オアンダラボ 30の戦略

OANDAオープンオーダーで反発、ブレイクを狙う

OANDAのオープンオーダーをチェックすると、相場の節目となりそうな水準が確認できるほか、相場心理を読みやすくなるというメリットがあります。

 

オープンオーダーで反発、ブレイクアウトのポイントを狙う

今回ご紹介するのは、オープンオーダーで短期的な相場の反発ポイント、値動きの加速ポイントを探り、コツコツ利益を積み上げていく戦略になります。

 

戦略の詳細

OANDAオープンオーダーはOANDAグループの顧客のオーダーを公開したものです。

OANDAグループは日本のみならず、海外での多くの顧客を抱えているため、このオープンオーダーを見ると世界中のトレーダーの注文状況を把握できるます。

今回はこのオープンオーダーを使用した反発、ブレイクを狙った戦略をご紹介したいと思います。

 

なぜ、そこにオーダーがあるのか?

オーダーがあるということは、オーダーをその水準に置いた理由があります。

多くのトレーダーはチャート上の転換ポイントと考えられる水準にオーダーを置く傾向があり、オーダーを見ることでチャート上のポイントを見つけやすくなります。

 

例えば、下のEURUSDのチャートでは1.0700-1.0720付近に買いの注文が厚めに入っています。

openorder1

 

なぜ買いが厚めに入っているのでしょうか?

チャートを見ると、答えが見えてきます。

その水準は直近でサポートとなっているほか、その前にはレジスタンスとして上値を抑えているのが確認できます。

そのため、トレーダー達はこの水準が重要な水準と考え、この水準まで下がってきたら、一度は反発する可能性が高いため、買いのオーダーを置いていると推測されます。

openorder2

 

このような場面では1.07に迫るような場面で買いの注文を入れ、ストップ注文を1.07を割り込んだところに置き、反発を狙うという戦略が考えられます。

そうすれば、リスクは20pips以内に抑えられ、リスクを抑えつつ、反発を狙うことができます。あまり欲張り過ぎず、少し上昇したところで利益を確定し、また、同じ水準まで下落してきたら繰り返し買いを入れ、コツコツと利益を積み上げていきます。

また、1.07を割り込んできた場合には、それだけの買い注文を消化するほど下押し圧力が強いということが確認できるほか、チャート上の節目を割り込んできたということで売りの勢いが増す可能性が高まっていると考えることができます。また、1.07に迫るところで買いを入れた参加者の損切り注文も入り易いと考えられます。

そのため、売りでエントリーします。ストップ注文は厚めの買いが入っていた少し上の水準か、直近の高値の上付近に置いておき、ある程度利益が乗ったところで利益確定します。

 

ONE POINT

単純にオーダーだけで判断するのではなく、普段ご自身で分析に用いているツールなどを併せて分析し、なぜその水準にオーダーが入っているのかを考えながらトレードすると、より値動きの癖が掴み易くなると思います。

 

まとめ

大きなオーダーがある付近はチャート上の節目となっていることが多いため、そのオーダーの手前での反発を狙う。

ストップはそのオーダーを抜けたところに置く。

さらに、オーダーを抜けた方向へエントリーする。ストップはオーダーのあった場所の少し先、または直近の高値、安値。

あまり無理をせず、コツコツと利益を積み上げていく。

 

実践で生かせる「30の投資戦略」をさらに読みたい方へオススメコンテンツ

fx 口座開設

OANDA証券では、相場の節目や投資家心理などを分析する「OANDAオーダーブック」、各市場の値動きの癖を分析する「各マーケットHigh Low表示」など、取引に役立つツールやインジケーターの提供を行っています。
「30の戦略」カテゴリでは、それらのツールやインジケーターを使い、実践の取引で生かせる戦略に関するコンテンツを豊富に提供しています。
たとえば「OANDAオーダーブック」に関するコンテンツでは、短期的な相場の反発ポイントや値動きの加速ポイントなどを探る方法について解説しています。
OANDA証券のツールやインジケーターを使い様々な戦略を公開しているので、ぜひ実践取引にお役立てください。


本ホームページに掲載されている事項は、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資方針、投資タイミング等は、ご自身の責任において判断してください。本サービスの情報に基づいて行った取引のいかなる損失についても、当社は一切の責を負いかねますのでご了承ください。また、当社は、当該情報の正確性および完全性を保証または約束するものでなく、今後、予告なしに内容を変更または廃止する場合があります。なお、当該情報の欠落・誤謬等につきましてもその責を負いかねますのでご了承ください。

この記事をシェアする
オアンダラボ 30の戦略
平均足とケルトナーチャネルを利用したデイトレードのアイデア
平均足と単純移動平均線を利用した早期利確型デイトレードのアイデア
平均足と単純移動平均線を利用した短期型デイトレードのアイデア
平均足と単純移動平均線を利用したスイングトレードのアイデア
2本のRSIを利用デイトレードのアイデア
3本の移動平均線を利用したスキャルピングトレードのアイデア
2本の移動平均線を利用した短期型デイトレードのアイデア
Trading Viewでドル円と日米10年債利回りを比較する方法
Trading Viewのアラート機能の使い方や設定方法
Trading Viewのインジケーターにインジケーターを追加する方法
Trading Viewの銘柄設定と円ドル表記にする方法
Trading Viewにインジケーターを表示する方法と各種設定
Trading Viewのチャートで他の銘柄と比較する方法
Trading Viewの注文発注やキャンセル方法などを紹介
Trading Viewの出来高プロファイルとは?見方や設定方法を紹介
MT4のトレード詳細レポートでトレード成績を確認する方法
ハーモニックパターンとは?Trading Viewでの活用方法
ラインブレイクチャート(新値足)でトレンドを把握する
Donchianとは?意味やMT4への設定方法、活用方法を紹介
Chart in Chartで隠れた心理的節目をチェックする
MT4用インジケーターChart-In-Chartの使い方を紹介
RSIで相場の流れを探る
マルチタイムフレームとは?入手方法やMT4への設定方法を紹介
ダイバージェンスを使い相場の反転タイミングを察知する方法
Point and figureを使い価格のターゲットを算出する方法
Point and figureを使ったトレンド分析のやり方
Tickチャートを使用し、FX市場での短期トレード戦略を構築する
FX相場の各市場の値動きの癖を探す
シカゴIMMポジションを使い相場のトレンドを把握する方法を紹介
OANDAオープンオーダーで反発、ブレイクを狙う

ホーム » 30の戦略 » OANDAオープンオーダーで反発、ブレイクを狙う