オアンダラボ 30の戦略

Trading Viewのアラート機能の使い方や設定方法

Tradingview(トレーディングビュー)では様々なアラートを設定することができます。
単純な価格水準に対してのアラートに加え、トレンドラインやインディケーターの水準などにもアラートを設定することが可能です。

FX市場ではレンジやトレンドラインを抜けるような動きとなったところで相場が勢いづくことが珍しくありません。
アラートを設定しておくとチャートに張り付いていないときでも、そのような相場の変化を把握することができるようになります。

 

Trading Viewのアラート設定

TradingViewのアラートの設定はチャート上部のツールバーのアラートの設定の部分をクリックして行います。

 

アラートの設定画面の設定項目は次ように分類され、設定画面で設定します。

 

①アラートの条件

どのような状況になったらアラートを発動するかを指定します。

 

②繰り返しの有無

1回きりのアラートか繰り返し使うアラートかなど、アラートの繰り返しの設定を行います。

 

③有効期限

アラートの有効期限を設定します。

 

④通知方法

アラートの通知方法を指定します。画面にポップアップのほか、EメールやSMSにて通知する方法などがあります。
音を鳴らす場合は音の種類を選択します。

 

⑤通知されるメッセージ

通知されるメッセージを指定します。

 

FXの価格を基準にアラートを設定する場合

FXの価格に対してアラートを設定する場合は、設定画面の上部で条件を設定します。

 

①の部分のプルダウンでは次の項目から条件を選択できます。

 

②の部分では基準となる価格を設定します。

①でチャネルのように2つの価格を指定するものを選択した場合は2つ価格を入力する欄が表示されますので2つの価格を指定します。

 

トレンドラインを基準にアラートを設定する場合

トレンドラインに対してアラートを設定する場合はそのトレンドラインの上でクリックし、
ラインが選択された状態で右クリックし、「アラートを追加 on トレンドライン」 を選択。
トレンドラインに対してのアラート設定画面を表示させます。

また、トレンドラインの設定画面でも「アラート」タブを選択すると設定画面が表示されます。

 

アラートの設定画面では条件のところがトレンドラインになっていることを確認します。

価格に設定する場合同様に、条件、通知方法を設定します。

 

インディケーターを基準にアラートを設定する場合

インディケーターの数値を元にアラートを表示させる場合はそのインディケーターをチャート上に表示させる必要があります。

インディケーターを表示させた状態でアラートの設定画面を開くと、通貨ペアの部分から、アラートを表示させることができるインディケーターが表示されます。

 

RSIのように一つの数値のインディケーターの場合はその数値を指定しますが、
MACDのように複数の数値を表示するインディケーターの場合はインディケーター名の横に
どの数値を元にアラートを設定するかを選択する欄が現れるので、プルダウンで指定します。

 

MACDのようなインディケーターの場合はインディケーターの数値だけではなく、シグナルとMACDの公差というようなアラートの条件を設定することができます。

 

アラートの管理

設定したアラートはチャートの右側の部分で管理することができます。

右端のツールバーの時計のようなマークの部分をクリックするとアラートの管理画面に移行します。
上段で各アラートの管理を行い、下段がアラートの履歴を表示します。

 

アラートの停止、再生、変更、削除

各アラートの停止、再生、削除は上段の部分で行います。

アラートの上にカーソルを当てると、下の図のように「停止(再生)」、「設定」、「削除」のボタンが表示されるので、
そのボタンをクリックすると設定することができます。

 

「停止・再生」ボタン

アラートが稼働中の場合は停止ボタンが表示され、アラートが停止中の場合は再生ボタンが表示されます。
ここで、停止、稼働を切り替えることができます。

 

「設定」ボタン

歯車のような形の設定ボタンをクリックするとアラートの設定画面に移行します。ここでアラートの設定を変更することができます。

 

「削除」ボタン

「×」の削除ボタンをクリックすると不要になったアラートを削除することができます。

 
TradingView(トレーディングビュー)から直接OANDA Japan FXの取引が可能になりました。
本ホームページに掲載されている事項は、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資方針、投資タイミング等は、ご自身の責任において判断してください。本サービスの情報に基づいて行った取引のいかなる損失についても、当社は一切の責を負いかねますのでご了承ください。また、当社は、当該情報の正確性および完全性を保証または約束するものでなく、今後、予告なしに内容を変更または廃止する場合があります。なお、当該情報の欠落・誤謬等につきましてもその責を負いかねますのでご了承ください。

この記事をシェアする
オアンダラボ 30の戦略
平均足とケルトナーチャネルを利用したデイトレードのアイデア
平均足と単純移動平均線を利用した早期利確型デイトレードのアイデア
平均足と単純移動平均線を利用した短期型デイトレードのアイデア
平均足と単純移動平均線を利用したスイングトレードのアイデア
2本のRSIを利用デイトレードのアイデア
3本の移動平均線を利用したスキャルピングトレードのアイデア
2本の移動平均線を利用した短期型デイトレードのアイデア
Trading Viewでドル円と日米10年債利回りを比較する方法
Trading Viewのアラート機能の使い方や設定方法
Trading Viewのインジケーターにインジケーターを追加する方法
Trading Viewの銘柄設定と円ドル表記にする方法
Trading Viewにインジケーターを表示する方法と各種設定
Trading Viewのチャートで他の銘柄と比較する方法
Trading Viewの注文発注やキャンセル方法などを紹介
Trading Viewの出来高プロファイルとは?見方や設定方法を紹介
MT4のトレード詳細レポートでトレード成績を確認する方法
ハーモニックパターンとは?Trading Viewでの活用方法
ラインブレイクチャート(新値足)でトレンドを把握する
Donchianとは?意味やMT4への設定方法、活用方法を紹介
Chart in Chartで隠れた心理的節目をチェックする
MT4用インジケーターChart-In-Chartの使い方を紹介
RSIで相場の流れを探る
マルチタイムフレームとは?入手方法やMT4への設定方法を紹介
ダイバージェンスを使い相場の反転タイミングを察知する方法
Point and figureを使い価格のターゲットを算出する方法
Point and figureを使ったトレンド分析のやり方
Tickチャートを使用し、FX市場での短期トレード戦略を構築する
FX相場の各市場の値動きの癖を探す
シカゴIMMポジションを使い相場のトレンドを把握する方法を紹介
OANDAオープンオーダーで反発、ブレイクを狙う

ホーム » 30の戦略 » Trading Viewのアラート機能の使い方や設定方法