MT4での両建てならOANDA Japan - オアンダ ジャパン -

MT4での両建てについて

MT4で両建てEAの実行が可能となりました。

※1 プロコースとビックコースのお客様が対象。ベータ版での提供となります。

MT4での両建てが可能

両建てロジックEAなどの運用をご希望されるお客様のため、弊社では、MT4限定で両建て専用のサブアカウントを作成する事ができます。
※fxTradeでは両建ての注文はできません。

ご注意事項/利用条件

ご注意事項/利用条件

両建ては、保有ポジションの損失拡大を限定する手法として知られますが、売値と買値の価格差(スプレッド)を二重に負担する必要があるため、経済的合理性を欠く恐れがあります。このため、弊社では両建て取引を推奨しておらず、利用規約への合意を頂いたお客様のみ両建てが可能となります。また、現時点でプロコースおよびビックコースのみでの提供とさせていただいております。弊社のMT4は他社と異なり、一部特殊な仕様がございます。ご利用ご希望のお客様は当ページの内容を必ずご確認ください。

両建てを開始するには?

MT4での両建てを有効にするには、新しく両建て専用サブアカウントを作成する必要があります。
会員ページへログイン後、「両建て専用サブアカウント作成画面」から、 両建て用のサブアカウントを作成してください。 会員ページTOPページに戻ると、両建てのサブアカウントが表示されます。

両建てを開始するには?

MT4/fxTrade上での表示される数値について

MT4/fxTrade上で表示される数値について

両建て専用サブアカウントを利用し、MT4にログインをすると、
両建て取引が可能となります。
両建てのポジションをたてると、MT4上では、売り、買いポジションが
両建てされたように表示されますが、 fxTradeではポジションがネットされて表示され、実際の取引サーバでもネットされて処理されます。
確定申告などの帳簿などはMT4ではなく、fxTradeの表示内容が優先されます。あらかじめご了承ください。

必要証拠金/余剰証拠金の計算方法について

弊社のMT4では、必要証拠金および余剰証拠金は、MAX方式を使用した数値が表示されます。(両建てMAX方式による証拠金制度では、売・買いずれかのポジションのうち証拠金額が多い方に掛かる証拠金のみ必要となります。)MT4とは異なり、fxTradeではネットして計算された数値が表示されます。証拠金清算価値や、証拠金清算割合などの数値はfxTradeが優先され計算されますので、ご注意ください。

必要証拠金/余剰証拠金の計算方法について

FAQよくあるご質問

両建て専用のEAは利用できますか?
はい。利用可能です。
複数のMT4両建てアカウントを利用する事は可能でしょうか?
はい可能です。
両建注文はfxTradeで利用可能ですか?
fxTradeで両建てはできません。あらかじめご了承ください。
なぜ:両建て時には、MT4上でのMAX方式ではなく、なぜfxTradeで計算されたネットポジションを利用して、ロスカット値を計算しているのか?
fxTradeで計算されたポジションは合計のエクスポージャーとなります。 (価格変動リスクにさらされている資産の割合) 例えば、同一通貨で1, 000通貨買い+1,000通貨売りのポジションを持った場合に、合計エクスポージャーは0となります。この場合、相場が上下動こうとも損益は基本的に発生しませんので、お客様が当該ポジションのみをお持ち場合は、ロスカットは発生しません。
なぜ、MT4上ではMAX方式を利用するのか?
新規注文を発注する際は、ネットでなく、MAX方式が適用されます。これはお客様が両建てポジション保持時にポジションを決済できなくなるリスクを無くすための処置です。例えば、1,000通貨買い、1,000通貨売りのポジションを同一通貨で保持し、余剰証拠金が1,000だった場合に、もし必要証拠金がネットを前提に計算された場合はゼロとなり、お客様は別の通貨で新規の注文を入れる事ができてしまいます。上記の後、仮に相場が不利な方向に動いた場合、お客様が、1,000通貨買い+1,000通貨売りでもっている両建てポジションを決済する事ができなくなる恐れが発生します。(弊社のシステムは新規注文と認識するため)このようなケースを鑑みて、MT4側ではMAX方式を採用しています。この結果、上記の例では新規で追加の注文を入力する事を防止する事ができます。
MAX方式の計算方法について教えてください。

MAX方式による両建て時の証拠金計算方法

同一通貨ペアで両建て取引を行った際は、売・買いずれかのポジションのうち証拠金額が多い方に掛かる証拠金のみ必要となります。

MAX方式による必要証拠金 例1

1米ドル=100.00円の時に20万通貨の売りと10万通貨の買いポジションを保有する場合

1米ドル=100.00円の時に20万通貨の売りと10万通貨の買いポジションを保有する場合

・売りポジションの証拠金=100円(1ドル)×200,000通貨×レバレッジ25倍(4%)=800,000円

・買いポジションの証拠金=100円(1ドル)×100,000通貨×レバレッジ25倍(4%)=400,000円

売りポジション(800,000円)、買いポジョション(400,000円)それぞれを保有する場合の必要証拠金は、売・買のうち、少なくない方(多い方)の証拠金のみです。
売りポジション 800,000円>買いポジション 400,000円
以上より必要証拠金は800,000円となります。

MAX方式による必要証拠金 例2

1米ドル=100.00円の時に、売りと買い、それぞれ10万通貨ずつ保有する場合

証拠金=100.00円(1ドル)×100,000通貨×4%=400,000円

売り買いそれぞれのポジションの必要証拠金は同額であるため、それぞれのポジションを保有する場合の必要証拠金は400,000円です。

1米ドル=100.00円の時に、売りと買い、それぞれ10万通貨ずつ保有する場合

両建てサブアカウント上でOANDAが提供するMT4以外の取引端末で取引をした場合、どのような状態になりますか?
弊社が提供するMT4以外の大部分の取引端末(fxTrade等)からは、両建てサブアカウントを利用したお取引はできません。
APIなど一部端末などから両建てサブアカウント上でお取引を試みた場合は、想定外の不具合(ストップロス、利益確定、新規ポジション、トレール注文の失効など)が発生する可能性があります。必ず、MT4を通してお取引をいただけるように、お客様にはご留意の程お願いいたします。

※1 ベータ版利用時の注意事項

本両建て機能はベータ版の提供となります。本ベータ版サービスの利用に際して、利用者に損害が発生し、当社が責任を負うとされる場合でも、当社の損害賠償責任の範囲は、利用者に生じた現実かつ直接の損害に限り、特別の事情から生じた損害、逸失利益、間接損害その他の損害については一切責任を負わないものとします。