MT4の使い方

MT4(メタトレーダー4)Oanda Gravity indicatorの使い方(過去の値動きで揉み合った水準を表示)

Oanda Gravity indicatorとは?

Oanda Gravity indicatorとはMT4(メタトレーダー4)のチャート上に過去の値動きで揉み合いとなった水準が表示されます。過去に揉み合った水準はサポートやレジスタンスになりやすかったり、再び近い水準で再び揉み合うようなことも多々あります。
利益確定や損切り水準を検討する場面などで効果を発揮しそうなインジケーターです。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-07-11-11-16-04

Oanda Gravity indicatorの設定方法

Oanda Gravity indicatorの設定はシンプルです。
設定画面は次のようになります。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-07-11-11-13-49
設定項目は次の通りです。
Time period:NomalとShort-termから選択することができます。Short-termはデイトレなどの短期売買をする場合などに使用できるように短期的な動きを計算に用いています。

Level X color:各レベルの色を選択します。

過去の結果を見る場合

過去のOanda Gravity indicatorの状況を確認することも可能です。
手順は次の通りです。
①MT4のチャートで垂直線を引きます。
②垂直線の名前を「GStart」に変更します。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-07-11-11-24-49

③垂直線のところまでの値動きを元に算出されたのOanda Gravity indicatorが表示されます。
垂直線を左右に移動させると、移動させた時間までのOanda Gravity indicatorが表示されます。
このインジケーターを使い、過去に揉み合った水準がその後どのようになったかをチェックしてみましょう。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-07-11-11-44-42

条件
弊社MT4東京サーバをご利用のお客様。デモ口座では使用できません。
ダウンロードURL

本ホームページに掲載されている事項は、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資方針、投資タイミング等は、ご自身の責任において判断してください。本サービスの情報に基づいて行った取引のいかなる損失についても、当社は一切の責を負いかねますのでご了承ください。また、当社は、当該情報の正確性および完全性を保証または約束するものでなく、今後、予告なしに内容を変更または廃止する場合があります。なお、当該情報の欠落・誤謬等につきましてもその責を負いかねますのでご了承ください。

この記事をシェアする

home_footer > MT4の使い方 > MT4(メタトレーダー4)Oanda Gravity indicatorの使い方(過去の値動きで揉み合った水準を表示)