FX初心者の方

FX取引は土日もできる?ポジションを持ち越す場合の注意点も解説

「FXは土日も取引できるの?」「土日にポジションを持ち越す際のリスクは?」と疑問をお持ちの方も多いのではありませんか?

FXは原則平日の24時間取引が可能です。しかし土日は取引ができないため、注意しましょう。

本記事では土日はFXができない理由や土日にポジションを持ち越す場合の注意点、スキルアップを目指すなら土日の過ごし方が大切な理由について詳しく解説します。


FX取引は土日もできる?


FXが土日に取引できない理由、土日以外の取引ができない期間などについて詳しく解説します。


土日はFX取引ができない


FXは土日に取引ができません。なぜならば、世界中のマーケットが休場だからです。FXは世界各国のマーケットが順次開場していくため、24時間取引ができます。

例えば東京市場→欧州市場→米国市場といった流れです。土日は東京市場や欧州市場、米国市場が休場のため、取引ができないのです。

またFX会社によって取引できる時間が変わります。金曜日は何時まで取引が可能なのか、月曜日は何時から取引が可能なのかを事前に把握しておく必要があるでしょう。

弊社の取引時間については、後ほど詳しく解説します。


外国為替市場は土日も動いている


FXは世界各国のマーケットが順次開場するため、24時間取引が可能と前述しました。しかし厳密に言うと、土日も外国為替市場は動いています。

なぜならば中東の一部地域では、土日が休みではなく金曜日が休みの地域もあるからです。そのため若干ですが、土日も外国為替市場は動いています。


土日以外にFX取引ができない期間


土日以外にFX取引ができない期間は、元旦(1月1日)です。元旦以外の年末年始は取引可能ですが、FX相場の流動性が低い傾向にあります。

市場参加者が少ないため、価格が希望価格で約定しなかったりスプレッドが拡大したりする可能性があります。

無理に取引をすれば思わぬ損失につながるため、年末年始は無理に取引をする必要はないでしょう。


祝日はFX取引ができる


祝日はFX取引ができます。なぜならば東京市場が休場でも、オセアニアやシンガポールなどの市場が開場しているからです。

ただし東京市場が開場していないので、値動きが限定的になる場合もあります。

FXの取引時間とは?値動きが活発になりやすい時間帯なども紹介


FX取引で土日にポジションを持ち越す場合の注意点


万が一平日に取引したポジションを土日に持ち越す場合、以下のことに注意しましょう。


月曜日に「窓開け」リスクが発生する


土日はFXの取引ができないといっても、為替相場は動いています。そのため災害や金融ショックなど大きな事案が発生すれば、週明け月曜日に「窓開け」が発生する可能性もあります。

窓開けとはギャップアップとも呼び、チャートの間に隙間ができる現象です。

窓開け

上記画像を見るとわかる通り、窓が発生すると大きく値が飛ぶ可能性もあります。万が一保有しているポジションと逆に値が飛んだ場合、大きな損失を出す可能性もあります。

土日にポジションを持ち越す際は、週明け月曜日の窓開けリスクに注意しましょう。


金曜日はポジション調整が入りやすい


土日にポジションを保有したくないと考えている投資家も多いため、金曜日はポジション調整が入りやすいと言えます。

FXにおけるポジション調整とは、保有ポジションを決済することです。そのため金曜日はポジション調整が入りやすく、値動きが荒くなる傾向もあります。

また毎月第一金曜日には、米国雇用統計の発表があります。「月に一度のお祭り」とも言われているので、全世界の投資家たちが注目している経済指標です。

FX相場が急変動する可能性もあるので、雇用統計前にポジションを決済する投資家たちも多いと言えます。


ロスカット判定は土日にはされない


「金曜日に含み損のポジションを保有したまま、土日を迎えてしまいました。ロスカットはいつ執行されますか?」と疑問をお持ちの方も多いと思います。

もし窓開けが発生してロスカットされる場合は、月曜日早朝の取引が開始できる時間帯にロスカット判定されます。FX会社が休みである土日にロスカットされることはありません。

しかし窓開けの度合いによっては、ロスカットが間に合わない可能性もあります。その場合は、預けた証拠金以上の損失を出す可能性もあるでしょう。

日頃からリスクを抑えた、無理のない取引を心がけましょう。ロスカットについて詳しく知りたい方は、以下のコンテンツを御覧ください。

ロスカット対策についてはこちら 


FX取引のスキルアップを目指すなら土日の過ごし方が大切


FXは土日が取引できないからと言って、何もしないのかと言えばそうではありません。FXで継続的に利益を上げ続けるためには、土日の過ごし方が大切と言えます。

FXのスキルアップには、取引経験と検証をすることが大切です。経験については平日取引をできるため、何も問題はありません。

検証については、その週に取引した結果を検証する必要があります。なぜ利益を得られたのか?なぜ損失を出してしまったのか?など、土日に振り返ってみましょう。

振り返ったことを、次の週に活かしながら取引をします。その流れを繰り返すことで、徐々にスキルアップに繋がると言えます。

FXの勉強方法を何から始めればよいのか分からない方は、こちらのコンテンツをご覧ください。

FXの勉強は何から始めるべき?初心者向け勉強方法を3ステップで紹介

FXの練習方法や土日にも練習できるアプリについては、こちらのコンテンツを御覧ください。

FXの練習方法やおすすめのアプリ・ソフト・取引システムを紹介


OANDAの取引時間帯について


弊社の取引時間は、以下の通りです。

                                       
夏時間 冬時間
オープン時間毎月曜日の午前6時毎月曜日の午前7時
クローズ時間毎土曜日の午前6時毎土曜日の午前7時

※システムメンテナンス、システム障害、マーケットの状況等により、取引できない状況が発生する可能性もあります。


OANDAでは取引に役立つインジケーターを豊富に提供している


弊社では取引に役立つインジケーターを豊富に提供しています。それぞれ詳しく解説するので、ぜひご活用ください。


各市場の高値安値を表示するインジケーター


各市場の高値安値を表示するインジケーターは、どこが高値安値なのかを一目で把握できます。そのため各市場の値動きを把握しやすく相場の予想に役立ちます。

各市場の高値安値

「各市場の高値安値を表示するインジケーター」のインストールはこちら


週明けの窓チェックインジケーター


週明けの窓チェックインジケーターでは、週明けに窓が発生しているかを確認できます。また窓をpips数で把握することも可能です。

窓が発生

「週明けの窓チェックインジケーター」のインストールはこちら


ボラティリティ グラフチャート


「ボラティリティ グラフチャート」では、1日の変動幅が何pipsだったのかを把握できます。各通貨のボラティリティを把握することで、その通貨のリスク度合いを分析することが可能です。

ボラティリティ グラフチャート

「ボラティリティ グラフチャート」はこちら

さらに弊社では投資家の取引をサポートする、様々なインジケーターを提供しています。弊社の口座をお持ちの方であればすべて無料で使えるので、是非口座開設をして体感してください。

OANDAの口座開設はこちら

FX初心者にオススメのコンテンツ

CCI

これからFXを始める初心者の方向けに、豊富なコンテンツを提供しています。コンテンツを読み進めていくことで、初心者の方でもFXをスムーズに始めることが可能です。またOANDAの口座保有者だけが使えるOANDAオリジナルインジケーターも提供しています。是非OANDAの口座開設をご検討ください。


本ホームページに掲載されている事項は、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資方針、投資タイミング等は、ご自身の責任において判断してください。本サービスの情報に基づいて行った取引のいかなる損失についても、当社は一切の責を負いかねますのでご了承ください。また、当社は、当該情報の正確性および完全性を保証または約束するものでなく、今後、予告なしに内容を変更または廃止する場合があります。なお、当該情報の欠落・誤謬等につきましてもその責を負いかねますのでご了承ください。

この記事をシェアする

ホーム » FX/CFD初心者の方 » FX取引は土日もできる?ポジションを持ち越す場合の注意点も解説