システム障害対応ポリシー

OANDA Japan株式会社(以下「当社」といいます)は、システム障害の発生により、インターネット経由でのお取引に支障をきたした場合、以下のように対応いたします。

1.システム障害の定義

本ポリシーにおいて「システム障害」とは、当社が提供するシステム(当社のカウンターパーティーに起因する配信障害を含む)に発生した不具合等により、インターバンク市場のレートから著しく乖離したレートをお客様に配信した場合、お客さまがインターネット経由でご注文いただけない状況となった場合、またはお客さまから当社が受託したご注文の執行が遅延もしくは不能となった状態であると当社が判断した場合をいいます。なお、お客さまのパソコン、携帯電話、固定電話、インターネット通信回線の不具合等、当社の責に帰さない障害の場合は、システム障害の対象には含まれません。

2.システム障害の告知方法

システム障害が発生した場合、速やかに当社のホームページまたは電子メールにて「障害情報」をお知らせします。また、システム障害の状況をできる限り速やかに把握し、最新の状況、代替手段、復旧見込み、その他必要な情報等を随時更新いたします。 なお、当社からお客様へ個別にシステム障害発生のご連絡は行いません。

3.障害時における受注体制

システム障害時には、原則として一切ご注文を承ることができません。システム障害が発生した状況で受注を行った場合、事故を誘発し、ひいてはお客様にとって不利益になると考えられるためです。予めご了承ください。

4.正常に執行されなかった注文の取扱い

お客様からシステム障害発生以前に受託した注文(当社において、システム・ログ確認ができる注文のみを対象とさせていただきます。)に関し、システム障害の影響により正常に執行できなかった場合は、弊社での注文受付、発注時刻、価格動向等を照合・検証したうえ、以下の通り対応させていただきます。

  • (1)本来約定すべき価格と異なる価格で約定した場合
    本来約定すべきであった価格で約定した場合との差額の入出金処理を行います。
  • (2)本来約定すべき注文が未約定であった場合
    お客様から約定の意思表示を頂戴した場合は、新たに注文を発注いただき、その約定価格と本来約定すべき価格との差額の金処理等を行います。
  • (3)本来約定すべきでない注文が約定してしまった場合
    約定した注文を約定しなかったものとして、反対売買により取消を行います。約定した価格と決済価格に差額が生じた場合は、差額の入出金処理を行います。
  • (4)本来取消されるべき注文が正常に取り消されず約定した場合
    約定した注文を約定しなかったものとして、反対売買により取消を行います。約定した価格と決済価格に差額が生じた場合は、差額の入出金処理を行います。
  • (5)スワップポイントが不当に反映された場合または反映されなかった場合
    本来付与されるべきスワップポイントとの差額金の入出金処理を行います。

5.免責事項

お客様のパソコン、インターネット通信回線による不具合等の障害などが原因の場合は、当社は一切の責任を負うものではありません。また、当社のシステム・ログにおいてお客様の発注の事実が確認できなかった場合、また当社システム障害のため発注ができない、約定結果の画面反映が遅れ反対売買が行えない場合等、仮定に基づく注文の成立(いわゆる「機会損失」)を求める場合についても、システム障害の処理の対象とはなりません。なお、金融商品取引業者は、法律で定められている方法以外による損失の補てんは認められておりません。「示談」あるいはそれに類似するようなお申し出に対しては応じかねます。