審査結果を送付します。受け取り次第、口座開設が完了です。

以下コンテンツではFXの口座開設のやり方を詳しく紹介しています。ぜひご参考ください。

FXの口座開設に関する詳しい情報はこちら


【FXのやり方・始め方②】FXの取引口座に証拠金を入金する


FXの取引口座を開設したら、次に証拠金を入金します。OANDAで証拠金を入金する方法は、以下の通りです。


ダイレクト入金


ダイレクト入金は取引画面に即時反映され、原則24時間手数料無料で利用できる入金方法です。

  • 三菱UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • 三井住友銀行
  • 楽天銀行
  • PayPay銀行
  • ゆうちょ銀行
  • 住信SBIネット銀行

上記のいずれかから、インターネットバンキングで利用できます。

またインターネットバンキングの終了時に、「加盟店に戻る」や「戻る」ボタンを選択しないとリアルタイムで反映されないことがあります。この場合は通常入金扱いとなってしまうので、十分に注意して下さい。


通常入金


通常入金は全国の金融機関窓口、ATMから振込をする入金方法です。三菱UFJ銀行・みずほ銀行・三井住友銀行・ゆうちょ銀行のいずれかから振込ができます。振込手数料は、お客様負担です。

入金先の口座情情報に関しては、口座開設時にお送りする書類、またはログイン後の取引画面にて確認できます。また1日の入金確認時間は、9時・12時・15時・20時(平日のみ)です。


【FXのやり方・始め方③】取引する通貨ペアを決める


証拠金を入金したら、実際に取引を始めます。FXは通貨を取引する投資方法のため、通貨ペアというものを決めます。通貨ペアとは、2ヵ国間の通貨を組み合わせたものです。例えば米ドル/円(USD/JPY)やユーロ/米ドル(EUR/USD)などがあります。


初心者は米ドル/円(USD/JPY)から始めよう


FXには様々な通貨ペアがあるので、どの通貨ペアで取引をすれば良いか迷う傾向があります。初心者の方はまず、米ドル/円から取引を始めましょう。金融先物取引業協会の店頭FX月次速報によると、米ドル円の取引金額は370,128,344 円(2021年4月のデータ)であり世界第1位の取引量を誇ります。

取引量が多ければ、値動きが安定しやすい通貨ペアといえます。価格の急騰急落リスクが少ない通貨ペアのため、初心者の方はまず米ドル/円から取引を始めましょう。

FXのおすすめ通貨ペアに関する詳しい情報はこちら


OANDAの通貨ペア一覧


OANDAでは様々な通貨ペアを提供しています。東京サーバーやNYサーバーによって取引できる通貨ペアが異なるので、詳しくはこちらからご確認ください。

OANDAの通貨ペア一覧はこちら


【FXのやり方・始め方④】相場分析の方法を覚える


取引する通貨ペアを決めたら、次に相場分析をします。FXは上がるか下がるかを分析する投資ですが、値ごろ感で取引をしても長期的に利益を得ることはできません。長期的に利益を得るのであれば、相場分析を覚える必要があります。FXの相場分析方法は、以下の2つです。


テクニカル分析


テクニカル分析は、過去の価格推移を分析し将来の価格推移を予測する分析方法です。価格という一つの情報のみで分析をするので、手軽にでき多くのトレーダーが利用します。

画像1/テクニカル分析をチャート上に表示させた画像

テクニカル分析

テクニカル分析には、様々なインジケーターがあります。以下で、初心者の方でも使いやすい3つのインジケーターを紹介します。


移動平均線


移動平均線は一定期間の終値を平均し、チャート上に曲線で描画するインジケーターです。

画像2/移動平均線のイメージ画像

移動平均線

画像2を見ていただくとわかる通り、シンプルなインジケーターです。使い方もシンプルであり、移動平均線が上向きなら買い目線、下向きなら売り目線と判断します。見方や使い方もシンプルであり、多くの投資家から人気を集めているインジケーターです。

移動平均線に関する情報はこちら


ボリンジャーバンド


ボリンジャーバンドは移動平均線を中心とし、その上下には統計学で計算された標準偏差というものを表示するインジケーターです。

画像3/ボリンジャーバンドのイメージ画像

ボリンジャーバンド

一般的な使い方は、トレンドの強弱を分析することです。例えば標準偏差が拡大していれば値動きが活発に動く傾向にあります。逆に収縮していれば値動きがあまり動かない傾向にあります。移動平均線と同様に使い方もシンプルなため、多くの投資から人気を集めているインジケーターです。

ボリンジャーバンドに関する情報はこちら


MACD


MACDはMACDとシグナルという2本の線を用いて、チャート上に表示するインジケーターです。

画像4/MACDのイメージ画像

MACD

一般的な使い方は、トレンドの転換を予測するのに利用します。例えばMACDがシグナルを下から上にクロスするゴールデンクロスが発生したら、買いのタイミングといえます。逆にMACDがシグナルを上から下にクロスするデッドクロスが発生したら、売りのタイミングです。

MACDに関する情報はこちら

初心者に使いやすいインジケーターを紹介しましたが、FXには様々なインジケーターが存在します。OANDAでは様々なインジケーターの使い方について詳しく紹介しています。その他のインジケーターについて詳しく知りたい方は以下より御覧ください。

テクニカル分析に関する情報はこちら


ファンダメンタルズ分析


ファンダメンタルズ分析は、政治・経済などその国の通貨に影響するあらゆる事象を材料に相場を分析します。各国では政策金利や雇用統計などといった経済指標が発表され、それらの要因から相場を予測します。

投資国の政治や経済情勢などを詳しく知る必要があるので、テクニカル分析と比べ多くの情報量が必要になる分析方法です。初心者の方はテクニカル分析から覚え、慣れてきたらファンダメンタルズ分析を覚えるようにしましょう。

ファンダメンタルズ分析に関する情報はこちら


【FXのやり方・始め方⑤】取引の開始


取引する通貨ペアの相場分析が完了したら、実際に取引を始めます。FXには様々な注文方法があります。まずは基本的な3つの注文方法を紹介するので、必ず覚えてください。

  • 成行注文
  • 指値注文
  • 逆指値注文(ストップ注文)

成行注文


成行注文は現在の価格で約定させる注文方法です。今すぐに取引をしたいという場面で使います。

画像5/成行注文

成行注文

成行注文の詳しい情報はこちら


指値注文


指値注文は将来の価格を指定し、現在の価格よりも有利な価格で約定させる注文方法です。予約注文みたいなものであり、あまりチャートを見れない方でも自分の好きな価格で約定させられる便利な注文方法といえます。ただし為替レートが指定した価格まで来なければ、約定しないというデメリットもあります。

画像6/指値注文

指値注文

指値注文の詳しい情報はこちら


逆指値注文(ストップ注文)


逆指値注文は別名「ストップ注文」とも呼びます。将来の価格を指定し、現在の価格よりも不利な価格で約定させる注文方法です。一般的に損切りを設定する際に使います。

あらかじめ価格を設定しておけば、為替レートが指定した価格に到達したときに自動で損切りされます。損切りができず大きな損失をだすことはよくある失敗の一つなので、ぜひ覚えておきたい注文方法です。

画像6/逆指値注文(ストップ注文)

逆指値注文

逆指値注文の詳しい情報はこちら


FX初心者が失敗を防ぐ取引のやり方


FXの取引自体はすぐに始められます。しかしFXで長期的な利益を得ていくためには、取引のやり方だけを覚えただけでは難しいです。ここではFX初心者が失敗を防ぐために、覚えておきたいことや取引のやり方などについて詳しく紹介します。


FXの基本用語を覚える


FXには様々な専門用語が存在します。スムーズな取引を始めるためにも、まずは以下5つの基本的な専門用語を覚えましょう。

                                                                               
基本用語 意味
レバレッジ預けた証拠金の何倍も大きな取引ができる仕組みのこと。

レバレッジの詳しい情報はこちら
スプレッド売値と買値の差であり、一般的に取引手数料みたいなもの。

スプレッドの詳しい情報はこちら
スワップポイント2ヵ国間の金利差のことであり、キャリートレードをすればほぼ毎日スワップポイントが受け取れる。

スワップポイントの詳しい情報はこちら
ロスカット有効証拠金必要証拠金を割り込んだ場合、強制的に保有しているポジションが決済される仕組みのこと。

ロスカットの詳しい情報はこちら
スリッページ注文から約定するまでに生じる価格のズレのこと。

スリッページの詳しい情報はこちら
ストップロス(損切り)損失を確定させる行為のこと。

ストップロスの詳しい情報はこちら

取引スタイルを決める


FXを無理なく長期的に続けるには、自分の生活スタイルに合った取引スタイルを決めることが大切です。ここでは代表的な取引スタイルを3つ紹介します。


スキャルピング


スキャルピングは、1回の取引を数秒から数分という短期間で完了させる取引スタイルです。1日に何度も取引を行い、コツコツと利益を積み重ねます。取引が成功すれば、資金効率が良い取引スタイルです。ただし瞬時の判断力や決断力が必要であり、ある程度相場経験が必要な取引スタイルといえます。

スキャルピングの詳しい情報はこちら


デイトレード


デイトレードは、1回の取引をその日のうちに完了させる取引スタイルです。スキャルピングは1日に何度も取引を繰り返しますが、デイトレードは1日に数回程度といえます。どちらも資金効率の良い取引スタイルですが、デイトレードのほうがゆったりと取引できます。

デイトレードの詳しい情報はこちら


スイングトレード


スイングトレードは、1回の取引を数日から数週間という長期間で完了させる取引スタイルです。スキャルピングやデイトレードのように取引機会はそれほど多くなく、精神的にも負担が少ない取引スタイルです。ただし資金効率でいえば、スキャルピングやデイトレードのほうが高いといえます。

スイングトレードの詳しい情報はこちら


値動きが活発に動きやすい時間帯で取引する


FXは原則、平日の24時間取引が可能です。いつでも取引機会があるという点ではメリットといえます。しかしFX市場はいつでも活発に動いているわけではありません。活発に動きやすい時間帯もあれば、動きづらい時間帯も存在します。

値動きが動きづらい時間帯での取引をしても、思うような取引ができず思わぬ損失を出してしまうかもしれません。まずは値動きが活発に動きやすい時間帯を覚え、その時間帯での取引を検討してください。

値動きが活発になりやすい時間帯や動きづらい時間帯などは、以下の記事で詳しく紹介しています。ぜひ、御覧ください。

FXの取引時間について詳しい情報はこちら


損切りを必ず設定する


FX初心者によくある失敗例として、損切りができず大きな損失を出すことがあります。例えば連敗し損失を取り返したいという思いから、含み損のポジションを持ちこし結果的に強制ロスカットになるケースです。

FXで勝率100%はなく、どんな投資家でも必ず損失を出します。言い換えれば損失をコントロールすることが、FXで長期的な利益を得ていく秘訣とも言えます。損切りの設定方法や具体的なやり方は、以下の記事を御覧ください。

損切りの詳しい情報はこちら


FX初心者は少額から始める


「FXはいくらから始められるの?」という疑問をお持ちの方も多いと思います。OANDAが提供する「fx Trade」なら、約4円という少額から取引を始めることが可能です。

投資の世界ではハイリスクハイリターンという言葉があります。4円という少額から始めても大きなリターンを得ることは難しいといえます。しかし初心者の方は、利益を出すよりもまずはFXに慣れることが大切です。

万が一大きな資金で取引し損失を出せば、FXを続けられなくなるリスクも生じます。FXで利益を得るためには続けることも大切なので、初心者の方は少額から取引を始めましょう。

OANDAの口座開設はこちら

FX初心者にオススメのコンテンツ

CCI

これからFXを始める初心者の方向けに、豊富なコンテンツを提供しています。コンテンツを読み進めていくことで、初心者の方でもFXをスムーズに始めることが可能です。またOANDAの口座保有者だけが使えるOANDAオリジナルインジケーターも提供しています。是非OANDAの口座開設をご検討ください。


本ホームページに掲載されている事項は、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資方針、投資タイミング等は、ご自身の責任において判断してください。本サービスの情報に基づいて行った取引のいかなる損失についても、当社は一切の責を負いかねますのでご了承ください。また、当社は、当該情報の正確性および完全性を保証または約束するものでなく、今後、予告なしに内容を変更または廃止する場合があります。なお、当該情報の欠落・誤謬等につきましてもその責を負いかねますのでご了承ください。

この記事をシェアする

ホーム » FX/CFD初心者の方 » FXのやり方・始め方を初心者の方向けに5つの手順で徹底解説