オアンダラボ 30の戦略

Tickチャートを使用し、FX市場での短期トレード戦略を構築する

Tickチャートとは?

Tickチャートは時間の経過と共に左へ移動していく通常のローソク足と異なり、設定した一定のティック(価格の更新)があった場合に左へスライドするチャートで、FXの短期トレーダーに人気のチャートです。

一定のティック数で更新するチャートであるため、価格の更新頻度の少ない場面ではローソク足が次の足に移動するまでに時間がかかり、価格の更新頻度の高い場面では次の足に移動するまでの時間は短くなります。

Tickチャートは価格更新頻度に関わらず、均等な時間で移動する通常のローソク足と比べ、価格の方向性が掴み易いという特徴があります。

OANDAではFXの短期トレード用にMT4(メタトレーダー4)でTickチャートを表示するインジケーターを配布しています。

MT4用Tickチャートインジケーターのダウンロードはこちら

 

FX市場での短期トレード戦略の構築

今回はOANDAのTickチャートを用いて、FX市場での短期のトレード戦略について考えてみたいと思います。

FXの短期売買では自分なりにルールを構築することが重要です。

相場の状況は日々変化します。

FX初心者の方は、自分でルールを作り、自分なりのルールに変更を加えながら自分なりの取引スタイルを確立できるようになることをまずは目指しましょう。

今回はTickチャートを使用したドル円の短期トレードのルール作りの例を挙げてみたいと思います。

Tickチャートの設定では今回、FX短期トレーダーに人気の高い70Tickを1本の足とするTickチャートを使用します。

また、併せて指数移動平均線を表示させエントリーポイントを探ってみたいと思います。

設定画面では次のように設定します。

<

tick4

 

今回の作戦では20に設定した指数移動平均線(EMA)の向き、ローソク足の終値に注目してエントリーポイントを探ってみることにします。

まずは基本的な戦略を考えます。

 

基本戦略

【エントリーのタイミング】

EMAが上向きで移動平均線にタッチもしくは下抜けてからTickチャートが終値でEMAの上に戻ってきた場合(陽線)に次の足で買いでエントリー

EMAが下向きで移動平均線にタッチもしくは上抜けてからTickチャートが終値でEMAの下に戻ってきた場合(陰線)に売りで次の足でエントリー

 

【利益確定と損切りの水準】

利益確定は5Pipsとします。

損切りは直近の安値の1pip下(買いでエントリーの場合)、直近の高値の1pip上(売りでエントリーの場合)

損切りまでの水準が5pips以上ある場合はエントリーを見送ります。

 

(注)戦略はあくまでも一例です。必ず勝てるということを保証するものではありません。

 

実戦

この内容でエントリーポイントを考えると次のようになります。

印の内容は次の通りとなります。

赤の下向き三角形が売りでエントリーのポイント

青の上向き三角形が買いでエントリーのポイント

赤の点線が損切り水準

黄色の点線が利益確定水準

ticks1

 

①EMAが下向きでEMAにタッチし下落したため、次の足でエントリーしています。5pipsの利益をしっかりと獲得することができています。

②①同様にEMAが下向きでEMAにタッチした後下落したため、次の足でエントリーしましたが、-5pipsの損切りに引っかかってしまっています。

③EMAがしっかりと上向きに変わった後にEMAにタッチし反発したため、買いでエントリー。ギリギリ5Pipsの利益確定。

④EMAが上向きとなっている状態を維持したまま移動平均線を下抜けたものの次の足ですぐに反発したためエントリー。利益確定ライン、損切りラインいずれにも届かず。

⑤④同様に移動平均線を割り込むもののすぐに反発する動きとなったため買いでエントリー。5pipsの利益確定。

⑥移動平均にタッチし、反発したためエントリー。ストップが近かったため-3pipsの損失

 

続き

ticks2

 

続いて、今回のエントリールールには加えていませんが、⑦の部分で比較的典型的なな売りパターンが出てきましたのでご案内します。

高値圏でのダブルトップです。

高値の更新に失敗し、直近の安値(ネックライン)を割り込み、その部分がレジスタンスとなり、再度下落というパターンです。

このパターンは短期で買っていた参加者の心が折れるポイントの一つです。

このような場合は売りでエントリーすると勝率が高いという傾向があります。

ticks3

 

続いて

⑧EMAがしっかりと上向いた後、EMAにタッチし陽線となっているので買いでエントリー。ギリギリ5pipsの利益確定となりました。

⑨EMAが上向きを維持したままEMAに価格がタッチし反発したため買いでエントリー。5pipsの利益確定となりました。

以上⑦を抜くと8回トレードして5勝2敗1引き分けとなりました。ざっくりとしたPips損益では+17pips程度の利益となっています。

いつもこのような成績となるとは限りませんが、なんとか戦略としては機能しそうです。

引き分けとしたのは④の取引です。そのまま持って入ればストップにかからず、+5pipsとなったのですが、途中揉み合いとなってしまったので±ゼロ付近での撤収としました。

 

ルールの追加・修正

このような短期トレードの戦略で少し注意したいのは強いレジスタンス、サポートがある場合です。

今回も、111.40付近に上値を数回ブロックしているレジスタンスがあり、買いで持っている場面でストレスを感じました。

tick5

 

このようなレジスタンス、サポートが付近にある場合は注意が必要です。再度この水準がサポート、レジスタンスとなるような場合には損切り水準となっている5pips程度は押し戻される可能性が高まります。

そのような水準がある場合は何回目のトライであるかどうかなどを基準に検討するとよいと思います。

2回機能している水準は3回目でも跳ね返す可能性は高そうですが、4回目、5回目のトライとなると破られる可能性も高まり、また抜けた後の動きも大きくなる傾向があります。

また、上記④の取引のような場合の対処法も決めておいた方が良いと思います。

そのまま保有でも今回のようにリミット到達となる可能性もあり、損失も限定されているため、そのまま保有というのも一つの手です。

また、含み益が一定数増えたら損切り水準を±0付近まで動かすという手も挙げられると思います。今回はそのようにしました。

そして、この戦略が上手く機能しないパターンの一つに次の例のように値動きが狭いレンジ内で膠着してしまう場面があります。

tick6

 

このような場合もこのレンジをしっかりと抜けるまではトレードを見送る必要がありそうです。

 

このことをルールに加えた例は以下のようになります。

【追加ルール】

レジスタンス、サポートを確認した場合は回避を検討する。

利益が3pips以上になった時点でストップを±0までスライド。

狭いレンジ推移に陥った場合はレンジを抜けるまでエントリーしない。

 

このようにトレードルールを自分なりに定めていくと、徐々に改善しなければならない点が見えてきます。

それを元に実戦を行い、トレードルールを確立していきます。

自分で考えて作ったルールであれば、どこが問題があり、どこを改善すればよいのかを見つけ易くなると思います。

 

まとめ

FXのトレード戦略の構築は基本戦略の作成、実戦(デモでも可)、戦略の追加・変更を繰り返すことが重要。

自分なりにルールを定める必要があります。ライフスタイルによりFXトレードに費やせる時間などは人それぞれです。また、自分で考えて作ったものでなければ、どこを改善すればよいか分からなくなってしまいます。

コツコツと努力することが大事です。

実践で生かせる「30の投資戦略」をさらに読みたい方へオススメコンテンツ

fx 口座開設

OANDA証券では、相場の節目や投資家心理などを分析する「OANDAオーダーブック」、各市場の値動きの癖を分析する「各マーケットHigh Low表示」など、取引に役立つツールやインジケーターの提供を行っています。
「30の戦略」カテゴリでは、それらのツールやインジケーターを使い、実践の取引で生かせる戦略に関するコンテンツを豊富に提供しています。
たとえば「OANDAオーダーブック」に関するコンテンツでは、短期的な相場の反発ポイントや値動きの加速ポイントなどを探る方法について解説しています。
OANDA証券のツールやインジケーターを使い様々な戦略を公開しているので、ぜひ実践取引にお役立てください。


本ホームページに掲載されている事項は、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資方針、投資タイミング等は、ご自身の責任において判断してください。本サービスの情報に基づいて行った取引のいかなる損失についても、当社は一切の責を負いかねますのでご了承ください。また、当社は、当該情報の正確性および完全性を保証または約束するものでなく、今後、予告なしに内容を変更または廃止する場合があります。なお、当該情報の欠落・誤謬等につきましてもその責を負いかねますのでご了承ください。

この記事をシェアする
オアンダラボ 30の戦略
平均足とケルトナーチャネルを利用したデイトレードのアイデア
平均足と単純移動平均線を利用した早期利確型デイトレードのアイデア
平均足と単純移動平均線を利用した短期型デイトレードのアイデア
平均足と単純移動平均線を利用したスイングトレードのアイデア
2本のRSIを利用デイトレードのアイデア
3本の移動平均線を利用したスキャルピングトレードのアイデア
2本の移動平均線を利用した短期型デイトレードのアイデア
Trading Viewでドル円と日米10年債利回りを比較する方法
Trading Viewのアラート機能の使い方や設定方法
Trading Viewのインジケーターにインジケーターを追加する方法
Trading Viewの銘柄設定と円ドル表記にする方法
Trading Viewにインジケーターを表示する方法と各種設定
Trading Viewのチャートで他の銘柄と比較する方法
Trading Viewの注文発注やキャンセル方法などを紹介
Trading Viewの出来高プロファイルとは?見方や設定方法を紹介
MT4のトレード詳細レポートでトレード成績を確認する方法
ハーモニックパターンとは?Trading Viewでの活用方法
ラインブレイクチャート(新値足)でトレンドを把握する
Donchianとは?意味やMT4への設定方法、活用方法を紹介
Chart in Chartで隠れた心理的節目をチェックする
MT4用インジケーターChart-In-Chartの使い方を紹介
RSIで相場の流れを探る
マルチタイムフレームとは?入手方法やMT4への設定方法を紹介
ダイバージェンスを使い相場の反転タイミングを察知する方法
Point and figureを使い価格のターゲットを算出する方法
Point and figureを使ったトレンド分析のやり方
Tickチャートを使用し、FX市場での短期トレード戦略を構築する
FX相場の各市場の値動きの癖を探す
シカゴIMMポジションを使い相場のトレンドを把握する方法を紹介
OANDAオープンオーダーで反発、ブレイクを狙う

ホーム » 30の戦略 » Tickチャートを使用し、FX市場での短期トレード戦略を構築する