FXに関するコラム・豆知識

OANDAオープンオーダーの基本的な見方・・・・OANDAオーダーブックの使い方④


OANDAオープンオーダーの基本的な構造


OANDAのオーダーブックのうち「オープンオーダー」とはOANDAグループの顧客のオーダー、つまり、未決済の指値、逆指値の注文の情報をまとめたデータです。

このオープンオーダーのデータには、新規の指値・逆指値はもちろん、決済の指値・逆指値も含まれます。これらの注文がどの価格水準にどの程度入っているかをグラフで表示したのがオープンオーダーです。

オープンオーダーは基本的に縦軸に価格、中心線に対して右側買い注文の割合、左側売り注文の割合を価格水準ごとに棒グラフで示しています。

注文の多く入っている価格水準には長い棒グラフが描画され、注文の少ない価格水準ではグラフの長さが短くなります。


オープンオーダーの基本的な構造

このOANDAのオーダーブックを使うとどの価格水準にどのくらいの注文が入っているかを素早くチェックをすることができるので市場参加者が注目する水準を素早くチェックすることができるようになります。



「オーダーの性質について考える(新規注文編)・・・・OANDAオーダーブックの使い方⑤」へ




本ホームページに掲載されている事項は、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資方針、投資タイミング等は、ご自身の責任において判断してください。本サービスの情報に基づいて行った取引のいかなる損失についても、当社は一切の責を負いかねますのでご了承ください。また、当社は、当該情報の正確性および完全性を保証または約束するものでなく、今後、予告なしに内容を変更または廃止する場合があります。なお、当該情報の欠落・誤謬等につきましてもその責を負いかねますのでご了承ください。

この記事をシェアする

home_footer > FXブログ(コラム) > OANDAオープンオーダーの基本的な見方・・・・OANDAオーダーブックの使い方④