FXに関するコラム・豆知識

オープンポジションでは「苦しいのは誰か」に注目!?・・・・OANDAオーダーブックの使い方⑩


含み損を抱えたポジションに注目!?


上記の4つのエリアのなかでも特に注目すべきは「含み損を抱えたポジションがどこに溜まっているか?」です。

相場の世界は弱肉強食です。

損切りは安いところで売らされ、高いところで買わされる取引です。

一方の取引の相手方は安いところで買うことができ、高いところで売ることができたということです。

誰かの損切りは誰かの利益となるといっても過言ではありません。

大量に損切りが出る場面では、価格が大きく動きやすく誰かが大きく儲ける可能性がある場面ということができます。

OANDAのオープンポジションでどのエリアのポジションが多いのかをチェックすると、誰が苦しいのかをチェックすることができます。

基本的なテクニカル分析の一つであるヘッド&ショルダーやダブルトップ、レンジ突破などで、価格が大きく動くのはこの損切りによるところが多いといえます。



【ヘッド&ショルダーのイメージ】

ヘッド&ショルダーで価格が下落する例

つまり、OANDAのオープンポジションで、苦しくなり、ポジションを損切りしなければならない予備軍がどのエリアに増えているかに注目すると値動きを予想しやすくなるということです。


損切り予備軍はどこにいる?


OANDAのオープンポジションをチェックしていると、現在、どのポジションが苦しいか、または苦しくなりそうかを一目でチェックすることができます。

ここでは、いくつかのわかりやすい基本的なパターンを例にどのような場合に誰が苦しく、損切りがどのように発生するかを考えてみます。


含み損を抱えた買いポジションが多い状況


下落基調が続いている場面などで多く見かける状況で「含み損を抱えた買いポジションが多い状況」があります。

このような場面で苦しいのは誰でしょうか?

もちろん、買いポジション保有者です。ほとんどの買いポジションが含み損を抱えており、イライラしている状況です。

価格がさらに下落すると、損失が膨らみ、さらに苦しくなります。

そして、これらのポジションの損切り、ロスカットが入りやすくなり、さらに下落を後押しする可能性が高まります。


価格が上昇した場合でも、利益が出ると、ホッとして、やれやれ売りが出やすくなり、上値を圧迫する力となることが想定されるほか、それまで下落基調が続いていたことを考えると、市場では多少反発したところが、売り遅れたトレーダーの売りが入りやすい状況と考えることもでき、やはり、上値の重さは残りそうな気配ということができると思います。


含み損を抱えた売りポジションが多い状況


含み損を抱えた売りポジションが多い場合は逆となります。

このパターンは、価格が上昇基調にあるときに多く見られます。そして、この状態のときに苦しいのは売りポジションです。

さらに高値を追う動きとなると、この売りポジションが損切り、ロスカットを余儀なくされ、上昇が後押しされ、上昇基調が続く可能性があります。

そのほか、価格が下落した場合でも売りポジションのやれやれ買いが入りやすい状況と考えられるほか、下がったところでは買い遅れたトレーダーの買いが入りやすく、底堅い状態が続く可能性を見出すことができます。


レンジ推移が続き、一定のレンジにポジションが多い状況


価格に方向性がなく、一定のレンジ内での推移が続くような相場となった場合には、そのレンジ内にポジションが集中するようなことがあります。

買いポジション保有者は価格が上がると考えポジションを保有し、売りポジション保有者は価格が下がると考えポジションを保有しており、その力が均衡しているような状態です。

価格が上がれば、買いポジション保有者は利益を上げることができるのに対し、、売りポジション所有者はストレスを抱え、損切りを検討します。

逆に、価格が下落した場合は、売りポジション保有者が利益を上げることができ、買いポジション保有者は損切りを検討することになります。

このため、レンジを突破するような動きとなると、思惑が外れた方のポジションの損切り、ロスカットが増え、抜けた方向に価格が進む可能性が高まります。

この3つのパターンに注目するだけでも、苦しいのがどのエリアのポジション保有者か、価格が次にどちらに動いた場合に損切りが出やすいかを確認することができ、相場分析を行う上で役立ちます。

オープンポジションの偏りにも要注目・・・・OANDAオーダーブックの使い方⑪へ進む
本ホームページに掲載されている事項は、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資方針、投資タイミング等は、ご自身の責任において判断してください。本サービスの情報に基づいて行った取引のいかなる損失についても、当社は一切の責を負いかねますのでご了承ください。また、当社は、当該情報の正確性および完全性を保証または約束するものでなく、今後、予告なしに内容を変更または廃止する場合があります。なお、当該情報の欠落・誤謬等につきましてもその責を負いかねますのでご了承ください。

この記事をシェアする

home_footer > FXブログ(コラム) > オープンポジションでは「苦しいのは誰か」に注目!?・・・・OANDAオーダーブックの使い方⑩