FX初心者の方

FXと株の違いを徹底解説|初心者はどちらがおすすめかも比較検討

「FXと株の違いは?」「初心者向けの投資はどっち?」このような疑問をお持ちの方も多いと思います。どの金融商品で投資を行うにしても、正しい知識を身に付け自分に合った投資を選ぶべきです。

ここではFXと株の違い、初心者にはどちらがおすすめなのかを比較検討します。FXと株どちらで投資を行うべきか迷っているのであれば、ぜひご参考ください。


FXと株の違い


FXと株は似ているようで、全く別の投資商品です。まずは以下の表をご覧ください。

                                                                                                                                                                                                
項目 FX
投資対象中央銀行が発行する法定通貨企業の株式
取引時間原則24時間
※土日祝日を除く
平日9時~15時
レバレッジ25倍(個人の場合)なし
※信用取引は3.3倍
相場の変動要因国の政治経済、金融政策など企業の業績や景気など
インカムゲインスワップポイント配当金
値動き値幅制限なし値幅制限あり
最低必要資金約4円
※1通貨単位の場合
数万円~数十万円
テクニカル分析移動平均線、MACDなど移動平均線、MACDなど
税金20.315%20.315%

2021年9月28日時点


FXと株の違い1:投資対象


投資対象とは、どの金融商品に投資するのかを指します。FXは各国の中央銀行で発行している法定通貨が投資対象です。法定通貨といえば米国が発行する米ドル、日本が発行する円などです。

米ドルや円を組み合わせたものが米ドル円(USD/JPY)となり、それを通貨ペアと呼びます。FXでは米ドル/円やユーロ米ドル(EUR/USD)などの通貨ペアを投資対象とし、売買を行います。

株は証券取引所に上場している企業の株式が投資対象です。証券取引所には数万単位の企業が上場しており、その中から投資対象を選びます。

このようにFXは各国の中央銀行が発行する法定通貨、株は企業の株式が投資対象であることを覚えておきましょう。

OANDAが提供する通貨ペア一覧はこちら


FXと株の違い2:取引時間


取引時間とはその名の通り、取引ができる時間を指します。FXは原則平日の24時間取引を行うことが可能です。

FX市場は早朝のオセアニアから始まり、東京→ロンドン→ニューヨークと順次開場します。これを月曜日早朝から土曜日早朝まで繰り返されるため、24時間取引ができるのです。

株は証券取引所が開いている時間帯で取引を行うため、原則平日の9時~15時までです。また祝日の場合は証券所が開いていないため、取引を行うことは出来ません。

このようにFXは原則平日の24時間、株は原則平日の9時~15時までの取引時間と覚えておきましょう。

FXの取引時間についてはこちら


FXと株の違い3:レバレッジ


レバレッジとは、用意した資金の何倍も大きな取引ができることを指します。FXは最大25倍(個人の場合)まで、レバレッジをかけた取引が可能です。例えば10万円の証拠金で25倍のレバレッジをかけた取引なら、250万円分の取引ができます。

株は現物取引の場合、レバレッジはありません。信用取引の場合は、最大3.3倍です。このようにFXのレバレッジは最大25倍(個人の場合)、株は基本レバレッジなしと覚えておきましょう。

FXのレバレッジについてはこちら


FXと株の違い4:相場の変動要因


相場変動の要因とは、金融商品の相場がどういった要因で動くのかを指します。FXは各国の政治経済や金融政策などが、主な変動要因です。例えば雇用統計政策金利GDPなどがあります。

株は企業の業績や景気などが変動要因です。投資先の決算や事業状況、業界の動向などを把握する必要があります。

このようにFXは各国の政治経済や金融政策、株は企業の業績や景気で変動すると覚えておきましょう。


FXと株の違い5:インカムゲイン


インカムゲインとは、資産を保有しているだけで得られる利益です。FXはスワップポイントによるインカムゲインがあります。

例えば円のような低金利通貨を売り、トルコリラのような高金利通貨を買うキャリートレードなら、ほぼ毎日スワップポイントが付与されます。逆に低金利通貨を買い、高金利通貨を売ると、支払いが発生するので注意が必要です。

株のインカムゲインは、配当金です。企業によって異なりますが、配当金は年に1~2回程度受け取れます。しかし企業の業績が悪化すれば、受け取れない可能性もあります。

このようにFXはスワップポイント、株は配当金というインカムゲインが受け取れることを覚えておきましょう。

スワップポイントについてはこちら


FXと株の違い6:値動き


値動きとは、1日にどのくらい相場が動くのかを指します。FXは値幅制限がなく、トレンドが発生すれば一方方向に大きく動きます。

また各国の政治経済や金融政策などで相場が変動するため、突発的な事案や金融ショックなどが起きると、大きな価格変動が起きる可能性もあるのです。

株は値幅制限があります。1日の上昇幅と下落幅が決まっているため、相場が急騰急落するリスクは低いといえます。

このようにFXは値幅制限がなく、株は値幅制限があると覚えておきましょう。


FXと株の違い7:最低必要資金


最低必要資金とは、投資を始めるのに必要な資金を指します。FXは1通貨単位の場合、約4円という少額から取引を始められます。FXが少額から始められる理由としては、レバレッジの仕組みがあるからです。

株は投資先の企業によって異なりますが、数万円~数十万円の資金が必要です。人気の企業に投資する場合は、数十万円の資金を用意する必要があります。

このようにFXは約4円(1通貨単位の場合)、株は数万円~数十万円の資金が必要であることを覚えておきましょう。


FXと株の違い8:テクニカル分析


テクニカル分析は、過去の値動きから将来の値動きを予測する分析方法です。FXは移動平均線やボリンジャーバンドなどが、一般的に人気のあるテクニカル指標といえます。株もFXと同様です。

テクニカル指標はもともと株で使われていたものです。どちらかといえばFX相場よりも株相場を分析するものであるイメージが強いといえます。FXと株では相場の性質が違うため、FX相場では機能しないという考えもあります。

しかしテクニカル指標が機能するかしないかは、使い方の問題です。FXで利益を上げ続けている投資家の中には、移動平均線やボリンジャーバンドなどを使い取引している方もいます。

ただしテクニカル指標をそのまま使うのではなく、精密な過去検証やパラメータの調整などを行い、相場分析の精度を高めることが大切です。

テクニカル分析とは?

テクニカル分析一覧コンテンツ


FXと株の違い9:税金


税金とは、投資で得た利益の何%かを国や市町村に支払うお金を指します。FXは雑所得となり、税率は20.315%です。株の売却益は譲渡所得となり、FXと同様に税率は20.315%です。

また税金に関しては弊社の認識であり、詳しくは税務署や税理士等の専門家に相談ください。弊社ではFXの税金に関して、専門家である税理士監修のコンテンツを提供しているので、ぜひそちらを御覧ください。

税理士監修:税金についてはこちら

税理士監修:確定申告についてはこちら


初心者にはFXと株どちらがおすすめかを比較検討


FXと株の違いについて詳しく紹介してきましたが、投資初心者にはどちらがおすすめなの?という疑問をお持ちの方も多いと思います。どちらが初心者向けの投資なのかを、以下の表で比較検討します。

                                                                                                                                                
項目 FX 比較検討
投資対象の選びやすさ×FXは多くても100種類くらいですが、株は数千種類あり初心者の方には選ぶのがやや難しい
取引の取り組みやすさ×FXは原則平日の24時間取引可能だが、株は原則平日の9時~15時までのため、会社員の方は取引が難しい
取引の始めやすさ×FXは約4円(1通貨の場合)という少額から取引可能だが、株は数万円~数十万円の資金が必要
利益の大きさ×FXは最大25倍(個人の場合)までレバレッジをかけられるが、株はレバレッジがない(信用取引は3.3倍)
取引の難易度××初心者がFXや株で利益を得るのは簡単でなく、取引スキルの向上や勉強が必要
       

〇:良い、×:悪い


まとめ:まずはFXで少額から投資を始めてみませんか


FXと株を比較検討した結果、FXのほうが株よりも、少額で投資が始めやすく、仕事で忙しい方でも取り組みやすいことがわかります。

初心者の方は、まず投資に慣れるためにも少額から取引を始めると良いでしょう。ビギナーズラックはあるかもしれませんが、初心者の方が長期的に利益を上げ続けることは難しいでしょう。

いきなり大きな資金を投入しても、大きな損失を出すリスクが高まるだけです。まずは投資に慣れるためにも少額から取引が始められるFXのほうが向いていると考えられます。

FXについてさらに詳しく学びたい方は、以下のコンテンツをご参考ください。

FXとは何か?これからFX投資を始める初心者の方向け基礎知識

FX初心者向け入門講座|覚えるべき基礎知識や始め方を紹介

FX初心者にオススメのコンテンツ

CCI

これからFXを始める初心者の方向けに、豊富なコンテンツを提供しています。コンテンツを読み進めていくことで、初心者の方でもFXをスムーズに始めることが可能です。またOANDAの口座保有者だけが使えるOANDAオリジナルインジケーターも提供しています。是非OANDAの口座開設をご検討ください。


本ホームページに掲載されている事項は、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資方針、投資タイミング等は、ご自身の責任において判断してください。本サービスの情報に基づいて行った取引のいかなる損失についても、当社は一切の責を負いかねますのでご了承ください。また、当社は、当該情報の正確性および完全性を保証または約束するものでなく、今後、予告なしに内容を変更または廃止する場合があります。なお、当該情報の欠落・誤謬等につきましてもその責を負いかねますのでご了承ください。

この記事をシェアする

ホーム » FX/CFD初心者の方 » FXと株の違いを徹底解説|初心者はどちらがおすすめかも比較検討