お知らせ

2019年02月07日

News

【再掲】OANDA Japan NYサーバーにおける新取引システム【v20】への移行および口座移管のお知らせ

*東京サーバーMT4(MT4 ログインIDが9桁)でのみお取引いただいておりますお客様には、変更はございません。従来通りご利用いただけます。

お客様各位

平素はOANDA JapanのFXサービスをご利用いただきまして誠にありがとうございます。

現在弊社では、世界のOANDAグループ全体でシステムの安定性強化、約定スピードの改善や「取引のパフォーマンス」計測機能の強化のため、fxTrade(NYサーバ)の次世代取引システム【v20】への切り替えプロジェクトを段階的に進めております。2018年10月13日以降に新規または追加で作成された口座に関しましては、既にv20でお取引いただいておりますが、2018年10月12日以前に作成された口座につきましては、2019年1月中旬以降、段階的に移管を実施する予定にしております。

① システム移行スケジュールに関して
システム移行は以下のスケジュールで4回行われます。
① 2019年2月2日(土曜日)午前7時 ~ 2019年2月2日(土曜日)午後11時 
② 2019年2月9日(土曜日)午前7時 ~ 2019年2月9日(土曜日)午後11時 
③ 2019年2月23日(土曜日)午前7時 ~ 2019年2月23日(土曜日)午後11時
④ 2019年3月2日(土曜日)午前7時 ~ 2019年3月2日(土曜日)午後11時 

各移行日通常通りNY時間はお取引いただけますが、システムメンテナンスが開始されると全てのお客様がMy Pageへのアクセスが不可となりますのでご注意ください。
尚、状況に応じ週末メンテナンス時間が変更となる場合もございます。予めご了承ください。



② ポジション移管に関して
fxTradeの口座で保有するポジションにつきましては、移管実行日に自動的に移管されますが、2018年10月12日以前に口座開設をされ且つMT4アカウントでマイページの口座情報に「MT4 HEDGING」が記載されている「両建て取引可能アカウント」においては、ポジションは移管されず、その該当アカウント内でお持ちのポジションは2019年3月2日NYマーケットクローズ地点のレートを用い強制決済となります。尚、2018年10月13日以降、MT4で両建てアカウントを開設のお客様、または新規口座開設をされたお客様は影響ございません。また東京サーバ内の口座は移管による影響はございません。

<<重要>> 2018年10月12日以前にMT4両建て口座を開設されたお客様の該当両建て口座内のポジションに関して
お持ちのポジションは移管されず、2019年3月2日、NYマーケットクローズ地点のレートを用い強制決済となります。NY時間はスプレッドが広がりやすく、状況によりお客様が不利益を被る可能性がございます。該当口座をお持ちのお客様はあらかじめご注意の上、Liquidityが潤沢な時間にv20両建て口座を作成された上で建て直し等のご検討を宜しくお願い申し上げます。尚、両建て口座以外の口座内のポジションは移管されます。



【対象となる口座の確認方法】
※マイページにログイン後、口座情報にてお客様の口座をご確認いただけます。
③「MT4 HEDGING」と記載されているアカウントは、2019年3月2日NYマーケットクローズ地点のレートを用い強制決済されます。
①Primary ②MT4 ④V20 MT4 HEDGING ⑤OJ FX MT4 のアカウントは強制決済されません。


【ポジションの移管方法】
①マイページ(ログイン画面)にログインいただき、口座管理内の「MT4サブアカウントの作成(NYサーバー)」にて新たに両建て取引可能サブアカウントを作成してください。なお、新取引システム【v20】においては、MT4だけでなくfxTradeにおいても両建て取引ができるようになりました。

②作成後、従来のアカウントで保有中のポジションを決済し、新たに作成した【v20】アカウントでポジションを建ててください。
※この時点で、従来のアカウントのポジションの損益は確定しますので念のため申し添えいたします。


移管実行日および強制決済日に関しましては、確定次第ご案内申し上げます。


また、ご利用中のMT4アカウントでマイページの口座情報に「MT4」が記載されている「両建て取引不可アカウント」で保有中のポジションは移管されますが、移管後にMT4のログインID、パスワードおよびサーバー名が変更となります。あらかじめ、マイページから【v20 MT4】口座を作成し、新たに取引される場合はこちらをご利用ください。

作成方法は、以下のとおりです。

マイページにログインいただき、口座管理内の「MT4サブアカウントの作成(NYサーバー)」にて新たにMT4サブアカウントを作成してください。

【通貨ペアの設定方法】

新たな口座【v20】の通貨ペアのシンボル名は通貨名の後ろに「-a」「-b」が付記されています。

例:USDJPY-a
USDJPY-b

このため、最初にログインする際に通貨ペアの設定を行う必要があります。

「-a」「-b」が付記されていない場合は通貨ペアが薄いグレーで表示され、取引することができません。




①気配値表示の表示
通貨ペアの設定は気配値表示ウィンドウで行います。
表示されていない場合はMT4上部の「表示」→「気配値表示」を選択し、表示させます。

②すべて非表示にする
気配値表示のレートの上で右クリックし、「すべて非表示」を選択します。



すると、チャートで表示している通貨ペア以外の表示が消えます。

③MT4の再起動
MT4を再起動します。

④すべて表示にする
再起動後気配値表示の上で右クリックし、「すべて表示」を選択します。



ベーシックコース及びデモ口座は【USDJPY-a】プロコースは【USDJPY-b】のついた通貨ペアが表示されますのでこれらの通貨ペアでお取引が可能になります。



解説動画はこちら


ご不明な点等ございましたら、OANDA Japanカスタマーサービスセンターまでご連絡くださいますようお願い申し上げます。

【お問い合わせ】

フリーコール:0120-923-213 (受付時間:平日 午前8:00~午後8:00)
メール:[email protected]

今後とも何卒よろしくお願いいたします。

お知らせ一覧へ戻る