OANDA fxTrade API のご紹介 - オアンダ ジャパン -

OANDA fxTrade API のご紹介

APIサービスご利用のメリット

APIサービスを利用することにより、お客様自身で開発したトレードツールから、暗号化された通信チャネルを使用し、OANDAのオンライン取引システムへ接続することができます。

これにより、為替レートの取得、注文、チャートへのアクセスなどを含む全ての取引機能をご利用いただけるため、自動売買するなどお客様ご自身でお好みの取引環境や取引条件でトレードすることが可能となります。 さらに、プラットフォームやプログラミング言語に依存しない仕様ですので、お好みの環境でご利用いただけます。

概要

APIご利用事例/ケーススタディ

弊社のAPIご利用事例を下記に一覧します。これらは、本社のお客様がRESTAPIを活用したケーススタディとなります。開発のヒントになれば幸いです。※内容は本社顧客事例となりますので、一部日本国内で適用しない場合があります。あらかじめご了承ください。

サービス比較表

OANDAでは、現在REST、JAVA、FIX、MT4と4つのAPIを提供しています。各APIの概要を下記表にまとめましたので、お客様のニーズにあったAPIをご利用ください。

一般
カテゴリ REST API Java SDK FIX MT4
スタートするために必要な情報        
利用条件

①OANDA Japanに口座をお持ちのお客様で、口座残高が25万円以上ある方
②API契約書の内容に同意していただける方
③プログラムを設計、実装できるだけの専門知識をお持ちの方

OANDA Japanに口座をお持ちのお客様

料金 ①初期費用 無料
②月額利用料金 無料
③必要な口座残高 25万円以上
なし
仕様書(日本語)
※差分がある場合は英語が優先となります。ご了承ください。
RESTAPI仕様書(日本語) なし FIX API仕様書 なし
仕様書(英語) RESTAPI仕様書(英語) Java SDK仕様書(英語) FIX API仕様書(英語) MT4仕様書(英語:β版)
ライセンス契約書 OANDA Japanで口座開設後、fxTradeLoginからログインし、『APIアクセスの管理』を選択し、『RESTAPI』を選択し、パーソナルトークンを発行してください。 OANDA Japanで口座開設後、fxTradeLoginからログインし、『APIアクセスの管理』より『JAVA/FIX API』を選択し、必須項目をご記入の上、お問い合わせください。 後日、接続に必要な情報を送付させていただきます。 MT4ソフトウェアダウンロード時に確認
APIアクセス認証の方法 オンライン・セルフサービス
OS 全て(オンライン) 全て (Java) 全て Windows
アクセス オンライン ソフトウェアをダウンロード オンライン ソフトウェアをダウンロード
利用可能なOANDA拠点 全て 全て 全て 全て
API契約書締結など のサポート 日本語サポートあり 日本語サポートあり 日本語サポートあり ×
プログラムの内容などの技術的なサポート 英語メールでのサポートのみ
英語メールでのサポートのみ 一部日本語サポートあり ×
注文タイプ
カテゴリ REST API Java SDK FIX MT4
サポートされている注文タイプ        
成行注文
MIT注文(MarketIfTouched) ×
ストップオーダー ×
リミットオーダー ×
利益確定・ストップロス ×
トレイリングストップ × ×
OCO注文(TP/SL pair only) ×
サポートされている注文の有効期間        
FOK × × ×
IOC × × ×
DAY × × ×
GTD
最大期間 100 日間 100 日間 100 日間 100 日間
サポートされている取引オペレーション内容
注文の作成
上限/下限価格の設定 × ×
注文の変更
部分決済 × × ×
全注文のキャンセル × × ×
特定通貨の全決済 × × × ×
ポジション決済 × ×
全チケット決済 × × ×
一定の期間が過ぎた注文のリジェクト(X秒経過した注文を拒否する機能) × × × 1秒 ×
口座管理
カテゴリ REST API Java SDK FIX MT4
取得可能なアカウント情報        
口座一覧 × ×
口座のステータス(残高、有効証拠金残高など) ×
ポジション一覧 × ×
ポジション、未実現損益(P/L) × ×
チケット一覧 ×
注文一覧 ×
直近の注文履歴一覧 ×
口座履歴 × × ×
保有レコードの上限 2週間、最大5000レコード × 90日間
チケット情報、銘柄、履歴など
カテゴリ REST API Java SDK FIX MT4
取得可能なリソース情報        
チケット情報 ×
トレーリング数量の取引 × ×
注文が作成された際の注文ID × ×
注文情報
取引内容 × ×
取得可能な相場情報について        
銘柄一覧 ×
取引可能な通貨ペア(日本ではCFD銘柄はお取引できません。) 取引可能な通貨ペア 取引可能な通貨ペア 取引可能な通貨ペア 取引可能な通貨ペア
銘柄情報 ×
現在レート
銘柄履歴
銘柄履歴のキャッシュ × ×
最大履歴レコード数 5,000/ページ 5,000/ページ 制限なし
過去に戻れる期間 完全 完全 Varies by interval >=Daily, Complete
ローソクデータ 売り、買い、中値 × 売りのみ
サポートされているインターバル S5, S10, S15, S30, M1, M2, M3, M5, M10, M15, M30, H1, H2, H3, H4, H6, H8, H12, D, W, M S5, S10, S15, S30, M1, M2, M3, M5, M10, M15, M30, H1, H2, H3, H4, H6, H8, H12, D, W, M M1, M5, M15, M30, H1, H4, D1, W1, MN
ローソク足の調整 × ×GMT+2
ストリーミング技術のサポート        
ストリーミングレート
ストリーミングイベント ×
サポートされているストリーミングイベント 利益確定、ストップロス、MIT、約定、ロスカット、マージンコール、エントリー・エクジット、注文、約定が失敗した場合のキャンセル注文
注文の更新、チケットの更新、取引履歴の更新、全情報の更新 (これらのイベントは、利益確定、ストップロス、MIT、約定、口座情報に関係するすべてのイベント、チケット、注文、トランザクションにより発生します。) 約定と失効したメッセージ、キャンセル。他のソースからの情報を無視されます。
         
カテゴリ REST API Java SDK FIX MT4
価格クオートのポリシー/制限        
ユーザ毎のストリーム 2 無制限 無制限 無制限 (1毎/ターミナル )
レート制限(ポーリング) 15 ×ポーリングなし 100 (標準),ユーザ名、IPアドレスで設定が可能 ストリーミングは常時有効。ポーリングは、ローカルのキャッシュに対し実行される
技術制限など        
プログラム言語 HTTP対応、またはjsonパルサー対応されている言語 Java ソケットコミュニケーションに対応している言語 MQL4 (+ DLLs)
フォーマット JSON SDK Text SDK
コミュニケーションプロトコル HTTP OMP (propriatry protocol) TCP/FIX Proprietary
接続状況 stateless stateful stateful
APIで開発可能なアプリケーション        
ウェブ × ×
デスクトップ Windows only
モバイル × ×
アプリ利用について        
第3者のアプリケーション (OAuth)
個人利用目的のアプリケーション
認証関連・その他API
  REST API Java SDK FIX MT4
利用されている認証、セキュリティについて        
OAuth × × ×
ユーザ名/パスワード × ×
アカウント/パスワード × ×
読み取り専用アクセス × ×
メッセージの暗号化 両方(暗号化を推奨します。) SSL  
カスタムインジケーターのサポート        
カスタムインジケーターのプログラム × × ×
ビルドインインジケーターのクエリー × × ×
カスタムインジケーターのクエリー × × ×
バックテストツール × × ×
他のAPIとの双方利用        
fxLabs API × ×
Autochartist API × × ×

ご注意事項

  • APIライセンスは1つのfxTrade口座とそれに関連するサブアカウント、およびテストに使用する1つのfxTrade練習用口座に対してのみ有効です。また、サポートは1つのfxTradeのみ提供されます。
  • API取引はカスタマーサポートの対象外です。APIの内容、プログラミング並びにネットワークの構築等に関する技術的なご質問にはお答えできませんので予めご了承ください。
  • デモ口座だけでのAPIのご利用申請は受け付けておりません。デモ口座でのAPIのご利用は本番口座でAPIのお申込みをされたお客様に限らせていただきます。

お手続きの流れ

  • STEP1

    口座開設

  • STEP2

    契約書締結

  • STEP3

    疎通テスト
    (デモAPI有効化)

  • STEP4

    取引開始
    (Live API有効化)

Step1

まずは弊社に口座を開設してください。(既に口座をお持ちの方は必要ございません。)

Step2
  • REST APIはオンライン認証となります。 My fxTrade Accountにログイン後、パーソナルトークンを発行してください。
  • FIXとJavaはMy fxTrade Accountにログイン後、専用フォームよりお申し込みください
Step3

弊社にてデモAPIを有効化し、お客様側で疎通テストを行っていただきます。
※REST APIは不要

Step4

疎通テスト完了後、弊社にてLive APIを有効化し取引開始となります。
※REST APIは不要

その他お問い合わせ

その他、何かご質問などございましたら、お気軽に下記ボタンよりお問い合わせください。後日弊社よりご連絡をさせて頂きます。

お問い合わせ