新規口座開設

用語解説

FXの自動売買とは?初心者向けにおすすめツールやデメリットなどを紹介


FXの自動売買とは?


FX(外国為替証拠金取引)の取引方法は、大きく分けて自分の判断で取引を行う「裁量トレード」とシステムが自動でトレードを行う「自動売買」の2種類に分けられます。自動売買はシステムが自動で取引を行ってくるので、感情を排除した取引が可能です。本記事では「自動売買」にフォーカスを当てて詳しく紹介します。


FXの自動売買という言葉の意味


FXにおける自動売買とは、MT4(Meta Trader4)/MT5(Meta Trader5)などのプラットフォーム上で、自動売買プログラムを稼働させる取引方法です。設定したプログラムが自動で取引してくれるので、寝ている時も取引できたり感情を排除した取引ができるというメリットがあります。ただし自動売買プログラムで取引を行っても、必ず利益を得られるわけではありません。

またOANDA(オアンダ)の自動売買は、MT4やMT5などのプラットフォームで、EA(Expert Adviser)を使った取引ができます。MT4の場合はMQL4、MT5の場合はMQL5というプログラミング言語を使うことで、自分でEAをプログラムすることも可能です。自分で作ったEAをMT4やMT5にセットすれば、自動売買による取引ができます。

OANDAが提供するEA一覧はこちら


裁量トレード・システムトレード・自動売買の違い


FXの取引方法には裁量トレードと自動売買の2種類があると前述しましたが、さらに詳しく分けるとシステムトレードというものもあります。ここでは、裁量トレード・システムトレード・自動売買の違いを紹介します。

                                                                                     
【裁量トレード、システムトレード、自動売買の違い】
裁量トレード システムトレード 自動売買
売買判断自分の判断で取引初めに条件を設定し、条件が満たしていれば自動で取引売買プログラムを作成し、条件が満たしていれば自動で取引
売買する手段手動手動または自動(プログラム)自動(プログラム)
デメリット感情が入りやすい・感情が入りやすい(手動)
・システムの稼働状況を定期的に確認する(自動)
システムの稼働状況を定期的に確認する

自動売買の種類


FXの自動売買には、「開発型」と「選択型」の2種類があります。それぞれの特徴について詳しく紹介します。


開発型


開発型の自動売買は自分でEA(エキスパートアドバイザー)を作成し、MT4(Meta Trader4)/MT5(Meta Trader5)などの取引プラットフォーム上で稼働させる取引方法です。FXの知識だけではなくプログラミングの知識も必要なので、上級者向けの自動売買といえます。

しかし知識が備わっていれば自由にプログラムを組むことができるので、自分だけのオリジナルEAが作成できるという大きなメリットがあります。また自由にプログラムを変更することも可能です。


選択型


選択型の自動売買は、あらかじめプログラムが組まれているストラテジーを使い取引します。開発型のように難しい専門知識は必要なく、選ぶだけですぐに取引を始めることができるので初心者向けの自動売買です。しかしあらかじめ組まれているプログラムを、途中で変更することはできません。


自動売買のメリット


FXの自動売買には、24時間取引チャンスを逃さないことや感情を排除した取引が行えるなどのメリットがあります。それぞれのメリットについて、詳しく紹介します。


24時間取引チャンスを逃さず自動で取引をしてくれる


FXの自動売買は24時間取引チャンスを逃さず、自動で取引を行うことが可能です。FXは原則土日を除く24時間取引できますが、常にチャートを見続けることは難しいといえます。そのため取引チャンスを逃してしまうことが考えられます。

また昼間に仕事をしている方の場合、日中に取引をすることが難しいです。しかし自動売買なら24時間自動で取引を行うので、寝ている時や仕事をしている時などでも取引チャンスを逃すことはありません。忙しい方でもFXに取り組むことができる取引方法です。


感情を排除した取引ができる


FXの自動売買はプログラムが自動で取引を行ってくれるので、感情を排除した取引が可能です。人は感情に支配されがちなため、稼ぎたいという気持ちが強くなかなか損失を受け入れられない傾向があります。

損切りができないことやルールを無視した取引というのは感情に支配された取引であり、それが原因で大きな損失を出してしまうというのはよくある失敗パターンです。しかし損失を出しても常に冷静に対処できるスキルを取得するには、ある程度の経験や訓練が必要といえます。

そこで自動売買ならプログラムが自動で取引を行ってくれるので、感情に支配されるということがありません。損失を出しても常に一定のルールで取引ができることは、FXで利益を得ていくために大切なことです。


自動売買のデメリット


FXの自動売買にはメリットもありますが、デメリットもあります。ここでは自動売買のデメリットついて詳しく紹介します。


相場の急な変動に対応できないことがある


FXの自動売買によって、レンジ相場に強いものやトレンド相場に強いものがあります。例えばトレンド相場の状態でレンジ相場に強い自動売買を使っても、うまく利益を得ることは難しいです。

どのような相場でも利益を得る万能な自動売買は存在しないため、相場の急な変動では損失を出してしまう可能性があります。相場の状況に適した自動売買を使えているか見極める必要があります。


自動売買でも損失を出す時がある


FXに限らず投資では、必ず損失を出します。自動売買も例外ではありません。例えばレンジ相場の時にレンジ相を得意とする自動売買を利用しても、損失を出す時もあります。自動売買を使えば必ず利益を得られるという考えを持つのはおすすめしません。


FX取引におすすめの自動売買プログラム・ツール


OANDAでは独自の技術で開発したMT4/MT5専用の「オリジナルEA」や「REST API」という自動売買ツールを提供しております。それぞれの特徴について詳しく紹介します。


OANDAが提供するMT4/MT5専用のEA


OANDAが提供するEAは、MT4/MT5にセットし利用することができます。一般的なEAの入手方法は、以下の通りです。

  • MT4/MT5のライブラリやマーケットから入手する
  • インターネット上で販売されているEA(Expert Adviser)を購入し入手する
  • 自分でプログラムを組み作成する

上記の方法でEAを取得しますが、初心者の方が選ぶには少し難しいです。また、インストールした後にMT4やMT5にセットするやり方も、スムーズに行かない場合も多いです。

OANDAでは新規口座開設をした方向けに、「オリジナルEA」や「市場開始レンジ戦略EA」など様々なEAを無料公開・配布しております。インストール後のMT4やMT5に導入するやり方も動画で詳しく解説しているので、初心者の方もスムーズに自動売買取引を始めることが可能です。

*OANDAが提供するオリジナルEAは一生懸命考えて作りましたが、先述の通り万能な自動売買ツールはありません。損失が発生する可能性もあります。

OANDAが提供するEA一覧はこちら


REST API


OANDAでは「REST API」というAPIサービスを利用した自動売買取引ができます。自分自身で作成した自動売買プログラムを、APIを通じてOANDAのオンライン取引システムへ接続することで自動売買が可能です。

OANDAの「REST API」について詳しく知りたい方はこちら


OANDAで自動売買取引を始めるやり方


OANDAで自動売買取引を始めるやり方は、以下の通りです。

OANDAでは新規口座開設をした方向けに、上記のやり方をすべてビデオコンテンツで詳しく紹介しております。動画で解説をしているので、初心者の方もスムーズに自動売買を導入することができます。

OANDAの新規口座開設はこちら


FXの自動売買に関するよくある質問


ここでは自動売買に関するよくある質問に答えます。


自動売買の中には詐欺のようななものはありますか?


インターネットやWeb上では様々な自動売買プログラムが存在します。中には、「勝率100%」や「月利〇%以上」などのフレーズで売り出しているものもあります。しかしFXでは100%成功する取引手法や自動売買プログラムなどは存在しません。そのような誇大広告を見て自動売プログラムを選択するのはおすすめではありません。


自動売買で大損する危険性はありますか?


高いレバレッジでの取引で無理な取引を行えば、大きな損失を出すリスクは高いです。レバレッジは元手資金の何倍も大きな取引をできるメリットがありますが、使い方を誤れば危険性は高いものといえます。

レバレッジのかけ方や初心者におすすめの倍率などを、以下のコンテンツで詳しく紹介しております。是非ご参考ください。

レバレッジとは?計算方法やFX初心者におすすめの倍率も紹介


自動売買は必ず儲かりますか?


FXにおいて必ず利益を得られる取引手法や自動売買はありません。そのため許容できる損失額を事前に把握し、常にリスクを抑えた取引が大切です。そのような取引を行うための手段として、ストップロスがあります。

ストップロスのやり方や目安、設定方法などを以下のコンテンツで詳しく紹介しております。是非ご参考ください。

ストップロスとは?言葉の意味ややり方、MT4/MT5への設定方法も紹介


OANDAが提供する自動売買の使い方に関するコンテンツ集


自動売買の使い方に関するコンテンツ集を以下にまとめました。使い方で分からない時は、是非ご参考ください。


MT4(メタトレーダー4)自動売買の導入方法①(自動売買の準備)


自動売買を行うたまには、事前準備をする必要があります。MT4のインストール方法やEAの導入方法などを詳しく紹介します。

MT4(メタトレーダー4)自動売買の導入方法①(自動売買の準備)


MT4(Meta Trader4)自動売買プログラムの設定方法を紹介


自動売買プログラムをMT4に設定する方法やオンオフを切り替える方法などを詳しく紹介します。

MT4(Meta Trader4)自動売買プログラムの設定方法を紹介


MT4でバックテストを行うやり方は?できない場合の対処方法も紹介


EAの導入後、そのEAが利益を出せるのかをバックテストで検証します。MT4でバックテストを行うやり方について詳しく紹介します。

MT4でバックテストを行うやり方は?できない場合の対処方法も紹介


MT4(メタトレーダー4)の自動売買の導入方法③(最適化)


バックテスト時に最適化をすることで、どのパラメーターが利益を出しているのか確認することができます。最適化のやり方について詳しく紹介します。

MT4(メタトレーダー4)の自動売買の導入方法③(最適化)


MT4(メタトレーダー4)の自動売買の導入方法④(自動売買の稼働)


バックテストや最適化の完了後、期待できるEAがあれば自動売買を開始します。まずはデモ口座や少額でフォワードテストをすることがおすすめです。フォワードテストのやり方について詳しく紹介します。

MT4(メタトレーダー4)の自動売買の導入方法④(自動売買の稼働)


MT4(メタトレーダー4)Beeks FX でのMT4の日本語設定方法


Windows Server 2012 R2の日本語設定方法について詳しく紹介します。

MT4(メタトレーダー4)Beeks FX でのMT4の日本語設定方法


本ホームページに掲載されている事項は、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資方針、投資タイミング等は、ご自身の責任において判断してください。本サービスの情報に基づいて行った取引のいかなる損失についても、当社は一切の責を負いかねますのでご了承ください。また、当社は、当該情報の正確性および完全性を保証または約束するものでなく、今後、予告なしに内容を変更または廃止する場合があります。なお、当該情報の欠落・誤謬等につきましてもその責を負いかねますのでご了承ください。

この記事をシェアする

ホーム » 用語解説登録 » FXの自動売買とは?初心者向けにおすすめツールやデメリットなどを紹介