新規口座開設

FX初心者の方

資金管理をはじめよう③ 1日の最大損失額、連敗数の設定


負けを取り戻すために焦っていませんか?


資金管理の一つとして、無駄なトレードを行わないということは重要です。

中級者以上の方であれば、計画性の無い、無駄なトレードを行ってしまったために、コツコツと貯めていた利益以上のものを、短期間で吐き出してしまったという経験がある方は少なくないと思います。

特に多いのは、短期間に負けトレードを繰り返してしまい、口座資産を短期間で大きく目減りさせてしまうパターンだと思います。

 

【コツコツと貯めてきたを短期間で放出…】

資金管理をはじめよう

 

このパターンに陥りやすいのは、1日の負けが嵩み、頭に血がのぼっている場合など精神状態が安定していないときです。

つまり、損失が増えたので、それを取り戻そうと必死なっているという状態でトレードを続けた場合にこのような失敗をしてしまいがちということです。

人間の本能として、トレードに負けた場合の精神的ショックはトレードに勝った場合の2倍のインパクトがあると言われています。

このように精神状態が不安定な状況に陥っている場合は、普段エントリーしないような場面でポジションを持ってしまい、損失を拡大させてしまうという悪循環に陥りがちです。

焦っているのでチャンスまで待てずにエントリーしてしまうという人もいれば、損失を取り戻すためにいつもより大きなポジションを持ってしまうという方もいると思います。

このような状態で相場が反対に進むと、ストレスがさらに増え、精神状態がさらに悪化して悪循環に陥りがちです。

 

負けたという事実を受け止める


トレードで負けたときに重要なのは、トレードで負けたという事実を受け入れることです。

どんな有名なトレーダーでもトレードに負けることはあります。

基本的に、トレード計画は負けるトレードがあるということを前提に組み立てていくものです。

つまり、1度や2度のトレードで負けたとしても、悔しがる必要はなく、冷静に対応しなければなりません。

会社が利益を上げるためには経費が必要というと同じように、負けトレードは勝つための経費のようなものと考える癖をつけましょう。

このことをしっかりと理解し、負けたときは負けを受け入れるということが損失スパイラルに陥らないための第一歩です。

何としても、負けているときに、負けを取り戻そうと、焦ってしまい傷口を広げてしまい、さらに精神状態が悪化し、損失を埋めるために必死になり、さらに深みにはまっていくというスパイラルに陥ってしまうパターンに陥らないようにしなければなりません。

 

損失スパイラルに陥らないための対策


このパターンに陥らないための対策は、負けたという事実を受け入れることが前述の通り前提にありますが、その上で、取引成績が一定のパフォーマンスを下回る内容となった場合はその日の取引を休止し、翌日以降にリフレッシュした状態になってから、取引を再開するというようなルールを作り、悪い流れを断ち切るということが重要です。

余程のことがない限り、市場はなくなるということはありません。

負けが込んだときは、そのままの状態でトレードを続けるよりも、相場から一時的に離れ、気分をリフレッシュした後に相場に戻ってきた方が、パフォーマンスが向上する可能性が高いといえます。

このため、取引のパフォーマンスが一定の水準を下回るような場合は一度相場を離れるというようなルール作り、実行すれば、1日の損失額が限定され、1日で回復困難な水準まで大きく負けてしまうというリスクを大幅に軽減することができます。

 
本ホームページに掲載されている事項は、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資方針、投資タイミング等は、ご自身の責任において判断してください。本サービスの情報に基づいて行った取引のいかなる損失についても、当社は一切の責を負いかねますのでご了承ください。また、当社は、当該情報の正確性および完全性を保証または約束するものでなく、今後、予告なしに内容を変更または廃止する場合があります。なお、当該情報の欠落・誤謬等につきましてもその責を負いかねますのでご了承ください。

この記事をシェアする

home_footer > FX/CFD初心者の方 > 資金管理をはじめよう③ 1日の最大損失額、連敗数の設定