株価指数CFD 取引時間

主要国の株価指数は世界中で取引が行われており、多くの銘柄が平日であればほぼ24時間取引することができますが、一部お取引いただけない時間帯がございます。なお、取引時間は各国のサマータイム制度に準じて、時期によって夏時間/冬時間で取引時間帯が異なる銘柄もございますのでご注意ください。

取引時間を考慮した銘柄選びで、ライフスタイルに合わせてお取引いただけます。また、相場に大きな影響を与えるニュースが入った場合でも素早く対応が可能なのも、株価指数CFDの魅力の一つです。

  • In Hours(通常時のスプレッドを配信している時間帯)
  • Out of Hours 1(通常時より広いスプレッドを配信している時間帯)
  • Out of Hours 2(通常時より広いスプレッドを配信している時間帯)

現在は、Period 3を適用しています

  • DST(夏時間)
  • Standard Time(冬時間)

土日はお取引ができません。また、祝日等により市場が休場となり、お取り引きができない日もございます。祝日等によるお取引時間の変更は随時弊社ウェブサイトのトップページのお知らせ欄等でご案内いたします。