用語解説

FX取引のポジショントレード手法とは|他の取引手法との違いやメリット・デメリットを解説


FX取引におけるポジショントレードとは、数週間から数年という中長期に渡ってポジションを保有し、大きな利益を狙う投資手法です。

ポジショントレードも含め、FX取引には様々な取引手法が存在します。

それらの取引手法の違いや、それぞれのメリット・デメリットを理解しておくことは、どの手法を実践する場合にも重要なことです。

本記事では、ポジショントレードの特徴や、他の手法との違いなどを詳しく解説します。

ポジショントレードとは

ここでは、ポジショントレードの概要を以下の内容に分けて解説します。

  • ・意味
  • ・他の取引手法との違い

意味

ポジショントレードとは、数週間から数か月、あるいは数年という中長期でポジションを保有し、大きな利益を狙う投資手法です。

FX取引や株式投資、債券投資などの様々な投資で実践されている手法です。

ポジショントレードでは、一般的にロング(買い)のポジションを建てることが主流となっています。

また、ポジションの保有期間が長いため、他の投資手法よりもファンダメンタルズの影響を受けやすいことも特徴です。

このため、ポジショントレードで成果を上げるためには、テクニカル分析と合わせてファンダメンタルズ分析も重要となります。

他の取引手法との違い

スキャルピングデイトレードスイングトレードなどの投資手法と、ポジショントレードの違いは、以下の図と表の通りです。

ポジショントレードとは

取引スタイル スキャルピング デイトレード スイングトレード ポジショントレード
主に使用するチャート 1分足~15分足 5分足~日足 1時間足~週足 日足~月足
メリット ・取引1回あたりの損失額を小さくできる
・資金効率が良い
・翌日にポジションを持ち越さない
・一度に狙える利益はスキャルピングより大きい
・取引1回あたりの損失額を小さくできる
・資金効率が良い
・翌日にポジションを持ち越さない
・一度に狙える利益はデイトレードより大きい
・相場に張り付く必要がない
・ポジショントレードより取引機会が多い
・一度に大きな利益を狙える
・相場に張り付く必要がない
デメリット ・取引回数が増えるため損益に占めるスプレッドのコストが大きくなりがち
・利幅が小さく、一度に大きな利益を狙いづらい
・トレード中は相場に張り付く必要がある
・利幅が小さく、一度に大きな利益を狙いづらい
・相場を頻繁にチェックする必要がある
・1回のトレードでの損失額が大きくなる可能性がある
・ポジションを翌日に持ち越すためストレスがかかる
・週を跨いでポジションを持つと週末リスクに晒される
・1回のトレードでの損失額が大きくなる可能性がある
・トレードチャンスが少ない
・スワップポイントがマイナスの場合、スワップ損の累積額が大きくなる可能性がある

FX取引におけるポジショントレードのメリット

FX取引でポジショントレードを行うメリットは、以下の通りです。

  • ・一度に大きな利益を狙うことができる
  • ・相場に張り付く必要がない

一度に大きな利益を狙うことができる

ポジショントレードは、他の投資手法よりも長い期間ポジションを保有します。

ポジションの保有期間が長ければ、相場も大きく動きやすいため、一度の売買で大きな利益を狙いやすくなります。

また、プラスのスワップポイントが発生する側で取引すれば、長期間ポジションを保有し続けることで、スワップ益を蓄積しやすいことも利点です。

スワップポイントについては「スワップポイントとは」の記事で詳しく解説しています。

相場に張り付く必要がない

ポジショントレードでは頻繁に売買を行わないため、相場に張り付く必要がないという点もメリットの1つです。

このため、FX取引に多くの時間や労力を割けない人でも、実践しやすい手法といえます。

利益確定損切りなどの決済が必要となる場面でも、利益確定は指値注文、損切りは逆指値注文を設定することで、指定した価格に到達した時点で、自動的に決済を行えます。

FX取引におけるポジショントレードのデメリット

FX取引でポジショントレードを行うデメリットは、以下の通りです。

  • ・大きなリターンが狙えるが損失リスクも大きい
  • ・トレードチャンスが少ない

大きなリターンが狙えるが損失リスクも大きい

ポジションの保有期間が長ければ利幅を大きくできる一方、価格が期待と逆方向に進む場合の損失リスクも高まります。

取引に際しては、損切りになる場合の損失額をあらかじめ確認し、その損失額を許容できるかどうか確認することが大切です。

トレードチャンスが少ない

ポジショントレードは他の投資手法よりも長期的な視点でトレードするため、トレードのチャンスは必然的に少なくなります。

トレードの回数を抑えるからこそ、「一度に大きな利益を狙える」「相場に張り付く必要がない」などのメリットが生まれます。

その点では、トレードチャンスが少ないことは必ずしも悪いことではありません。

【まとめ】FX取引のポジショントレード手法とは|他の取引手法との違いやメリット・デメリットを解説

FX取引のポジショントレードとは、中長期のスパンでポジションを保有し、大きな利益を狙う投資手法です。

他の投資手法と比較してファンダメンタルズの重要性が増すため、テクニカル分析と合わせてファンダメンタルズ分析も十分に行う必要があります。

OANDA証券では、テクニカル分析を的確に行うために必要な知識を、わかりやすく解説するコンテンツをご提供しています。

また、ファンダメンタルズ分析で欠かせない市場の最新情報も「マーケットニュース」のページで毎日多数配信しています。

OANDA証券でのお取引に興味をお持ちいただけた方は、以下のボタンから口座開設をご検討ください。

口座開設ボタン

テクニカル分析についてもっと学びたい方へのオススメコンテンツ

ピボット

長く為替トレーディングの第一線で活躍されてきた山中康司(やまなかやすじ)氏監修のもと、ピボットの基本的な知識や使い方、トレーディングアイデアなどをご紹介します。またOANDAではピボットに関するオリジナルインジケーターを多数提供しています。インジケーターはOANDAの口座をお持ちのお客様だけがお使いいただけます。


本ホームページに掲載されている事項は、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資方針、投資タイミング等は、ご自身の責任において判断してください。本サービスの情報に基づいて行った取引のいかなる損失についても、当社は一切の責を負いかねますのでご了承ください。また、当社は、当該情報の正確性および完全性を保証または約束するものでなく、今後、予告なしに内容を変更または廃止する場合があります。なお、当該情報の欠落・誤謬等につきましてもその責を負いかねますのでご了承ください。

この記事をシェアする

ホーム » 用語解説登録 » ポジショントレード