利益相反管理方針

OANDA Japan 株式会社(以下「当社」といいます)は、お客様の利益を不当に害するおそれのある取引(以下、「利益相反取引」といいます。)を適切な方法により特定・類型化し、お客様の保護を適正に確保するために利益相反取引を管理する体制を利益相反管理方針として策定いたしました。当社は、当社の利益相反管理方針の概要をここに公表いたします。

1.利益相反取引

「利益相反」とは、当社または当社グループ会社が行う取引に伴い、お客様の得られる利益を不当に害するおそれのある取引をいいます。

2.利益相反取引の特定・類型化

当社は、利益相反を管理する上で、をあらかじめ、以下の通り利益相反取引を特定・類型化します。

通常時

3.利益相反の管理方法

当社は、以下に掲げる方法を適宜選択、又は組み合わせることにより、利益相反を管理いたします。

  1. 対象取引を行う部門と当該お客様との取引を行う部門を分離する方
  2. 対象取引又は当該お客様との取引の条件又は方法を変更する方法
  3. 対象取引又は当該お客様との取引を中止する方法
  4. 対象取引に伴い、当該お客様の利益が不当に害される虞があることについて、当該お客様に適切に開示し、同意を得る方法
  5. その他取引に応じた適切な方法

4.利益相反管理体制

当社は、利益相反管理体制の整備及びその運用等に関する事項を統括する部署として、利益相反管理部署を設置し、利益相反統括責任者を配置いたします。 利益相反管理部署は、利益相反管理に必要な情報を集約するとともに、利益相反取引を特定し、利益相反取引を的確に管理いたします。

5.利益相反管理の対象となる会社の範囲

当社における利益相反管理の対象となる会社の範囲は、当社および当社親会社を含む関連会社となります。

2017年7月14日 改正