テクニカル分析解説

移動平均線を用いるさまざまな分析方法はどんな場面の判断に使える?


代表的な分析方法の特徴をまとめ


一口に移動平均線(Moving Average:MA)による分析といっても、複数本を組み合わせたり、単純移動平均線(Simple Moving Average:SMA)を改良して作られたテクニカル指標を用いたりと、さまざまな方法があります。“移動平均線系”の分析に万能なものはなく、それぞれに一長一短があるわけですが、それではどの分析方法がどんな場面の判断に使えるのでしょうか?

代表的な分析方法や、移動平均線から派生したテクニカル指標について、「もみ合いの判断」「もみ合いでの売買」「トレンドの発生」「トレンドの継続」「トレンドの転換」のどれを得意とするか、その特徴をまとめます。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                 
分析方法 もみ合いの判断 もみ合いでの売買 トレンドの発生 トレンドの継続 トレンドの転換
1本の移動平均線
2本の移動平均線(長期+短期)
2本の移動平均線(始値+終値)
2本の移動平均線(高値+安値)
3本以上の移動平均線
複合型移動平均線(GMMA)
アリゲータ
HiLoアクティベータ
ハル移動平均線
エンベロープ
ボリンジャーバンド
MACD
TRIX

表に挙げた移動平均線以外の分析方法は、下記の特徴を持ちます。

                                                                                                           
インジケーター 意味
複合型移動平均線12本の移動平均線を組み合わせ
アリゲータ3本の先行移動平均線を用いる手法
HiLoアクティベータ高値移動平均線と安値移動平均線を合成したテクニカル指標
ハル移動平均線多重移動平均線の一種
エンベロープ移動平均線から一定幅のバンドを示すテクニカル指標
ボリンジャーバンド移動平均線の上下に標準偏差のバンドを示すテクニカル指標
MACD移動平均線同士の乖離を示すテクニカル指標
TRIX多重移動平均線の一種

移動平均線系分析の大まかな傾向


上表が示す通り、移動平均線を用いる分析方法は、もみ合いでの売買判断に向きません。3本以上を組み合わせた場合は、もみ合いの判断ができるようになるものの、それでも売買判断まではできないのです。一方、移動平均線から発展したエンベロープやボリンジャーバンドは、もみ合いでの売買判断が可能です。特にボリンジャーバンドは、あらゆる場面で分析できる特徴を持ちます。

ちなみに、もみ合いでの売買判断が得意なのは、相場の買われ過ぎ・売られ過ぎを表すオシレーター系指標です。これらと組み合わせて分析することで、移動平均線系分析の弱点を補うことができます。画像1は、2本の移動平均線と、オシレーター系指標のRSIを組み合わせた例です。チャート中央のレンジ相場では、移動平均線が横ばいに推移して機能していませんが、RSIでは逆張りの売買シグナル(買われ過ぎゾーン・売られ過ぎゾーンからの反転)が発せられています。

画像1/移動平均線とRSIの組み合わせ

移動平均線とRSIの組み合わせ

なお、一般的にトレンド系指標は順張り、オシレーター系指標は逆張りに向いていると言われますが、そうした先入観を持たない方が良いでしょう。どちらのテクニカル指標も少し見方を変えるだけで、逆の判断が可能になることもあるからです。

監修:山中康司氏

移動平均線についてもっと学びたい方へのオススメコンテンツ

移動平均線

移動平均の基本的な知識や使い方などのOANDAオリジナルのコンテンツのほか、長く為替トレーディングの第一線で活躍されてきた山中康司(やまなかやすじ)氏監修のもとMT4/5での移動平均線インジケーターの使用方法、トレーディングアイデアをご紹介します。またOANDAオリジナル・インジケーター「OANDA_Multi_MA」・「OANDA_Multi_5MA」・「OANDA_MA_PO_Alert」・「OANDA_Multi_Trendmeter」を無料配布中。このインジケーターはOANDAの口座をお持ちのお客様だけがお使いいただけます。


本ホームページに掲載されている事項は、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資方針、投資タイミング等は、ご自身の責任において判断してください。本サービスの情報に基づいて行った取引のいかなる損失についても、当社は一切の責を負いかねますのでご了承ください。また、当社は、当該情報の正確性および完全性を保証または約束するものでなく、今後、予告なしに内容を変更または廃止する場合があります。なお、当該情報の欠落・誤謬等につきましてもその責を負いかねますのでご了承ください。

この記事をシェアする
移動平均線
米ドル円(USD/JPY)の値動きをグランビルの法則で分析
NYダウ(US30CFD)の値動きをグランビルの法則で分析
日経平均株価(JP225CFD)の値動きをグランビルの法則で分析
グランビルの法則の買いサイン4・売りサイン8を使った取引手法
グランビルの法則の買いサイン3・売りサイン7を使った取引手法
グランビルの法則の買いサイン2・売りサイン6を使った取引手法
グランビルの法則の買いサイン1・売りサイン5を使った取引手法
移動平均線におけるゴールデンクロス・デッドクロスとは?言葉の意味やだましについて解説
移動平均線を用いるさまざまな分析方法はどんな場面の判断に使える?
多重移動平均線とは?言葉の意味やTRIXと組み合わせた手法も紹介
ハル移動平均線とは?言葉の意味や他の移動平均線との違いを紹介
上位時間軸の流れが分かるMTF移動平均線
12本の移動平均線を組み合わせるGMMA(複合型移動平均線)
同じ期間の移動平均線(終値+始値)を組み合わせた手法
同じ期間の移動平均線(高値+安値)を組み合わせた手法
古くから用いられる移動平均線の組み合わせ!アレンの4-9-18日手法
ギャンのHiLoアクティベータとは?使い方や取引手法を紹介
先行移動平均線(DMA)とは?ディナポリやアリゲータ手法について紹介
複数本(3本、4本)の移動平均線の使い方や取引のやり方
指数平滑移動平均線の計算方法や他の移動平均線との違いを紹介
移動平均線を何本組み合わせるかで読み取れる情報の変化
2本の移動平均線の使い方や売買シグナル、相場分析方法を紹介
1本の移動平均線の見方や使い方、売買シグナルなどを詳しく解説
移動平均線(MA)の適用価格とは?パラメータ画面で選べる7種類を比較
移動平均線(MA)の代表的なパラメータとそれぞれの期間の違い
加重移動平均線(WMA)とは?計算方法や単純移動平均線(SMA)との違い
移動平均線とは?言葉の意味や期間設定、見方・使い方などを紹介
単純移動平均線(SMA)とは?計算方法や他の移動平均線との違いも紹介
移動平均線の期間設定値は何が最適?MT4やMT5への設定方法も紹介
グランビルの法則とは?8つの売買パターンや注意点などを紹介
異なる時間軸の移動平均線を表示可能なマルチタイム移動平均線インジケーター
MT4/ MT5が標準搭載する4種別の移動平均線を比較
移動平均線の基本的な見方・使い方、トレーディングアイデアを紹介

ホーム » テクニカル分析解説 » 移動平均線を用いるさまざまな分析方法はどんな場面の判断に使える?