FX初心者の方

日経平均株価(日経225)とは?算出方法や構成銘柄などを解説


リアルタイム更新チャート


OANDAが提供するNIKKEI225指数を参照にしたCFD「JP225」のリアルタイム更新チャートを表示。

最短2時間で取引開始可能! 口座開設お申込み

  • ※スプレッドは東京サーバーコースにある通貨/銘柄はTY3のものを表示しています。それ以外はNY4のものを表示しています。
  • ※オンライン本人確認を利用した場合の最短時間。混雑状況等の事情により、お時間をいただく場合もございます。

日経平均株価(日経225)とは?


日経平均株価とは、日本を代表する株価指数の一つです。日本の新聞会社である「日本経済新聞社」が、東京証券取引所に1部上場する約2,000銘柄の中から、流動性の高い225銘柄を抜き出し算出します。

日本を代表する企業が抜き出されているため、日本の株式市場の動向を把握するのに活用できる株価指数です。また日経平均株価以外にも、TOPIX (東証株価指数)といった株価指数もあります。


日経平均株価(日経225)の算出方法


日経平均株価の算出方法はNYダウと同様に、「ダウ式平均株価」といった方法で算出します。ダウ式平均株価とは「米ダウ・ジョーンズ社」が独自開発したものであり、構成銘柄の入れ替えや権利落ちなどが発生した場合でも、指数の連続性を保たせる算出方法です。

例えば構成銘柄の入れ替えや権利落ちなどが発生した場合、単純平均で算出すると指数の連続性を維持できません。しかしダウ式平均株価は除数である銘柄数を修正し算出するため、指数の連続性を維持できます。


日経平均株価(日経225)の銘柄入れ替え


日経平均株価は年1回(原則10月始め)の定期入れ替えにより、銘柄の見直しが行われます。主に流動性の高さや業種のバランスを考慮し選出します。

  • 流動性の高さ:取引量の多さを指す
  • 業種のバランス:特定業界の影響を受けないようにするためにバランスをとること

また突発的に構成銘柄の上場廃止や2部に降格などの事案が発生した場合、臨時入れ替えが行われます。

                 
定期入れ替え年1回、原則10月初めに実施
臨時入れ替え構成銘柄の上場廃止や2部降格など突発的に銘柄の入れ替えが発生した場合に実施

日経平均株価では常に適切な指数を保つために、定期的な入れ替えや臨時入れ替えなどが行われます。


日経平均株価(日経225)の構成銘柄


日経平均株価にはトヨタ自動車やキーエンスなど、日本を代表する企業の銘柄が含まれます。日経平均株価の時価総額TOP10の銘柄は、以下の通りです。(2021年12月15日現在)

                                                                                 
ランキング 社名
1トヨタ自動車(株)
2ソニーグループ(株)
3(株)キーエンス
4(株)リクルートホールディングス
5日本電信電話(株)
6ソフトバンクグループ(株)
7東京エレクトン(株)
8(株)三菱UFJファイナンシャル・グループ
9信越化学工業(株)
10日本電産(株)

※上記銘柄は、個別銘柄の取引や将来の組入れを保証するものではありません。


日経平均株価、TOPIX、NYダウ、S&P500、NASDAQ指数の違い


日本を代表する株価指数は日経平均株価以外にも、TOPIX (東証株価指数)があります。また米国にも代表する株価指数がいくつもあり、その中には日経平均株価に影響するものもあります。

ここでは日経平均株価やTOPIX、米国を代表する株価指数であるNYダウ、S&P500、NASDAQ指数など、それぞれの違いや値動きについて詳しく解説します。


TOPIX (東証株価指数)とは?


TOPIX (東証株価指数)とは、日経平均株価と並ぶ日本の代表的な株価指数の一つです。東京証券取引所に1部上場する約2,000銘柄を対象に、浮動株調整後の時価総額加重平均で算出します。

日本市場全体の値動きを表していますが、時価総額が大きい銘柄の影響を受けやすいといった特徴もあります。

一方日経平均株価は、流動性の高い225銘柄を抜き出し算出する株価指数です。つまり日本の主要な企業の値動きを把握するのに適していると言えます。

日本市場全体の値動きを把握するならTOPIX、日本の主要な企業の値動きを把握するなら日経平均株価が適していると言えるでしょう。


NYダウとは?


NYダウとはニックネームで呼ばれており、正式名称は「ダウ工業株30種平均」です。ウォール・ストリート・ジャーナルを発行する米国のニュース通信社「米ダウ・ジョーンズ」社が算出・公表する株価指数です。

ナスダック(NASDAQ)とニューヨーク証券取引所(NYSE)に上場している代表的な30銘柄を抜き出し、米ダウ・ジョーンズ社が独自開発した「ダウ式平均株価」といった方法で算出します。

1896年から公表が始まり、米国株価指数の中では最も古い歴史を持ちます。弊社ではUS30(米国ウォールストリート株価指数30)のリアルタイムチャートを提供しています。ぜひ取引のご参考としてください。

US30(米国ウォールストリート株価指数30)のリアルタイムチャート


S&P500とは?


S&P500とはS&Pダウ・ジョーンズ・インデックスが算出・公表する、米国の代表的な株価指数の一つです。

ナスダック(NASDAQ)、ニューヨーク証券取引所(NYSE)、旧アメリカン証券取引所(NYSE American)に上場する500銘柄を抜き出し、浮動株調整後の時価総額加重平均で算出します。

時価総額や浮動株の比率など様々な条件によってスクリーニングされる構成銘柄となっており、勢いのある企業が選出されます。

また「景気先行指標総合指数(LEI)」や「恐怖指数(VIX指数)」などでも利用されており、株価の動向だけではなく経済の動向を把握する際にも活用される株価指数です。

弊社ではUS500(米国S&P株価指数500)のリアルタイムチャートを提供しています。ぜひ取引の参考にしてください。

US500(米国S&P株価指数500)リアルタイムレート

S&P500とは?投資をするならCFD・投資信託・ETFのどれ?


NASDAQ指数とは?


NASDAQ指数には、NASDAQ総合指数とNASDAQ100指数の2種類があります。それぞれの違いは、以下の通りです。

                         
言葉 説明
ナスダック(NASDAQ)株式市場そのものを指す。
NASDAQ総合指数ナスダック市場に上場する全ての企業約3,000銘柄を指数化したもの。
NASDAQ100指数ナスダック市場に上場する企業のうち、時価総額上位の約100銘柄を指数化したもの。

NASDAQ100指数は、時価総額が高い上位100銘柄を抜き出します。NASDAQ総合指数は全ての企業約3,000銘柄を対象としているため、NASDAQ100指数のほうがよりハイテク関連やインターネット関連に絞った動向を分析することが可能です。

弊社ではUS100(米国NASDAQ株価指数100)のリアルタイムチャートを提供しています。ぜひ取引の参考にしてください。

US100(米国ナスダック株価指数100)リアルタイムレート

ナスダック(NASDAQ)とは?ダウやS&P500との違いも解説


日経平均株価、TOPIX、NYダウ、S&P500、ナスダック指数の違いまとめ


日経平均株価、TOPIX、NYダウ、S&P500、ナスダック指数の違いは、以下の表でまとめました。

                                                                                                                                                 
指数名 計算方法 構成銘柄数 特徴
日経平均株価ダウ式平均株価225銘柄東京証券取引所に1部上場する約2,000銘柄から流動性の高い225社を抜き出しているため、日本の主要な企業の動向を把握するのに最適な株価指数。
TOPIX (東証株価指数)加重平均約2,000銘柄東京証券取引所に1部上場する約2,000銘柄を対象としているため、日本市場全体の動向を把握するのに最適な株価指数。
NYダウダウ式平均株価30銘柄米国の株価指数の中で最も古い株価指数。
S&P500加重平均約500銘柄米国株式市場の現在の動向を把握するのに最適な株価指数。
NASDAQ総合指数加重平均約3,000銘柄ハイテク関連やインターネット関連の動向を把握するのに最適な株価指数。
NASDAQ100指数加重平均100銘柄NASDAQ総合指数の銘柄の中から時価総額の高い100社を抜き出しているため、よりハイテク関連やインターネット関連に絞った動向を把握するのに最適な株価指数。

日経平均株価、TOPIX、NYダウ、S&P500、ナスダック指数の比較チャート


日経平均株価、TOPIX、NYダウ、S&P500、ナスダック指数の値動きを、それぞれ比較します。

日経平均株価、TOPIX、NYダウ、S&P500、ナスダック指数の値動き

※2021年12月16日時点のチャート


日経平均株価(日経225)に投資する方法


日経平均株価に投資する方法は、CFD、投資信託、ETFがあります。初心者の方はどの投資方法で運用すればよいのか、迷うかもしれません。CFD、投資信託、ETFそれぞれの違いについて、詳しく解説します。

                                                                                                                                                 
CFD 投資信託 ETF
売買方法買い/売り買いのみ買い/売り(※)
レバレッジ約10倍無し約2倍
手数料無し有り有り
決済期限無し無し無し
売買タイミングリアルタイム数時間程度のタイムラグが発生リアルタイム
取引時間ほぼ24時間基本締め切り時間は15時9時~15時

(※)信用取引の場合は売りも可能

上記表ではCFD、投資信託、ETFを比較しましたが、大きな違いとしてまずレバレッジがあります。CFDは約10倍まで活用できますが、投資信託では無し、ETFでは約2倍程度です。

つまりCFDが一番資金効率の良い取引が可能と言えます。ただしレバレッジを活用すれば、その分大きな損失を出すリスクも高いと覚えておきましょう。

また取引時間にも大きな違いがあり、CFDはほぼ24時間取引できるのに対し、投資信託やETFでは取引時間が決まっています。CFDなら、自分のライフスタイルに合わせた取引が行いやすいと言えるでしょう。

資金効率の良さや投資への取り組みやすさの観点から、日経平均株価に投資するならCFDも選択の一つと言えます。以下では、日経平均株価をCFDで取引するメリット・デメリットについて詳しく解説します。


日経平均株価(日経225)をCFDで取引するメリット


日経平均株価をCFDで取引するメリットは、以下の通りです。

  • レバレッジを活用した取引ができる
  • ほぼ24時間取引ができる
  • 投資信託やETFなど他の投資のリスクヘッジとして活用できる
  • リアルタイムでの売買ができる

レバレッジを活用した取引ができる


日経平均株価のCFD取引なら、レバレッジを活用できます。レバレッジとは、少ない証拠金でも大きな取引ができる仕組みです。弊社のJP225(日経株価指数225)では、1単位から取引ができます。CFDの証拠金を求める計算式は、以下の通りです。

  • 必要証拠金=JP225の現在価格×取引数量÷レバレッジ

例えば2021年12月16日現在の日経平均株価は、約29,000円です。仮に1単位、レバレッジ10倍で取引する場合、上記計算式に当てはめると「29,000円×1(単位)÷10(倍)=2,900円」となり、約2,900円からの取引が可能です。

またレバレッジは少額から取引を始められるだけではなく、資金効率を高める効果もあります。例えばレバレッジを活用せず10,000円の利益を得たとします。しかしレバレッジを10倍で取引した場合、100,000円の利益が発生するのです。

レバレッジを活用することで、少額からの取引や資金効率を高める効果があります。ただしレバレッジは活用した分、大きな損失が発生するリスクもあることを覚えておきましょう。

弊社のCFD取引は銘柄によって証拠金が異なるため、以下よりご確認ください。

CFDの各銘柄の必要証拠金はこちら


ほぼ24時間取引ができる


CFDは銘柄にもよりますが、ほぼ24時間取引をすることが可能です。例えば弊社のJP225(日経株価指数225)なら、早朝8時から翌日の早朝6時まで取引できます。

仕事で忙しい会社員の方や家事・育児で忙しい主婦の方など、自分のライフスタイルに合った取引が可能です。また価格に影響する突発的な事案があった時でも、素早く対応可能なのもCFDの魅力と言えます。

弊社のCFDは銘柄によって取引時間が変わります。サマータイム制度によっても変わるので、以下よりご確認ください。

CFDの取引時間についてはこちら


投資信託やETFなど他の投資のリスクヘッジとして活用できる


投資信託やETFで運用をしている際に、CFDをリスクヘッジとして活用することも可能です。例えば投資信託やETFで日経平均株価を運用しており、含み益のポジションを保有していたとします。

相場が上昇基調であればさらに含み益を伸ばせますが、下落基調の場合は含み益が減少するかもしれません。投資信託やETFは基本買いしかできないため、相場が下落基調の時はただ耐えるしかないのです。

しかしCFDなら売りから取引することも可能なため、相場が下落基調の時でもリスクヘッジとして活用できます。


リアルタイムでの売買ができる


CFDはリアルタイムでの売買が可能です。例えば投資信託では、発注してから注文が約定するまでにタイムラグが生じます。

ある証券会社の投資信託商品では、その日の15時までに申込をすればその日が申込日ですが、実際に約定する基準価格はその日の23時の価格です。

申込をしてから約定するまでに、数時間程度のタイムラグが発生します。相場は常に変動しているため、希望としない価格での約定があるかもしれません。

またその日の15時以降は翌日が申込日となり、更にタイムラグが発生します。その点CFDならリアルタイムでの売買が可能なため、不利な価格で約定するリスクは少ないと言えます。


日経平均株価(日経225)をCFDで取引するデメリット


日経平均株価をCFDで取引するデメリットは、以下の通りです。

  • 配当金が付与されない
  • ファイナンシングコストが発生する
  • 取引ごとにスプレッドが発生する
  • 一定の損失を出すとロスカットリスクがある

配当金が付与されない


CFDは配当金が付与されません。配当金とは、投資している企業から付与されるお金のことです。

一方投資信託やETFでは、分配金が付与されます。分配金とは、投資信託やETFの利益から投資家に還元するお金のことです。

配当金や分配金は定期的に投資成果を受け取れるため、こまめに出金し生活費や別の金融商品へ投資できます。ポジションを保有したまま、その利益を様々な形で活用することが可能です。

しかしCFDではポジションを保有していれば付与される配当金や分配金で利益を得ることは不可能です。ポジションを保有したまま、その利益を別の方法に使うといった活用方法はできないと言えます。


ファイナンシングコストが発生する


CFDはファイナンシングコストが発生します。ファイナンシングコストとは別名「オーバーナイト金利」とも呼ばれ、ポジションを翌日に持ち越すと金利の支払いが発生する仕組みです。

例えばポジショントレードやスイングトレードなど長期的にポジションを保有する場合、ポジションを翌日に持ち越した分金利の支払いが発生します。CFDは長期取引を行うと、取引コストが余計にかかってしまう投資と言えます。

弊社のファイナンシングコストは銘柄によって異なるので、以下よりご確認ください。

ファイナンシングコストについてはこちら


取引ごとにスプレッドが発生する


CFDは取引ごとにスプレッドが発生します。スプレッドとは買値と売値の差であり、取引手数料のようなものです。

例えばスキャルピングデイトレードなど短期売買では、1回の利益が少ない傾向にあるため、取引手数料でトータル収支がマイナスとなってしまう可能性もあります。

長期的に利益を上げ続けるためには、1回で得る利益を大きくし、スプレッドを考慮した取引が大切です。弊社のスプレッドは銘柄によって異なるので、以下よりご確認ください。

CFDの各銘柄のスプレッド一覧はこちら


一定の損失を出すとロスカットリスクがある


CFDは一定の損失を出すと、ロスカットが適用されます。ロスカットとは、有効証拠金必要証拠金を下回ると強制的に決済される仕組みです。

本来は投資家保護の目的で採用されているロスカットですが、執行されると証拠金の大半を失ってしまいます。またロスカットは必ず機能するものではありません。

例えば短期的な相場の変動や窓開けが発生したときなどは、ロスカットが間に合わず預けた証拠金以上の損失を確定させる場合もあります。

低レバレッジでの取引や損切りを活用するなどし、普段の取引からリスクを抑えた取引が大切です。

ロスカットとは?計算方法や回避する対策、メリット・デメリットを紹介

CFD(差金決済取引)を学びたい方へオススメのコンテンツ

CFDと先物取引の違い

OANDAではこれからCFDを始める初心者の方向けに、豊富なコンテンツを提供しています。コンテンツを読み進めていくことで、初心者の方でもCFDをスムーズに始めることが可能です。またOANDAの口座保有者だけが使えるOANDAオリジナルインジケーターも提供しています。是非OANDAの口座開設をご検討ください。


本ホームページに掲載されている事項は、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資方針、投資タイミング等は、ご自身の責任において判断してください。本サービスの情報に基づいて行った取引のいかなる損失についても、当社は一切の責を負いかねますのでご了承ください。また、当社は、当該情報の正確性および完全性を保証または約束するものでなく、今後、予告なしに内容を変更または廃止する場合があります。なお、当該情報の欠落・誤謬等につきましてもその責を負いかねますのでご了承ください。

この記事をシェアする

ホーム » FX/CFD初心者の方 » 日経平均株価(日経225)とは?算出方法や構成銘柄などを解説