テクニカル分析解説

NYダウ(US30CFD)の値動きをグランビルの法則で分析


トランプショックでのサイン


グランビルの法則は、200日移動平均線と価格の位置関係から、売買のタイミングを読み取るチャート分析方法です。上昇トレンドが始まり、継続し、やがて終焉する流れと、その後に始まる下降トレンドにおける同様のサイクルの中で、4種類の買いサインと、4種類の売りサインが発せられます。この記事では、NYダウ(US30CFD)でグランビルの法則が見られた例を見ていきます。

NYダウは2016年11月のトランプ大統領(当時)当選以降、トランプラリーと呼ばれる株価の急回復(上昇トレンド)が始まりました。右肩上がりの200日移動平均線まで、ほとんど押し目を作らないままに上昇を続けますが、乖離率がピークとなった2018年1月の高値更新後、2月に入ってから大幅な急落が起こりました(VIXショック)。この急落はグランビルの法則により、事前に警戒することも可能だったといえます。

VIXショックでのサイン

上画像は、上昇トレンド後に急落した局面のチャートです。移動平均線からの乖離を判断するために、OANDA_Multi_MA_Deviation(移動平均乖離率)を表示しています。このチャートを見て分かる通り、2018年1月の高値更新の局面は、移動平均線乖離率がピークアウトを示しています。つまり、売りサイン8(上向きの移動平均線から価格が上に大きく乖離する)の条件を満たしていると考えられます。

売りサイン8発生後の値動きは、移動平均線へと回帰する傾向があるので、それを知っていれば急落の察知とまではいかないものの、下落を警戒することができたというわけです。実際の値動きを確認すると、急落後に移動平均線の手前で一度反発しましたが、その後再び下落の流れが継続して移動平均線まで戻っています。

なお、OANDA_Multi_MA_Deviation(移動平均乖離率)は、OANDAラボから入手できます(ダウンロードするためにはログインが必要です)。

MT4/MT5のおすすめインジケーターライブラリ


コロナショック後の上昇トレンドで買いサイン3が発生


NYダウのコロナショック後の値動きを振り返ります。下画像は、コロナショックから回復し、上昇トレンドが始まったときの値動きを示したものです。

コロナショック後の上昇トレンド

2020年2月にコロナショックが発生した際、NYダウは暴落し、一時18,500ドルまで落ち込みました。しかしそこからV字回復して移動平均線を上抜けると、本格的な上昇トレンドが始まります。

この上昇トレンドの初動は、グランビルの法則の教科書通りにはいかない崩れた形ですが、買いサイン1と解釈することができます。つまり、横ばいの移動平均線に対して、価格が下から上に突き抜ける動きがあり、その後は移動平均線をまたいで上下するもたつきを見せたものの、やがて弾みを付けて上昇の勢いを強めた様子がトレンド発生と解釈できるのです。

コロナショック後のNYダウは好調そのもので、2020年11月下旬には30,000ドルの大台を史上初めて突破。その後も上昇力が弱まることなく、高値を更新し続けており、2021年7月下旬には35,000ドルを上回りました。それ以降に移動平均線の手前まで下落して押し目を作り、買いサイン3の条件を満たしています。買いサイン3発生後は、必ずしも上昇するわけではありませんが、ここまでのNYダウの強さを考えると、さらなる高値更新が期待できます。

これほどまでに強気なNYダウが崩れるとすれば、移動平均線が横向き(あるいは下向き)になり、それを価格が下回る売りサイン5(下降トレンドの初動を表す)が発生した場合です。


休むも相場


NYダウは右肩上がりに成長し続けているといわれていますが、200日移動平均線を上に下に行ったり来たりする推移が続く期間が長くありました。下画像は2018年8月~2020年8月の範囲のチャートですが、この間はグランビルの法則と呼べるサインは出ておらず、トレードが難しい環境であることがうかがえます。トレンドレスな状況が続いた後には、必ずトレンドが発生します。そのタイミングをしっかりと待つことが重要であることも、グランビルの法則は示唆しています。

2018年8月~2020年8月の範囲のチャート

OANDA証券(以下、弊社)では、NYダウ(ダウ工業株30種平均)をCFDで取引することが可能です。NYダウのリアルタイムチャートやCFDで取引をするメリット・デメリットなどについては、以下コンテンツをご参考ください。

NYダウ(ダウ工業株30種平均)CFDリアルタイム更新チャート


本記事の監修者・平野朋之


ネット証券で、FX業務全般、自己売買部門のディーラー、投資情報室の情報発信、セミナー講師などの業務に携わる。現在は独立して株式会社トレードタイムを設立。マーケット情報の発信や投資教育を行うかたわら、オリジナル手法での自己売買も精力的に行う。

グランビルの法則を学びたい方へオススメコンテンツ

グランビルの法則の買いサイン1・売りサイン5を使った取引手法

OANDA証券ではグランビルの法則に関する基礎知識や専門家による監修記事など、豊富に提供しています。特に専門家の監修記事では、全8種類あるグランビルの法則の売買サインを一つ一つ詳しく解説しています。また日経平均株価(JP225CFD)NYダウ(US30CFD)米ドル円(USD/JPY)の値動きも分析しています。グランビルの法則を使い取引をしたいと考えているのであれば、ぜひご参考ください。


本ホームページに掲載されている事項は、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資方針、投資タイミング等は、ご自身の責任において判断してください。本サービスの情報に基づいて行った取引のいかなる損失についても、当社は一切の責を負いかねますのでご了承ください。また、当社は、当該情報の正確性および完全性を保証または約束するものでなく、今後、予告なしに内容を変更または廃止する場合があります。なお、当該情報の欠落・誤謬等につきましてもその責を負いかねますのでご了承ください。

この記事をシェアする
移動平均線
米ドル円(USD/JPY)の値動きをグランビルの法則で分析
NYダウ(US30CFD)の値動きをグランビルの法則で分析
日経平均株価(JP225CFD)の値動きをグランビルの法則で分析
グランビルの法則の買いサイン4・売りサイン8を使った取引手法
グランビルの法則の買いサイン3・売りサイン7を使った取引手法
グランビルの法則の買いサイン2・売りサイン6を使った取引手法
グランビルの法則の買いサイン1・売りサイン5を使った取引手法
移動平均線におけるゴールデンクロス・デッドクロスとは?言葉の意味やだましについて解説
移動平均線を用いるさまざまな分析方法はどんな場面の判断に使える?
多重移動平均線とは?言葉の意味やTRIXと組み合わせた手法も紹介
ハル移動平均線とは?言葉の意味や他の移動平均線との違いを紹介
上位時間軸の流れが分かるMTF移動平均線
12本の移動平均線を組み合わせるGMMA(複合型移動平均線)
同じ期間の移動平均線(終値+始値)を組み合わせた手法
同じ期間の移動平均線(高値+安値)を組み合わせた手法
古くから用いられる移動平均線の組み合わせ!アレンの4-9-18日手法
ギャンのHiLoアクティベータとは?使い方や取引手法を紹介
先行移動平均線(DMA)とは?ディナポリやアリゲータ手法について紹介
複数本(3本、4本)の移動平均線の使い方や取引のやり方
指数平滑移動平均線の計算方法や他の移動平均線との違いを紹介
移動平均線を何本組み合わせるかで読み取れる情報の変化
2本の移動平均線の使い方や売買シグナル、相場分析方法を紹介
1本の移動平均線の見方や使い方、売買シグナルなどを詳しく解説
移動平均線(MA)の適用価格とは?パラメータ画面で選べる7種類を比較
移動平均線(MA)の代表的なパラメータとそれぞれの期間の違い
加重移動平均線(WMA)とは?計算方法や単純移動平均線(SMA)との違い
移動平均線とは?言葉の意味や期間設定、見方・使い方などを紹介
単純移動平均線(SMA)とは?計算方法や他の移動平均線との違いも紹介
移動平均線の期間設定値は何が最適?MT4やMT5への設定方法も紹介
グランビルの法則とは?8つの売買パターンや注意点などを紹介
異なる時間軸の移動平均線を表示可能なマルチタイム移動平均線インジケーター
MT4/ MT5が標準搭載する4種別の移動平均線を比較
移動平均線の基本的な見方・使い方、トレーディングアイデアを紹介

ホーム » テクニカル分析解説 » NYダウ(US30CFD)の値動きをグランビルの法則で分析