FX初心者の方

テクニカル分析とは?FX/CFDにおける言葉の意味や種類、手法を紹介


テクニカル分析とは?


FX(外国為替証拠金)/CFD(差金決済取引)のチャート分析方法には、テクニカル分析とファンダメンタルズ分析の2種類があります。FX/CFDで長期的に利益が得られるような投資家を目指すのであれば、チャートの分析方法を覚えることは必須です。本記事ではテクニカル分析にフォーカスを当てて、言葉の意味や種類、取引手法、ファンダメンタルズ分析との違いなどについて詳しく紹介します。


FX/CFDにおけるテクニカル分析の意味


FX/CFDにおけるテクニカル分析とは、過去の価格推移を分析し将来の価格推移を予測するチャート分析方法です。価格という一つの情報を分析するので、手軽に行え多くの投資家から利用されております。

画像1/テクニカル分析を用いてチャート分析をしているイメージ画像

テクニカル分析を用いてチャート分析をしているイメージ画像

テクニカル分析は、以下3つの前提を掲げております。

【1.市場の値動きは全て織り込む】

これは市場の値動きというものは相場参加者全ての意向が反映されているという考え方です。FX/CFD市場では各国中央銀行の動向・政治・経済などの様々な状況を相場参加者が判断した結果、どのような取引をしたかの経緯が価格には反映されており、最終成果物である価格の動きを見ると、FX/CFD市場の状況を把握することができるというものであります。

【2.価格の動きはトレンドを形成する】

これは価格の動きはランダムに動いているように見えるが、上昇トレンドや下落トレンド、横ばいの動きを繰り返していることが多いので、このトレンドがどのような状況であるかを考えるということがテクニカル分析を行う上では重要になってきます。

【3.歴史は繰り返す】

価格の動きは市場参加者の心理を反映しているものであり、過去にも幾度と同じような値動きのパターンが発生しており、今後も発生する可能性が高いという考え方です。人間の欲望に対する心理は時代が変わっても共通する部分が多く、今後もチャートには同じようなパターンが現れる可能性も高いため、テクニカル分析では過去に出現したパターンや新たなパターンを探していきます。

テクニカル分析では上記3つの前提を踏まえてチャート分析を行います。


テクニカル分析とファンダメンタルズ分析の違い


テクニカル分析は価格のデータを元に分析するのに対し、ファンダメンタルズ分析は政治、経済などその国の通貨に与えるあらゆる事象を材料にチャート分析を行います。例えば政策金利や雇用統計、GDPなどがあり、これらの要因から相場を予測します。

テクニカル分析と比べると多くの情報量が必要であり、政策金利や雇用統計などを詳しく理解しておく必要があるので、初心者の方にはやや難しい分析方法です。基本的な見方さえ覚えてしまえばチャート分析が可能なテクニカル分析が、初心者には向いている相場分析方法といえます。


テクニカル分析の種類・一覧


テクニカル分析はトレンド系とオシレーター系、出来高系というジャンルに分けられます。それぞれの意味や使い方などを詳しく紹介します。


トレンド系


トレンド系のテクニカル分析は、トレンドの発生や転換など相場の方向性を分析する使い方が一般的です。例えば相場の状況がレンジ相場の場合に、トレンドの発生を予測することができます。ここではFX/CFDで使われているトレンド系のインジケーターを一部紹介します。


移動平均線


移動平均線は一定期間の価格を平均し、線で結びグラフ化したインジケーターです。

画像2/移動平均線

移動平均線

画像2は移動平均線を表示したチャートです。価格が上昇すると移動平均線も同様に上昇し、価格の上昇が収まると移動平均線の向きや角度も滑らかになっていることが分かります。このように移動平均線は向きや角度から現在の相場状況を一目で判断することができます。

OANDAでは長く為替トレーディングの第一線で活躍されてきた山中康司(やまなかやすじ)氏監修による、移動平均線の使用方法やトレーディングアイデアなどをご紹介しているので、是非ご参考にしてほしいです。

移動平均線の基本的な見方・使い方、トレーディングアイデアを紹介を読む


ボリンジャーバンド


ボリンジャーバンドは移動平均線を中心とし、その上下に標準偏差をバンド上に描画し相場分析を行うインジケーターです。

画像3/ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンド

画像3はボリンジャーバンドを表示させたチャートです。価格が上昇するとバンドが拡大(エクスパンション)し、落ち着くとバンドが収縮(スクイーズ)していることが分かります。このようにボリンジャーバンドはバンドの拡大や収縮から、トレンドの方向性を分析することができます。

OANDAでは長く為替トレーディングの第一線で活躍されてきた山中康司(やまなかやすじ)氏監修による、ボリンジャーバンドの使用方法やトレーディングアイデアなどをご紹介しているので、是非ご参考にしてほしいです。

ボリンジャーバンドの基本的な見方、使い方、トレーディングアイデアを紹介を読む


DMI,ADX


DMIは上昇の強さを表す「+DI」、下降の強さを表す「-DI」、トレンドの強さを表す「ADX」という3つのラインが表示され、それらを元に相場分析を行うインジケーターです。

画像4/DMI

DMI

画像4はDMIを表示させたチャートです。価格が上昇すると「+DI」・「ADX」が上昇していることが分かります。反対に価格が下落すると、「-DI」と「ADX」が上昇します。このようにDMIは「+DI」、「-DI」、「ADX」という3つのラインから、トレンドの方向性を分析することが可能です。

OANDAでは長く為替トレーディングの第一線で活躍されてきた山中康司(やまなかやすじ)氏監修による、DMIの使用方法やトレーディングアイデアなどをご紹介しているので、是非ご参考にしてほしいです。

DMIとADXの基本的な見方、使い方、トレーディングアイデアを紹介を読む


一目均衡表


一目均衡表は転換線・基準線・先行スパン1・先行スパン2・遅行線という5本のラインが表示され、それらを元に相場分析を行うインジケーターです。

画像5/一目均衡表

一目均衡表

画像5は一目均衡表を表示させたチャートです。一見すると複雑そうに見えますが、使い方はシンプルです。雲よりも価格が上にあれば上昇目線、下にあれば下降目線と相場を分析します。基本的には雲を使いますが、ほかの線を使い様々な取引手法もあります。詳しくはこちらを御覧ください。

一目均衡表についてはこちら


オシレーター系


オシレーター系のテクニカル分析は、トレンドの強弱を分析する使い方が一般的です。例えば相場が上昇トレンドを形成している場合、トレンドが転換し下落するタイミングを予測することができます。ここではFX/CFDで使われているオシレーター系のインジケーターを一部紹介します。


MACD


MACDは「MACD」、「シグナル」という2つのラインが表示され、それらを元に相場分析を行うインジケーターです。

画像6/MACD

MACD

画像6はMACDを表示させたチャートです。MACDがシグナルを下から上に突き抜ける現象をゴールデンクロスと呼び、買いサインと判断します。反対にMACDがシグナルを上から下に突き抜ける現象をデッドクロスと呼び、売りサインと判断します。ゴールデンクロスが発生すれば買い、デッドクロスが発生すれば売りと戦略を立てることが可能です。

OANDAでは長く為替トレーディングの第一線で活躍されてきた山中康司(やまなかやすじ)氏監修による、MACDの使用方法やトレーディングアイデアなどをご紹介しているので、是非ご参考にしてほしいです。

MACDの基本的な見方、使い方、トレーディングアイデアを紹介を読む


RSI


RSIは0%~100%の中にラインが表示され、それらを元に相場分析を行うインジケーターです。

画像7/RSI

RSI

画像7はRSIを表示させたチャートです。70%以上は買われすぎゾーンで、30%以下は売られすぎゾーンと判断します。そのためRSIが70%以上なら売り、30%以下なら買いと戦略を立てることができます。

OANDAでは長く為替トレーディングの第一線で活躍されてきた山中康司(やまなかやすじ)氏監修による、RSIの使用方法やトレーディングアイデアなどをご紹介しているので、是非ご参考にしてほしいです。

RSIの基本的な見方、使い方、トレーディングアイデアを紹介を読む


RCI


RCIは±100%の中にラインが表示され、それらを元に相場分析を行うインジケーターです。

画像8/RCI

RCI

画像8はRCIを表示させたチャートです。RCIは価格の推移に沿って動きやす特長があります。そのためRCIが+100%付近で推移し下がってくれば売り、-100%付近で推移し上がってくれば買いという戦略を立てることができます。

OANDAでは長く為替トレーディングの第一線で活躍されてきた山中康司(やまなかやすじ)氏監修による、RCIの使用方法やトレーディングアイデアなどをご紹介しているので、是非ご参考にしてほしいです。

RCIの基本的な見方、使い方、トレーディングアイデアを紹介を読む


CCI


多くのオシレーター系インジケーターは±100や0%~100%の中でラインが表示され相場分析をしますが、CCIは上限や下限がなく+100%と-100%を水準とし相場分析を行います。

画像9/CCI

CCI

画像9はCCIを表示させたチャートです。CCIでは+100%を抜ければ買い、-100%を抜ければ売りと戦略を立てることができます。オシレーター系インジケーターですが、トレンドフォローを分析することが得意なインジケーターです。

OANDAでは長く為替トレーディングの第一線で活躍されてきた山中康司(やまなかやすじ)氏監修による、CCIの使用方法やトレーディングアイデアなどをご紹介しているので、是非ご参考にしてほしいです。

CCIの基本的な見方、使い方、トレーディングアイデアを紹介を読む


ストキャスティクス


ストキャスティクスは「%K」と「%D」という2本のラインが表示され、それらを元に相場分析を行うインジケーターです。

画像10/ストキャスティクス

ストキャスティクス

画像10はストキャスティクスを表示させたチャートです。ストキャスティクスが80%以上で推移している場合は買われすぎ、20%以下で推移している場合は売られすぎと判断します。80%以上で推移している時にデッドクロスが発生すれば売り、20%以下で推移している時にゴールデンクロスが発生すれば買いと戦略を立てることが可能です。

OANDAでは長く為替トレーディングの第一線で活躍されてきた山中康司(やまなかやすじ)氏監修による、ストキャスティクスの使用方法やトレーディングアイデアなどをご紹介しているので、是非ご参考にしてほしいです。

ストキャスティクスの基本的な見方、使い方、トレーディングアイデアを紹介を読む


サイコロジカルライン


サイコロジカルラインは0~100%の間でラインが表示され、それらを元に相場分析を行うインジケーターです。

画像11/サイコロジカルライン

サイコロジカルライン

画像11はサイコロジカルラインを表示したチャートです。ラインが75%以上で推移していれば買われすぎ、25%以下で推移していれば売られすぎと判断します。そのため75%以上では買い、25%以下では売りという戦略を立てることが可能です。

OANDAでは長く為替トレーディングの第一線で活躍されてきた山中康司(やまなかやすじ)氏監修による、サイコロジカルラインの使用方法やトレーディングアイデアなどをご紹介しているので、是非ご参考にしてほしいです。

サイコロジカルラインの基本的な見方、使い方、トレーディングアイデアを紹介を読む


ウィリアムズ%R


ウィリアムズ%Rは-20%と-80%の間でラインが表示され、それらを元に相場分析を行うインジケーターです。

画像12/ウィリアムズ%R

ウィリアムズ%R

画像12はウィリアムズ%Rを表示させたチャートです。ラインが-20%以上なら買われすぎ、-80%以下なら売られすぎと判断します。そのため-20%以上では売り、-80%以下では買いという戦略を立てることが可能です。

OANDAでは長く為替トレーディングの第一線で活躍されてきた山中康司(やまなかやすじ)氏監修による、ウィリアムズ%Rの使用方法やトレーディングアイデアなどをご紹介しているので、是非ご参考にしてほしいです。

ウィリアムズ%Rの基本的な見方、使い方、トレーディングアイデアを紹介を読む


モメンタム


モメンタムは0%を中心とし、その上下にラインを表示して相場分析を行うインジケーターです。

画像13/モメンタム

モメンタム

画像13はモメンタムを表示したチャートです。0%よりもラインが上にあれば上昇が強く、0%よりもラインが下にあれば下落が強いと判断します。そのため0%よりもラインが上にあれば買い、0%よりもラインが下にあれば売りという戦略を立てることが可能です。

OANDAでは長く為替トレーディングの第一線で活躍されてきた山中康司(やまなかやすじ)氏監修による、モメンタムの使用方法やトレーディングアイデアなどをご紹介しているので、是非ご参考にしてほしいです。

モメンタムの基本的な見方、使い方、トレーディングアイデアを紹介を読む


出来高系


FX/CFDに関するテクニカル分析のジャンルはトレンド系とオシレーター系が一般的ですが、更に分類すると出来高系というジャンルも存在します。出来高系は主に株式市場や商品先物市場でよく使われておりますが、FX/CFDでも利用することが可能です。

ここでは詳しく紹介しませんが、OANDAでは長く為替トレーディングの第一線で活躍されてきた山中康司(やまなかやすじ)氏監修による、出来高系指標の使用方法やトレーディングアイデアなどをご紹介しているので、是非ご参考にしてほしいです。

出来高系指標の基本的な見方、使い方、トレーディングアイデアを紹介を読む


テクニカル分析の注意点


FX/CFDには必ず利益を得られるような手法や分析方法はありません。テクニカル分析を用いてチャート分析を行ったとしても、取引に失敗することもあります。ここではテクニカル分析を使う際の注意点について紹介します。


だましに注意する


テクニカル分析には、「だまし」が発生します。FX/CFDにおけるだましとは、売買サインと反対方向に価格が推移していく現象です。例えば移動平均線がゴールデンクロスをし買いサインが発生している場面で、予想とは反対に価格は下落方向へ推移してしまうことです。

だましを防ぐ一つの対策として、インジケーターを組み合わせる方法があります。複数のインジケーターで同じ方向の売買サインが発生するまで取引を待つ必要があるので、無駄な取引を減らし根拠のある取引が可能です。ただしインジケーターを組み合わせても取引に失敗する可能性もあるということを覚えておくことが大切です。

必ず取引が成功する方法などはないので、常にリスクを抑えた取引が大切です。ほかのインジケーターを組み合わせる取引手法については、以下で詳しく紹介します。


テクニカル分析を組み合わせた取引手法


一般的にトレンド系とオシレーター系のインジケーターを組み合わせることが、相性の良い使い方と言えます。ここではオシレーター系でありながらトレンド系の機能を持つMACDとオシレーター系のRSIを組み合わせた取引手法について詳しく紹介します。


MACD×RSI


MACD×RSIを組み合わせた取引手法について紹介します。以下の画像を御覧ください。

MACD×RSIを組み合わせた取引手法の画像

MACD×RSI

上記画像は、米ドル円の日足チャートです。RSIが80%以上を推移し買われすぎのサインを出し、その後MACDはデッドクロスをし売りのサインを出しております。RSIとMACDが同じ方向の売買サインを出した後に、売りを仕掛けます。

インジケーターを組み合わせた取引手法の例を紹介しましたが、複数のインジケーターを組み合わせることで取引根拠が増えより精度の高い取引を行うことが可能です。ただしインジケーターを組み合わせた精度の高い取引を行っても取引に失敗することはあるので、常にリスクの抑えた取引を行うことが大切です。


テクニカル分析を勉強するのにおすすめの本


FX/CFDに関するテクニカル分析の本は数多くあり、どの本を選べば良いのかわからない方も多いと思います。OANDAでは多数の優良な書籍を出版・販売しているパンローリング社とタイアップし、テクニカル分析に関する様々な良書を提供しております。

OANDA×パンローリング社による書籍一覧

初心者向けから中級者・上級者と取引レベルごとに分かれているので、自分の取引レベルに合った書籍を選ぶことが可能です。またOANDAの口座をお持ちの方には、一部書籍をプレゼントするキャンペーンも行っております。

OANDA×パンローリング社による書籍一覧

OANDAの口座開設はこちら


テクニカル分析に関するよくある質問


テクニカル分析に関するよくある質問に答えていきます。

株とFX/CFDではテクニカル分析の使い方に違いはありますか?

基本的には使い方に違いはありません。例えば移動平均線は株やFX/CFDなどを行う多くの投資家から人気がありますが、使い方は同じです。

FX/CFDなどの相場分析にテクニカル分析を使うのは意味ありませんか?

テクニカル分析を使うことで、勘や運任せで取引を行うよりも利益が得られる可能性はあります。

ただしテクニカル分析を使ってどんなに精度の高い分析を行ったとしても、必ず利益を得られるわけではありません。


OANDAではオリジナルインジケーターを豊富に提供している


OANDAでは独自の技術やデータに基づき開発した、MT4/MT5用のオリジナルインジケーターを豊富に提供しております。お客様からの声を参考にしながら、MT4/MT5にありそうでなかったインジケーターをOANDAが作成しております。

例えばオシレーター系のインジケーターである「RCI」は、MT4にはデフォルトで導入されていません。しかしOANDAの口座をお持ちの方であれば、そのようなMT4に導入されていない様々なインジケーターを使うことができます。是非口座開設をし、OANDAのオリジナルインジケーターをご使用を検討してほしいです。

OANDAオリジナルインジケーター一覧

OANDAの口座開設はこちら


本ホームページに掲載されている事項は、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資方針、投資タイミング等は、ご自身の責任において判断してください。本サービスの情報に基づいて行った取引のいかなる損失についても、当社は一切の責を負いかねますのでご了承ください。また、当社は、当該情報の正確性および完全性を保証または約束するものでなく、今後、予告なしに内容を変更または廃止する場合があります。なお、当該情報の欠落・誤謬等につきましてもその責を負いかねますのでご了承ください。

この記事をシェアする

ホーム » FX/CFD初心者の方 » テクニカル分析とは?FX/CFDにおける言葉の意味や種類、手法を紹介