FX初心者の方

FXを資産運用に選ぶ理由5つ|株・投資信託との違いやリスクも紹介

「FXは資産運用として大丈夫?」「FXが資産運用に選ばれる理由は?」などの疑問をお持ちの方も多いかもしれません。

しかし世の中にはFXで資産運用を行い、利益を上げ続けている方がいるのも事実です。本記事では、FXが資産運用に選ばれる理由やFXのリスクなどについて詳しく紹介します。


そもそもFXとは?


FXとは日本語で外国為替証拠金取引と呼びます。外国為替証拠金取引は、外国為替と証拠金取引を合わせた言葉です。

  • 外国為替:2つの異なる通貨を売買すること
  • 証拠金取引:取引する担保のようなもの

つまりFXは証拠金を担保に通貨を売買し、利益を得る投資方法といえます。

例えば1ドル100円で買いポジションを保有し1ドル101円で決済すれば、1円の利益が発生します。また1ドル100円で買いポジションを保有し1ドル99円で決済すれば、1円の損失です。

このようにFXでは、為替差益を狙って取引を行います。


FXが資産運用に選ばれる理由


ではなぜFXが資産運用に選ばれるのでしょうか?以下で詳しく紹介します。


少額から資産運用を始められる


FXは少額から資産運用を始めることが可能です。FX会社では最小取引数量、つまり1回の取引で最低限必要な資金が決められています。最小取引数量は、FX会社やそのFX会社が提供する取引コースなどによって変わります。

1通貨や1,000通貨などがあり、最小取引数量が小さいほど少額からの取引が可能です。1通貨や1,000通貨で取引する際の必要証拠金の計算式は、以下の通りです。

  • 必要証拠金=現在の為替レート×最小取引数量÷レバレッジ25倍

例えば現在の為替レートが1ドル=100円、最小取引数量が1通貨、レバレッジ25倍の条件で取引を行います。「100×1÷25=4」となり、4円の証拠金が必要とわかります。

このようにFXは少額からの取引が可能であり、初心者の方が資産運用を始めやすい投資と言えるでしょう。


通貨への投資ができる


FXは米ドルや円などの通貨を対象とした投資です。一般的にこれから経済成長が見込める国の通貨は、価格が上昇する可能性もあります。

FXを利用すれば、そういった国の通貨に投資することも可能です。純粋に通貨への投資に興味があるのであれば、適している投資と言えるでしょう。


他の投資の為替ヘッジが期待できる


FXは他の投資を行っていた場合に為替変動リスクの回避、つまり為替ヘッジが期待できます。例えば投資信託や株などでアメリカの金融商品に投資をし、株価が上昇傾向で利益を得ていたとします。

しかし株価は上昇傾向でも為替が円高傾向であれば、為替の方で損失を出してしまい利益が減少してしまうでしょう。

FXを活用することで円高になっても米ドルを売れるため、為替で損失を出した分のリスクヘッジが可能です。


金利(スワップポイント)で利益を得られる


FXは金利によって、毎日利益を得ることが可能です。これをスワップポイントとも呼びます。

例えば日本円のような低金利通貨を売り、トルコリラのような高金利通貨を買うことでその差額を毎日受け取れます。

より戦略的に取引を行えば、頻繁に売買を行わなくても毎日スワップポイントを受け取れる不労所得のような仕組みを作ることも可能です。

ただし低金利通貨を買い、高金利通貨を売ってしまうとマイナススワップとなり逆に支払いが発生するので注意しましょう。

FXのスワップポイントについてはこちら


24時間取引可能であり忙しい方でも取引しやすい


FXは原則平日の24時間取引を行うことが可能です。例えば株の投資は、9時から15時までしか取引を行えません。

平日は仕事で忙しい方が株の取引をするのは難しいです。その点FXであれば24時間取引が可能なため、仕事で忙しい方でも取り組みやすいと言えるでしょう。

FXの取引時間についてはこちら


FXのリスクやその対策


資産運用としてFXは魅力的ですが、当然リスクもあります。ここではFXのリスクとその対策について詳しく紹介します。


為替の変動によって損失を出すリスク


FXは為替の変動によって損失を出す、為替変動リスクがあります。相場は上がったり下がったりを繰り返すため、常に一方方向へ動いているわけではありません。

価格が上がると思って買っても、価格が下がり損失を出すときもあります。このようにFXは為替の変動によって、利益だけではなく損失も出すリスクが発生します。


対策:損切りを活用する


FXには勝率100%の取引手法や必ず機能するテクニカル分析などはありません。言い換えれば必ず損失を出します。

長期的に利益を上げ続けるためには、損失を最小限に抑えることが大切です。そのために必要なことは、損切りです。

特にFX初心者の方は損切りができず、その結果大きな損失を出してしまうパターンが多いと言えます。

為替変動リスクから大切な資金を守るためにも、損切りを活用できるようになりましょう。損切りのやり方については、以下の記事を御覧ください。

ストップロスとは?


レバレッジによって損失を出すリスク


FXはレバレッジによって損失を出す、レバレッジリスクがあります。レバレッジとは、少ない資金で大きな利益を得られる仕組みのことです。

レバレッジはFXの大きな魅力とも言えますが、間違った使い方をすれば大きな損失を出す可能性があります。

FXのレバレッジについてはこちら


対策:レバレッジは5倍~10倍程度を目安に取引を行う


国内FXの最大レバレッジは、25倍(個人の場合)と決められています。だからと言ってレバレッジ25倍で取引を行えば、リスクが大きく危険です。

初心者の方は、レバレッジ5倍~10倍程度を目安に取引を行いましょう。低レバレッジでの取引だからと言って適当な取引をすれば、大きな損失を出します。

リスクを抑えるためにも、損切りを活用しましょう。


流動性リスク


FXの流動性リスクとは市場の取引量が少なく、思うように注文の発注や決済ができなくなるリスクのことです。

FXは売り手と買い手がいるため、取引が行えます。しかし流動性が低いと市場にいる売り手と買い手も少なくなるため、注文を発注しても成立しづらいと言えます。

逆に流動性が高ければ売り手と買い手もたくさんおり、希望通りの価格で約定しやすいと言えるでしょう。


対策:流動性の高い通貨ペアで取引を行う


流動性リスクは、通貨ペアによって変わります。米ドルや円、ユーロなどメジャー通貨と呼ばれる通貨は、流動性が高い傾向にあります。

逆にトルコリラやメキシコペソなどのマイナー通貨は、流動性が低いと言えるでしょう。まずは米ドルや円、ユーロなどメジャー通貨で取引することをおすすめします。

またメジャー通貨でも、一時的に流動性が低くなる場合もあります。それは重要な経済指標の発表前や年末年始、クリスマスなどです。

流動性が低くなる場合は、無理な取引はやめましょう。


FX・株・投資信託の違い


投資にはFXや株、投資信託など様々な種類があります。しかしどの投資を選ぶかによって、運用方法は大きく変わります。

例えばFXや株などは、自分で銘柄や通貨を選び取引するのが一般的です。しかし投資信託では、ファンドマネ―ジャーと呼ばれるプロが運用を行います。

このように投資によっては、自分で運用するかプロに任せるか変わってくるのです。

それぞれの違いについては、以下コンテンツで詳しく紹介しています。ぜひご参考ください。

FXと株の違いについてはこちら


FXの始め方ややり方


FXを始めるには、まずFX会社の口座開設を行う必要があります。口座開設に必要なものや流れなどは、以下コンテンツで詳しく紹介しています。ぜひご参考ください。

FXの口座開設についてはこちら


FXでの資産運用ならOANDAをご検討ください


弊社が適用するFXサービス「fx Trade」なら、1通貨単位から取引が可能です。つまり約4円(1ドル100円計算)からの少額取引が行えます。

その他にも初心者向けコンテンツを豊富に提供しており、初めての方でも安心して始められるようサポート致します。ぜひ弊社のFXサービスを使い、資産運用を検討ください。

OANDAの口座開設はこちら

FX初心者にオススメのコンテンツ

CCI

これからFXを始める初心者の方向けに、豊富なコンテンツを提供しています。コンテンツを読み進めていくことで、初心者の方でもFXをスムーズに始めることが可能です。またOANDAの口座保有者だけが使えるOANDAオリジナルインジケーターも提供しています。是非OANDAの口座開設をご検討ください。


本ホームページに掲載されている事項は、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資方針、投資タイミング等は、ご自身の責任において判断してください。本サービスの情報に基づいて行った取引のいかなる損失についても、当社は一切の責を負いかねますのでご了承ください。また、当社は、当該情報の正確性および完全性を保証または約束するものでなく、今後、予告なしに内容を変更または廃止する場合があります。なお、当該情報の欠落・誤謬等につきましてもその責を負いかねますのでご了承ください。

この記事をシェアする

ホーム » FX/CFD初心者の方 » FXを資産運用に選ぶ理由5つ|株・投資信託との違いやリスクも紹介