fxTrade 操作マニュアル(Desktop版)

取引の始め方

クイックスタート方法

本項目はすぐに取引を始めたいユーザー向けのマニュアルとなります。詳細事項については省略しております。

アカウントの確認

サブアカウントをお持ちの場合、取引の前に現在のアカウントで問題ないかどうか確認してください。

  • プルダウンメニューから「ツール」→「ユーザー設定」→「その他」とおすすみいただき、
    「サブアカウントを並べ替える」にチェックを入れ、「適用」→「保存」の順にクリックしてください。
  • 口座情報のボタンをクリックし、「1」と「2」を切り替えることでお持ちのアカウントを確認できます。
    ※サブアカウントは本番口座で最大5アカウント、デモ口座で最大5アカウント作成可能です。

取引を開始する

  • レートパネルから取引したい通貨ペアの[売]または[買]をクリックします。通貨ペアと[売]または[買]が選択された状態で注文ウィンドウが表示されます。
  • マーケットオーダーまたはリーブオーダーのどちらかを選択します。
  • 数量を入力します。
  • リーブオーダーの場合はターゲットとなる為替レートと期間を入力・選択します。
  • オプションとして、スリッページ上限またはスリッページ下限またはその両方、ストップオーダーまたはリミットオーダーまたはその両方を設定することができます。
  • 送信ボタンをクリックします。

レートリストをカスタマイズする 

  • レートリストボックスの上部にあるアイコンをクリックします。
  • すべての通貨ペア、またはお客様の選択した通貨ペアのみを追加・削除します。
  • [保存]をクリックします。
  • 現在の画面設定を保存するには、[ツール]>[現在の画面設定を保存]を選択します。

ポジションを決済する

  • 取引テーブル内の決済したいポジションを選択します。注文チケットウィンドウが表示されます。このウィンドウ内でポジションの決済または変更を行うことができます。初期設定ではポジションの決済になっています。
  • [送信]ボタンをクリックします。 全てのポジションを決済する場合は[口座]>[一括処理]>[全ポジション決済]を選択します。

決済の指値を設定する

  • 取引テーブル内の指値を設定したいポジションを選択します。注文チケットウィンドウが表示されます。
  • [変更]ボタンにチェックをいれます。
  • ストップオーダー、リミットオーダーのどちらかまたは両方を追加します。また既存のレートを変更することもできます。
  • [送信]ボタンをクリックします。

トレールストップオーダーを設定する

  • 取引を始めます(または修正します)。
  • [トレールストップ]にチェックをいれます。
  • しきい値(単位はプライスまたはピップス)を初期設定またはお客様の決めた数値を入力します。
  • [送信]ボタンをクリックします。

新規指値をキャンセルする

  • 注文状況テーブルをクリックします。注文チケットウィンドウが表示され、現在の新規および決済の指値のキャンセル、変更ができます。初期設定ではキャンセルが選択されています。
  • [キャンセル]ボタンにチェックがついていることを確認し、[送信]ボタンをクリックします。

新規指値を変更する

  • 注文状況タブで該当する注文を選択します。注文チケットウィンドウが開きます。
  • [変更]を選択します。
  • 数量、注文レート、有効期限、スリッページ下限、スリッページ上限、リミットオーダー、ストップオーダーの変更などを入力します。
  • [送信]ボタンをクリックします。

チャートの変更

  • チャート上部のプルダウンメニューから3番目を選択します。
  • チャートのタイプを選びます。注意:現在の買値、売値などを表示したい場合、チャートオプション(チャート上部のアイコン)をクリックします。

トレンドラインを引く

  • トレンドラインを引くには、チャート上部のアイコンをクリックします。
  • お好みのトレンドラインを選びます。
  • トレンドラインの始点の位置をカーソルで選びクリックします。(垂直または平行なトレンドラインを引く場合のクリックは1回です。)
  • トレンドラインの終点の位置をカーソルで選び、クリックします。

それぞれの通貨に対するリスクを見る

[取引中通貨]のタブを選択します。それぞれの通貨の「買い」「売り」ポジションすべてを総合し、現在のレート変動のリスクにさらされている資産の度合いを確認することができます。

履歴をチェックする

マイページログイン後の【口座管理】から【帳票ダウンロード】より取引履歴をご確認いただけます。