オアンダラボ 30の戦略

Trading Viewの銘柄設定と円ドル表記にする方法

TradingView(トレーディングビュー)のチャートでは為替相場をはじめ、様々な市場、銘柄のチャートを表示できます。

価格情報以外にも、米国の一部経済指標の結果をグラフで表示することもできます。

また、価格に計算を加えて表示させることができるため、
通貨ペアを逆にして表示すること(例えば、ドル円を円ドルで表示)なども可能です。

 

Trading Viewの銘柄の選び方

TradingView(トレーディングビュー)のチャート上部にある窓に表示したい銘柄を入力すると候補が表示されるので、選択します。

Trading View(トレーディングビュー)チャートの銘柄設定と円ドル表記にする方法

 

ちなみに銘柄の右部分に配信先が表示されます。OANDAと表示されているものがOANDAから配信されているレートです。

 

価格に計算を加えたチャートを表示する場合

価格に計算を加える場合は通貨ペア名の部分に数式を入れます。

通貨ペアの部分にカーソルを置くと右側に使用できる符号が表示されます。

Trading View(トレーディングビュー)チャートの銘柄設定と円ドル表記にする方法

 

例えばドル円を円ドルで表示させたい場合は「1/」をUSDJPYの前に加えます。
(手入力で入力することもできますし、右側の「1/」ボタンをクリックすると通貨ペアの前に加えられます)

すると、1ドル=〇〇円から、1円=〇〇ドルの表示に切り替えることができます。

また、通貨先物市場などでは100円=〇〇ドルで取引されているため、これに併せるのであれば、これに100を掛けます。

掛け算を行う場合は「*」を使用します。

よって100円=〇〇ドルのチャートを表示させる場合は、次のような式を通貨ペアの部分に入力します。

 

1/USDJPY*100

Trading View(トレーディングビュー)チャートの銘柄設定と円ドル表記にする方法

 

これで、100円=〇〇ドルのチャートが表示されました。

表示させる価格の桁数を調整したい場合はチャート設定画面のスケールタブから行います。

右下の「少数の桁」の部分で任意の桁数に設定することができます。

Trading View(トレーディングビュー)チャートの銘柄設定と円ドル表記にする方法

  TradingView(トレーディングビュー)から直接OANDA Japan FXの取引が可能に

この記事をシェアする
オアンダラボ 30の戦略
平均足とケルトナーチャネルを利用したデイトレードのアイデア
平均足と単純移動平均線を利用した早期利確型デイトレードのアイデア
平均足と単純移動平均線を利用した短期型デイトレードのアイデア
平均足と単純移動平均線を利用したスイングトレードのアイデア
2本のRSIを利用デイトレードのアイデア
3本の移動平均線を利用したスキャルピングトレードのアイデア
2本の移動平均線を利用した短期型デイトレードのアイデア
Trading Viewでドル円と日米10年債利回りを比較する方法
Trading Viewのアラート機能の使い方や設定方法
Trading Viewのインジケーターにインジケーターを追加する方法
Trading Viewの銘柄設定と円ドル表記にする方法
Trading Viewにインジケーターを表示する方法と各種設定
Trading Viewのチャートで他の銘柄と比較する方法
Trading Viewの注文発注やキャンセル方法などを紹介
Trading Viewの出来高プロファイルとは?見方や設定方法を紹介
MT4のトレード詳細レポートでトレード成績を確認する方法
ハーモニックパターンとは?Trading Viewでの活用方法
ラインブレイクチャート(新値足)でトレンドを把握する
Donchianとは?意味やMT4への設定方法、活用方法を紹介
Chart in Chartで隠れた心理的節目をチェックする
MT4用インジケーターChart-In-Chartの使い方を紹介
RSIで相場の流れを探る
マルチタイムフレームとは?入手方法やMT4への設定方法を紹介
ダイバージェンスを使い相場の反転タイミングを察知する方法
Point and figureを使い価格のターゲットを算出する方法
Point and figureを使ったトレンド分析のやり方
Tickチャートを使用し、FX市場での短期トレード戦略を構築する
FX相場の各市場の値動きの癖を探す
シカゴIMMポジションを使い相場のトレンドを把握する方法を紹介
OANDAオープンオーダーで反発、ブレイクを狙う

ホーム » 30の戦略 » Trading Viewの銘柄設定と円ドル表記にする方法